So-net無料ブログ作成
検索選択

毎日がスノーシュー snowshoe everyday [しただ郷自然くらぶ]

3月6日

IMG_1349.JPG


静かな遅場集落の朝。騒がしい声が響きます。約2名大声さんがいるんです。ごめんなさい。(左下)
今日は皆んなでこれから猿ヶ城へ上ります。(上)
昨日は「しただ郷自然くらぶ」のイベントで北五百川棚田のスノーシューツアー、今日もスノーシューで登山です。毎日の山歩き。アー!しんど〜。
カモシカの真新しい足跡をたどってブナ山を上ります。(右下)その辺でこちらを見守っていることでしょう。
いきなり、左手を耳の先だけ黒い真っ白なノウサギ(トウホクノウサギ)が駆け上がって行きますう。本当の野生は美しいです。我々の直ぐ傍です。脅かしてゴメンね。何せこちらは自分の音量調節のできない2老人がいるもんでね。

IMG_1350.JPG


2時間半で猿ヶ城頂上に着きます。(上)
曇りですが、川内、しただの無人の山々が見渡せます。風もなく暖かな日です。去年ここに来た時は風や霧で寒かったので今日は余裕です。(下)



守門岳、八十里越え、番屋山、川内山塊、粟ヶ岳とすっかり見えます。
実は猿ヶ城を更に進みある地点の偵察に行くつもりだったのですが、雪崩の起きそうな急斜面のため断念し、そこには後日吉ヶ平側から回り込むことにしました。

IMG_1354.JPG


それでも長く居たら体は冷えます。簡単に食事して下山です。

IMG_1351.JPG


あるホウノキに盛大な熊アートです。子グマがホウノキを上ったり下りたりしたのでしょう。いっぱい爪痕が付いています。その気じゃなかったのでしょうが、芸術的な形に残っています。

IMG_1352.JPG


途中でフレッシュなカモシカ・レーズン(カモシカの貯めグソ)を見つけました。(左下)
サルが食い散らかした木の枝が散乱しています。すべてコシアブラの枝です。枝の皮を食べています。美味しいのかと我々も齧ってみたら、山菜として食べるコシアブラの芽の匂いがします。サルも山菜好きなのかとも思いましたが山にある食える植物は全て山菜ですね。いずれにしてもこの味が大好きみたいで他の木の枝は食べていません。
下りは守門川(上)の逆さ橋を目指して下ります。そこからは平坦な道を歩いて遅場へ向かいます。大きなロールケーキみたいな雪マクリが溶けかけて残っていました。(右下)
お疲れ様ー。

IMG_1353.JPG


今日の締めは、白根のマッキーさんと藤兵衛工房さんの「こくわ屋」さんでチャーです。甘酒(左)とミズ(右)のジェラートを爺さん2人でつっつきました。友と美味しくコーヒーをいただきながら、「しただ美人妻の会」(自称?or他称?)メンバーの奥様と暫し楽しく語らえました。めでたし、めでたしです!



nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: