So-net無料ブログ作成

浜の香り fragrance of beach [スイム、バイク、ラン]

7月2日

松浜の浜を走りました。
しかし、7:40に出て、90分もかかりました。たった3kmほどなので走ったというには語弊があるかもしれません。しかも、途中でデジカメのメモリーがいっぱいになったので、早々に切り上げて戻りました。だから3kmだけなんです。



新井郷川を下ります。
幅100m弱の小さな川です。福島潟からの水が流れてきています。対岸に三菱ガス化学の工場があります。小学校の社会科見学で見に行った記憶があります。当時は天然ガス(敷地の地下に埋蔵されています。)から、化学肥料の硫安や尿素を作っていました。

川沿いのアシ原にオオヨシキリがいます。松浜の方言ではチョウチョウジと言います。そういう鳴き声に聞こえるでしょう。松浜のアシがあるところにはどこにでもいます。小学生だった頃、初夏にはこの鳴き声がうるさくてしかたなかったでした。

image.jpg


浜に出ます。
今日は穏やかな海です。この方向に見えるはずの佐渡も霞んで見えません。

image.jpg


海からいろんなものが流れ着いてきます。
漁具のブイ、貝殻、カニの殻、海藻、フジツボが付着したビン、流木・・・・。何でもござれです。

image.jpg


ハマボウフウがありました。(右上、下)花が終わり若い実が付いています。葉を齧ると浜の香りがプンとします。新芽が美味しく珍重されます。だから、採られてあまり生えていません。中学の同級生なんか「もう浜に無いよ。」と言ってましたが、僅かに残っていたのが嬉しいです。
左上はコウボウムギです。

image.jpg


ハマヒルガオの花が残っていました。よく見たら実らしいものが付いていました。(左下)割ってみたらアサガオの仲間らしく、そっくりな種が入っていました。ハマヒルガオの実なんて関心がなく子供の頃は見過ごしていました。



image.jpg


阿賀野川河口を回り込み、港の方へ行きます。ズーッとやっていた港の工事が終わり、浜寄りにあった仮の港に避難していた漁船も元どおり港に戻っています。(上)港の奥の左に松浜小学校が見えます。
仮の港として掘られた掘割はすっかり埋め戻されていました。動画の真ん中辺の砂浜辺りにその仮の港があって、多くの漁船が係留されていました。
港の写真を撮り、更に上に行こうとしたらデジカメのメモリーがいっぱいになってしまってました。ここで松浜散歩は終了です。最短距離で家に帰ります。この帰りが一番真面目な走りでした。でも息も上がらず、汗を少しかいたくらいです。あまりトレーニングにはなっていません。新潟シティーマラソンが思いやられます。
途中、中学校の脇を通ります。グランド裏の丘には立派な松林があります。(下)要らないデータを消去して、1枚撮影します。

家に着き風呂に入り、遅い朝食にしました。
テレビをつけたら女子サッカーが見れました。ちょうど白いユニフォームの選手がゴールして日本側が大喜びしてます。日本が白だったっけ?ビデオを見ても納得いきません。イングランドのオウンゴールだと気づくのはしばらく経ってからでした。途中から見たのでちっともわかりませんでした。日本が勝ってよかったけど、オウンゴールした選手が少しかわいそうでした。

nice!(79)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 79

コメント 4

美沙希

綺麗な写真です!
by 美沙希 (2015-07-02 18:41) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

ハマボウフウ初めて見ました。。
面白い花?ですね。

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2015-07-02 20:03) 

JUNKO

浜辺に咲く花、海の光景、ひと足早い夏を楽しませていただきました。
by JUNKO (2015-07-02 20:04) 

モリガメ

ありがとうございます。
ハマボウフウは実です。
夏っぽいけど、梅雨明けしないとね。

by モリガメ (2015-07-02 20:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0