So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

雪かー! disappointed to see the snow [新潟]

1月19日

IMG_0607.JPG


目覚めると庭は雪です。(左下)
松浜なのに家の周りの道にも雪です。(中下)
しただに帰っても雪です。(上)
先ず重機をズラして車の入るスペースを作ることから除雪を始めます。(右下)

IMG_4603.JPG


あーあ。この雪ですよ。
幸い留守にしていた間には大して雪は積もらなかったので、30分ほどで家に入れました。それから冷え切った部屋を暖めます。
昨日までの暖かさ、私シャーなにをやってるんだろう?


タグ:重機 除雪

バイバイ春色! Bye-bye to spring color! [旅]

1月18日

IMG_0601.JPG


帰りもスーパービュー踊り子です。(右下)朝からビールはマズイ!(左中)
春色いっぱいの伊豆とおさらばです。(上)
車窓からカワヅザクラのピンクが目に飛び込みます。(左下)

IMG_0602.JPG


熱海辺りからの相模湾も穏やかな眺めです。初島も朧に霞んで見えます。ビールのせい?窓ガラスのせい?逆光のせい?

東京駅からは丸ノ内線で池袋へ!
池袋西武の屋上で「かるかや」のうどんです。(左下)
屋上のモネの庭です。(左上)
池袋からは高速バスです。高戸橋を右折して神田川を渡ります。(上)光が暖かそうです。

IMG_0604.JPG


向かうにつれて薄雲が増してきます。(上)
榛名山(中)、谷川連峰(下)です。

IMG_0605.JPG


越後川口PA.ではこの雪です。(下)北海道へ向かう動物カメラマンから電話です。新潟駅で待ち合わせします。
新潟駅の雪はこのくらいです。(上)カメラマンは、まだ塩沢辺りでしかも下道で向かっているそうです。

IMG_0606.JPG


飲んで待つしかないね。ビル3階にある「ゆうゆう」は、知らなきゃ怖くて入れない感じです。知る人ぞ知る美味しいお店です。(下)
ママの料理は美味しいんだけど、なぜか自作のローストビーフを持ってきたお客さんと隣り合わせです。(上)ごしょうばんにあずかってしまいました。美味しいです。
申し訳ないので、伊豆みやげの干物を半分置いてきました。

カメラマンとは駅前駐車場で会い、トラフズクのいる鳥屋野潟を見ておきたいと言うんでそっちに行きます。湖畔のスタバでチャしたのですが、何故か若い女で満杯です。店の子に聞いたんですが、それがどうしたのみたいな感じでした。新潟じゃまだスタバが人気なのかな?
飲んじゃったからカメラマン氏に家のそばまで送ってもらいました。ミゾレが土砂降りです。

ハイ!今日はこれまでお終い。サクラの伊豆からミゾレの新潟への1日でした。

伊豆高原巡り Tour of Izukogen [旅]

1月18日

IMG_0537.JPG


暖かな伊豆にこのままいたいのですが、今朝のうちに去らなければなりません。
ウチヤマ邸を出て電車の時間まで伊豆高原を案内していただきます。
そもそも伊豆高原や伊豆は私がよく来ていて、画伯を案内して来たんです。 夏の家族旅行はたいがい伊豆でした。画伯家族と伊豆高原までマージャンしに来たりしていました。今度は彼に地元民として伊豆高原を案内していただきます。
先ず久しぶりに八幡野港へ行きたかったです。八幡野港から城ヶ崎まで岩場なので、その間はとても透明度の高い海です。釣りも盛ん、スキューバーダイビングも盛ん、岩場でのフリークライミングも盛んです。

IMG_0538.JPG


八幡野港のも目の前は伊豆大島です。(上)
利島、新島、式根島と伊豆の島々も間近に見えます。(左下)
寒いにの今朝もこれから海に潜る人たちがいます。港にある風呂の水で潜水の基本姿勢のレッスンをしていました。(右下)これから灯台の先辺りから潜るのだそうです。

IMG_0539.JPG


海沿いに多くの別荘があります。山の別荘地より標高が低くここらは暖かです。
一つ老後に備えて買っておけばよかった。残念!
左下は伊豆高原の森に囲まれた温泉宿・花吹雪です。何度かランチを含め利用させてもらってます。心安らぐ素敵なところです。雪国とは違う南の森は濃い緑です。
別荘地にはそれなりに有名だったりするレストランや宿が点在しています。有名な伊豆テディベアミュージアムは、私が来ていた頃には無かったですが、子供連れにはいいんでしょうね。(右下)
城ヶ崎灯台にも周りたかったけど時間が慌ただしくなるので次回に回しました。

IMG_0540.JPG


国道、駅辺りも低いので暖かです。カワヅザクラが咲いています。
山の上は雪、下はサクラの季節です。
名残惜しいですが、伊豆高原駅10:43発のスーパービュー踊り子で帰ります。
一晩ありがとうございました!

見てはいけない資料館 a museum that should not be seen [旅]

1月18日

IMG_0491.JPG


内山喜代志イラスト資料館です。良い子にはオススメできないところです。

油絵は近年始めたばかりだそうです。まさに彼は真ん中の白いキャンバス状態でこれからの作家です。画伯になるんです。(上)資料館内にも畑コーナーがあります。(右下)

IMG_0492.JPG


そもそも彼はイラストレーターなんですがな。(上)
かつてのお仕事でした。(中)
妄想漫画作品(下)です。

IMG_0493.JPG


左下の作品のコピーをいただきました。

IMG_0497.JPG


彼は明治時代の宗教家、社会主義者平和主義者である内山愚童の子孫で、愚童へのオマージュとして「内山愚童コーナー」もあります。愚童は明治44年幸徳事件に連座し無実の罪で死刑に処せられています。

IMG_0495.JPG


この扉の奥は秘宝コーナーです。新作の見てはいけない作品が数多収蔵されています。

IMG_0498.JPG


いやー!キヨシワールドに圧倒されました。
"遠くのピカソより近くのキヨシ!"

資料館への道 road to the museum [旅]

1月18日

IMG_0462.JPG


母屋の面白ハウスから庭を通り資料館まではわずかの距離ですが、途中にも作品が点在し庭、畑を巡りながらキヨシワールドに引き込まれてしまいます。
手作り物置(左上)にいろんな作品が乗ったりぶら下っています。道に敷き詰めた石などの配置にもなんとなく味わいがあります。(下 左右)

IMG_0467.JPG


上と下中は子供さんたちの作品です。フーちゃんも家族であるとともに怪しい世界への道案内です。

IMG_0464.JPG


少し上りです。
大きな手作り囲炉裏は移動式で夏にサザエや魚をこれで焼いたら最高だそうです。(右下)

IMG_0465.JPG


モアイのような半身像(上)まで行くともう資料館です。
資料館周りにもいろいろあります。

IMG_0466.JPG


「内山喜代志イラスト資料館」です。半地下部分はグリーンハウスです。

梅も雪も plum blossoms and snow [旅]

1月18日

IMG_0415.JPG


ウチヤマ邸は標高300m近いところにあり伊豆とはいえ朝は冷え込みます。でも寒梅はもう咲いています。しかも、梅の花の向こうに見える遠笠山には雪も見えます。
庭から海も見渡せて、伊豆大島、利島、新島、式根島と伊豆島々を望むこともできるのです。

IMG_0411.JPG


射し込む朝日を浴びて朝食をいただき、散歩に出かけます。朝の散歩は画伯の日課になっています。

IMG_0412.JPG


場所は大室山の下、(右上)遠笠道路の直下にあたります。
たくさんの別荘の間を巡る道は見ていて楽しいです。





ゲージュツ家を訪ねる旅 trip to meet an Artist [旅]

1月18日

IMG_4524.JPG


東京駅(下)から伊豆へ向かいます。
伊豆高原に住まうゲージュツ家・ウチヤマ キヨシ氏を訪ねます。と言ってもそれほど大げさなことでも無くて、お互いの子供たちが小さかった頃からの昔の友人に会いに行くのです。
だいぶ高い(乗車券、指定、特急券込みで5,480円)けど伊豆急直通のスーパビュー踊り子に乗ります。(左上)キレイな車内に(右中)リゾート気分が独り盛り上がりです。いい気になって生ビールを昼からいっちゃいますた。(右上)

IMG_4525.JPG


熱海から初島が、(上)さらに南に向かうにつれ伊豆大島(下)がよく見えてきます。昔はしょっちゅう行っていましたが、久しぶりの伊豆にワクワクします。

IMG_4532.JPG


伊豆高原駅に着くと伊豆大島はますます間近に迫ります。街や港が泳いで行けそうにクッきり見えます。(上)
画伯が迎えにきてくれています。25年ぶりくらいの再開なので、チョッとアブナイおじさんかと見えました。早速近くに「立ち寄り温泉 伊豆高原の湯」に行きます。(下)露天風呂、サウナと楽しみましたが泥パック浴が珍しくて楽しかったです。2人の年寄りも少こしはツルツルお肌になったかも。

IMG_4554.JPG


ウチヤマ邸におじゃまです。有名な学者、評論家のKさんの別荘も目の前です。(左下)
右中も自作で目玉の絵がユニークですが、一番「怪しい人物」というのが自分だということがわかってないみたいです。その「怪しい人物」の自画像が玄関脇にもあります。(左上)庭にはおかしなオブジェがそこここに鎮座して手作り感いっぱいです。そう!この庭そのものも彼のアートです。

IMG_4555.JPG


屋内、居間やダイニングも彼好みのアートや作品がいっぱいです。

IMG_4527.JPG


早速、酒盛りです。持参したお酒は漫画家でもあるウチヤマさんにちなみ新発田の「ふじの井」高橋留美子ラベルものです。(右上)この後芋焼酎をいただきます〜〜。
ネコのフーちゃんはえらく私の革のキャップがお気に入りです。マタタビにするみたいに、喉を鳴らし身をすり寄せています。(右下)まあ、大歓迎なのかな?
猫時計が時を刻みます。(左)





検査結果 inspection results [神田]

1月17日

IMG_4501.JPG


今朝の庭の花です。冬はこんなものです。
11時神田の内科予約にあわせ9時に家を出ます。寒いです。

IMG_4502.JPG


横浜線の線路脇の金網に絡まったヘクソカズラです。こうして見るとカッコよくねー?屁糞葛でもそれは名前だけのことです。偏見で草を見てると見落としてる美しさがあるよ。ネッ!と、私はかっこいいと思うけどどうよ?

IMG_4507.JPG


病院は神田小川町交差点にあります。(下)
向かいには、「顔のYシャツ」という巨大看板があります。(上)オーダーワイシャツの老舗専門店です。看板は初代店主の顔なんだそうです。面白半分に入ったことはあります。ご主人に色々ワイシャツのイロハを教えていただいた気がします。でも、結局オーダーする根性は無く店頭にあった既製品を買ったと思います。オーダー専門店とはいえ私のような情けない客も来るのでしょう。既製品も置いておいてくださいました。

IMG_4503.JPG


血液検査も頸動脈のエコー検査も結果良好でした。コレステロール、中性脂肪、A1Cも目標値内、プラークも気になるようなモノは無しということでした。チャンと食事をコントロールし、薬を飲んでいればよくなるということでしょう。
淡路町交差点近くの地下の中華屋さんに行きました。調子こいて担々麺を食べました。ここは担々麺の美味しいところだったのですが、少し昔に似てはいるけど違うんです。聞いたらやはり最近経営者が変わったんだそうです。
だいたい病院で行こうと思っていた別の中華屋さんのオヤジを見かけました。風邪かなと思ったのですが、食べ物屋さんなんで確認するのも悪いから声かけませんでした。その店に行って見たら案の定臨時休業でした。早く良くなってください。


急ぐ家路 hurry home [旅]

1月16日

IMG_4440.JPG


池袋16時チョッと過ぎに着きました。まだ、明るいです。(上)
急ぎ家に向かいます。乗り継ぎの加減で北野→京王片倉と行きました。
もう暗いです。湯殿川の先に日が沈んでます。(下)久しぶりに見るクリアな空です。

IMG_4441.JPG


真っ直ぐ行った方が近いですが、片倉城址へと上ります。少しの散歩です。明日は走ったり、散歩したりの時間が無いのでチョッと寄り道です。西の空に一番星が輝いています。

IMG_4442.JPG


雑木林の向こうに八王子みなみ野の灯りが見えます。その先の黒い山並みが丹沢山塊です。全部見えています。

IMG_4443.JPG


城址を降りて、兵衛川を渡ればもううちです。

ピッタリ時間通り arrived on time [旅]

1月16日

IMG_4414.JPG


東京経由で伊豆友人宅にお邪魔します。無事に高速バスが運行してくれればです。事前の天気予報では1月14、15、16日は大荒れとのことでした。寒かったけど14、15日はさほど雪は降りませんでした。
結局のところ今日は、家を出て最寄りのバスストップまでが吹雪で最悪。そこから先は割に順調でした。バスストップまでは家を出て5分ほどの距離ですが、特に玄関を出た時は猛吹雪でした。半ばまで来て左中のカットの辺りでやっと写真を撮る余裕が出ました。それにしても車を出すのも大変な松浜らしくない大雪です。歩道の雪もまだ除けてないところばかりなので、車道を歩いて通りを行かなければなりません。
阿賀野川を渡る松浜橋辺りでは雪も上がっています。(上)橋の右側に写るのは海ではなく阿賀野川です。
山ノ下辺りまで来ればバス通りの歩道も広く除雪されています。(右下)お年寄りなどは、バスの乗り降りには要注意ですけどね。
末広橋の曲がり角で、新日本海フェリー北海道航路の大きな船体がチラッと見えます。欠航じゃ無いのかな?(左下)

IMG_4415.JPG


早目に出たので少し高速バス出発時間まで間があります。バスセンターがある万代シテイをブラブラします。(上)バスセンター2階にあるウィッグのショップです。(下)

IMG_4416.JPG


出発前に高速バスの運転手さんに聞くと遅れるかどうかは運で、前に除雪車両なんかが居たりすると大幅に遅れるそうです。雪次第ってとこですね。
高速道路に乗りしばらく行くと晴れ間も出ました。(上)山に向かい前方の雪雲に突っ込んで行くわけです。
燕三条手間の中之口川にカモが群れています。(左下)
カラスが雪空を飛んでいます。長岡辺りから本降りになり始めました。(右下)

IMG_4417.JPG


越後川口PA.では、寒いからいつもみたいに景色を見に行かずに、売店内水槽のニシキゴイと遊んでました。

IMG_4418.JPG


小出、六日町と雪も多くなってきます。
朝っぱらから、イオンの缶酎ハイロング缶2本(110円[×]?2 飲みすぎ!反省。)も飲んだのでここら辺から眠くなります。

IMG_4419.JPG


気づくと群馬県も通過中です。神流川を越えれば埼玉県です。振り返ると赤城連山は遥か後ろです。

IMG_4420.JPG


すぐに上里SA.です。
ペッパー君のお出迎えです。(右)トイレ入口に生けられた花が、何故かカッコいいので撮っちゃいました。(左)

IMG_4421.JPG


駐車場のそこここに雪国からの車が落とした雪が落ちています。
時計を見るとさほど遅くなってはいなそうです。思ったほどの大降りではなかったようです。

池袋到着はピッタリ定時でした。若干定時寄り早目につくことも多いのですが、ピッタリ定時だった分との差が雪の影響だったのでしょうか?よく寝ていたので途中はわかりません。


前の10件 | -