So-net無料ブログ作成
検索選択

高城通信 その18 [しただ郷]

忍・忍・忍者・ニイニイゼミ

nini.jpg

すっかり夏の高城登山道はニイニイゼミの大合唱です。あまりジーって鳴きっぱなしなので、かえって鳴いていることに気づかないくらいです。これもセミ忍法の技かも知れません。
左下の写真。どこにいるかわかりますか?じっとしてたらあまりの保護色で見分けがつきません。しかし、動く時には、後ずさりしながら幹の周りをクルクル回ったりして、素早い動きで目をくらまされます。
ニイニイゼミの脱け殻は何故かまわりにドロがべったりついているので直ぐ分ります。この脱け殻の周囲には他に2個あって、たくさん羽化したのがわかりました。

早々秋の気配も!

0731flowers.jpg
上 若い栗の実 その下と左 ハギの花 右 色づいたウルシの葉 下 ヒヨドリバナ

夏真っ盛りとはいえ、よく見るともう秋の気配が忍び込んでいます。
ヤマグリはけなげにもう小さな栗の形になっています。ハギもチラホラ咲きはじめました。ウルシはだいたい色づくのが早い植物です。
秋の七草フジバカマは帰化植物で、万葉の句に詠まれたフジバカマは在来のヒヨドリバナのことらしいです。ハギ、フジバカマ(ヒヨドリバナ)と秋の七草のうち2種類はもう咲いているんです。

山古志まで行ってきました [日記]

todo.jpg
  
午前中にほんのその辺を走ってこようと自転車で出かけました。調子がよかったのでついつい遠くまで行ってしまいました。本日のルート、
新屋 → 牛が首 → 五輪峠 → 桑切 → 人面 → 栃尾 → 杜々の森 → 半蔵金 → 山古志境 → 半蔵金 → 栃尾 → 二日町 → 小長沢 → 荒沢 → 森町 → 新屋
と、約85キロの長丁場でした。
下左は五輪峠のトンネルあとで温度が一定なので、冬場里芋の共同貯蔵に使われています。山古志に行くつもりなら余計な峠越えをするんじゃなかった。上は杜々の森と下中は杜々の森湧水です。鬱蒼とした森からは清冽な水がコンコンと湧き出ていました。下右は山古志地区の標識です。半蔵金を過ぎ延々と登ると栃尾地区最後の田代集落がありました。その先はもう山古志との境の峠です。ここを下ると登り返す気力が尽きそうなので、一歩山古志に踏み込んだところで今回はUターンしました。次に山古志ツァーにチャレンジする時は、ちゃんと地図を見てまっすぐここを目指してきます。

魚沼伝習館見学 [しただ郷]

riverstudy.jpg

しただ郷イベント部会メンバーで魚沼伝習館見学に行ってきました。青少年育成と地域つくりを柱に、東京から13年前にI・ターンされた理事長を中心に9人のスタッフで活動されています。参加している子供たちが自主企画で進めるプログラムまであり、素晴らしい成果をあげておられました。
写真は六日町の登川公園での川遊びイベントです。川の生物採集も体験できます。
タグ:魚沼伝習館

美味しい枝豆の茹で方 [クッキング・食]

edamame.jpg

白根の野菜直売所・「夕市菜っちゃん」でおそわりました。「枝豆は茹でたら水を切り、すぐ新聞紙に広げて冷ます。」これは美味しく枝豆を食べるためのmust手順です。
タグ:枝豆

大人の社会科見学 [しただ郷以外のこと]

kuwagawasyou.jpg
上 博物館 下左 最古の矢じり 下右 縄文土器

元桑川小学校にある石栗さんの博物館を見学させてもらいました。近くで拾った石器、土器~収集した古文書、生活用具・・・。笹川流れの石器時代から現在まで、個人で集めた莫大な資料があります。石栗さんの熱心な説明も嬉しいです。左下、しゃべり言葉の訛りが書き言葉の訛りになる事例でもあります。
タグ:笹川流れ

笹川流れ食べつくし [しただ郷以外のこと]

sasagawanagare.jpg
上 石栗さんのプライベートビーチ 中左 岩ガキ 中右 アワビ 下左 ムラサキウニ 下右 ホヤ

7月24日 友達の友達、笹川流れで私設博物館運営している石栗さんを訪ねて、何時もの仲間でおじゃましました。小学校跡にある博物館を拝見し笹川流れの歴史をうかがった後に、石栗さんのプライベートビーチで豪華シーフード・バーべキューとなり、写真以外にもサザエ、イカ・・・・とすっかりご当地の美味しいものを食べまくってしまいました。
私はせっかくなので沖のテトラで潜り、シッタカ、イボニシ、カサガイを採集しました。これも帰ってから塩茹でしたら美味至極でした。隣で潜っていた方は随分アワビを採ってましたが、未熟な私にはアワビの姿を見分けることができませんでした。今日は多少海中は濁りが強いとのことでした。それにしても笹川流れの海を満喫出来て素晴らしい夏の一日でした。

今日のサイクリング [日記]

canal.jpg
阿賀野川~新郷川の運河

朝は松浜橋~飛行場~泰平橋~松浜と足慣らしです。
11時半~14時は、松浜~豊栄~福島潟往復でした。日中、カンカン照りでも風を切って走るので意外と暑くないです。暑いのは信号待ちの時です。

「海の日」とは知らずに海にいました。 [日記]

7月19日

dayofsea.jpg
上・島見浜 下・海辺の森公園

電話した相手がそっけなかった、町や車や人の様子が変でした。夕方近くなって今日はただの月曜ではなく、祭日らしいと気付きました。「仕事の要件で電話してごめんなさい!」
今日は「海の日」ということらしいです。知らずに故郷の海辺をサイクリングしてました。下の草原は海辺の防砂林とその手前の草原です。広々と美しところです。

夏が来ぬ! [しただ郷]

ayu.jpg
五十嵐川のアユ釣り

自転車で荒沢の鶴亀橋たら橋の上下にたくさんの釣り人がいました。アユ釣りのトップシーズンですね。涼しげです。「暇人はいいなー。」っと眺めていたのですが、向こうもそう思ってこちらを見ていたかも。
タグ:アユ釣り

久々のサイクリング [日記]

cycling.jpg
左・笠堀ダムのカモシカの碑 右・大谷ダムダム湖

いろいろ忙しく自転車に乗れない日々が続きました。イライラがたまります。ヒマになったわけでもないですが、思い切ってエイヤーっと出かけました。久しぶりなので無理せず手近にしただのダム巡りをしてきました。11時半に出てノンビリ13時頃、暑い盛りの五十嵐川上流域を走ってました。おかげで気分爽快です。

sleep.jpg

ダム湖周辺って人工的で殺伐としていてあまり好きになれませんが、大谷ダム湖畔の東屋での昼寝は最高でした。風が体の中を吹き渡りいい気分でした。