So-net無料ブログ作成
検索選択

しただの森で天ぷらパーティー Tempura party in the forest of Shitada [ファーム・モリガメ]

4月30日

image.jpeg


12人のお客さんが来てくれました。毎年恒例のコシアブラ天ぷらパーティーです。例年よりコシアブラの成長が早くて、心配しましたが何とか場所や木の大きさを選びちょうど食べ頃の芽を山ほど調達できました。(右中)もう出ないと諦めていたシイタケもちょうどドラ焼き肉厚サイズが出ていました。(左上)新緑の森は気持ちいいです。
先頭を歩いてた人がここでノウサギを見かけました。(右下)ラッキーでしたね。

image.jpeg


コシアブラがたくさん採れて、時間もかかり腹ペコです。何より新鮮採れたて揚げたての天ぷらが最高です。コシアブラ、シイタケ、タケノコ、アスパラ・・・、フレッシュ素材がたまりません。毎度のことでみんな手際もいいです。今日は造成工事も休みじゃなく、水の関係もあり家のすぐ脇でシートを敷いてやりました。少しごちゃごちゃしてます。来年工事が完了すればもっとカッコいい場所を設定したいです。
白根「夕市菜っちゃん」グループ、ボートグループ、医療グループ。初対面の人もいるんで揚げながら食べながら、自己紹介です。(右下)食って喋ってしてるうちに少しポツリとあたり始めました。外を片付けて、2階に上がり一休み。山登り、ボート練習と次回のイベント予定も打ち合わせです。(左下)



あー楽しかった。美味しかった。
しただの森の恵みと仲間たちに感謝です。

春の霰(アラレ) spring hail [自然]

4月29日

image.jpeg


大型連休が始まりましたが、今日は生憎の雨です。
用事があり道の駅に行きました。(上)「道の駅 漢学の里しただ」です。(右下)ちょうど土砂降りになりましたが、何と霰交じりだったようです。(左下)北海道では雪でしたが、しただでは霰です。道の駅建物の裏に溶けかけの霰がありました。

image.jpeg


チョット畑に行ってみました。ムラサキアスパラが立派でした。採れたてをいただきます。(左)お隣の畑の黒いチューリップが同じ方向、横向きになって咲いています。強い風が吹いたんでしょう。(右)霰といい強風といい春の嵐だった様です。

image.jpeg


ナノハナ畑の向こうにウワミズザクラが咲いていいました。白いボトルブラシの様な花がビッシリ付いています。春も盛りです。

「菜っちゃん」お久しぶり! long time no see! Nacchan [夕市菜っちゃん物語]

4月28日

image.jpeg


「しただ→村松→月潟→白根カイトタウン→夕市菜っちゃん→白根イオン→北区→しただ」と、ジグザグに行き来しました。疲れた。腰が治ってないんで車のアクセルを踏む姿勢自体も辛いんです。
2カ月前にもらったスポンジケーキ。当然カビが生えていましたが、その部分を削り取り安全なところ(?)だけ食べたんですが、やはり駄目だったようです。美味しかったんですけど!体調がよければっぽということも無いんでしょうが!3食梅干しお粥でしのぎヤット治しました。少し食欲が戻ったら、どうしても村松のうどん屋に行きたくて、回り道です。
そして、用があって月潟(かつての角兵衛獅子の発祥の地です。)上の写真は月潟のレトロな商店街です。

image.jpeg


白根カイトタウンにあるdocomoショップへ。ここで意外と時間食いました。
そしてその近くの「夕市菜っちゃん」へ、お久しぶりです。今年もアーチのバラにたくさんツボミが付いいているんで、きれいな花が見れそうです。(上)ハウスのイネの苗も、お父さんの苦労の賜物で、順調に育っているようです。5月1日あたりが田植えのようです。(下)

image.jpeg


白根のイオンで1000床屋さんと買い物です。駐車場にゲロかなと思ったら、じゃ無くて、小さな凹みに吹き寄せられたサクラの花びらでした。汚く無くてきれいなものでした。でもいくら探しても近くにサクラの木はありません。

image.jpeg


そして北区の実家です。庭のスズランが咲いていました。溜まってた郵便物を片付け返事を出して、しただへ帰ります。その前に、小腹空いたんで名目所の「200円カレー」食べに寄ります。もう、夕暮れです。あーしんど!


空からモリガメ山 view of Morigame Mountain from the sky [写真]

4月26日

image.jpeg

一番近い新屋の集落です。鹿熊川沿いに細長く田んぼや家々が並んでいます。奥に見えるのが粟ケ岳です。うちの東側にあたります。

image.jpeg

南側に遠く守門岳が見えます。八十里越えはこの方向です。眼下の黒々した杉林の尾根は高城、袴腰山、粟ケ岳へと続いたいます。

image.jpeg


その尾根の北側へとモリガメ山が続いています。左手モミの木がある一番高いあたりがモリガメ山頂上になるはずです。まだ行ったことがあったか記憶が定かではありません。多分行ってないです。新屋の脇を流れる鹿熊川が北へ流れを変えています。その方向は加茂方向です。

image.jpeg


家の脇から少し山を削り平らにしてもらっています。
家の脇に崖があり、そこに生えていた松の木が覆い被さり、今にも落ちてきそうでした。この度みたいに地震やら、大風、大雪の時はヒヤヒヤものでしたが、先ず最初に倒してもらえて一安心です。家は窪地にあり平らな土地が少なかったので、大雪の冬は雪捨て場が無く苦労していました。これで楽々安心です。家の周りの雨水の流れも具合悪いのですが、できるだけ家の方向避ける流れにしてもらうつもりです。大雨でも安心になります。
何より平らな土地ができるので、日当たりを選び少し畑にしたいです。今までの家の裏にある畑は日陰でよくありませんでした。それでも一人分の野菜が採れればいいので大して広い畑は要りません。あとはどうしたもんだろね〜。
みんなで遊べる場所にしたいんだけど。



モリガメ山を横に並行して3本杉林が見えます。谷沿って杉を植えた跡です。再奥の杉林が山の境の谷です。
今日はドローン2回目の空撮です。少しは落ち着いて飛ばすことができましたが、動画はまだまだ動きがカクカクです。もっと上手くならねば!練習あるのみです。

種蒔き sowing seeds [ファーム・モリガメ]

4月25日

image.jpeg


こちらの奥の1区画と向こう側の2区画を借りています。奥にはジャガイモを植えましたが、空いてるところにホウレンソウとサラダ菜を蒔きました。

image.jpeg


よい天気です。粟ケ岳の雪の減り方が驚くほどです。

鳥より高く fly higher than the birds [写真]

4月24日



昨日に続き裏山のドローン撮影にチャレンジです。
ドローンの操縦にいっぱいいっぱいであまり上手くは撮ることができませんでした。まだまだ飛ばす練習をしなければいけません。それでも約50m近くの高度での世界には感動しました。下を一瞬小鳥が通過するシーンがあり驚きです。全景を見渡すにはもっと高度をとりたいのですが、まだこれ以上の高さには不安なものがあります。

image.jpeg


家の北側の眺めです。 私の美しい森がズーッと続いています。

image.jpeg


造成工事部分です。森全体ではわずかな面積ですが、造成地全部は入りません。次回は、距離をもっととりたいです。

image.jpeg


南側に守門岳が見えます。ビックな眺めです。

しただ郷早春サイクリング cycling in early spring Shitada [しただ郷自然くらぶ]

4月24日

image.jpeg


今日は「道の駅 漢学の里しただ」の3周年祭です。道の駅は出店やヤギも来て(上)大賑わいです。
私たち「しただ郷自然くらぶ」は、レンタサイクル・ツアーを開催しました。道の駅を出発して八木ヶ鼻に向かいます。(左中)八木ヶ鼻駐車場から細い道を辿り(下)八木ヶ鼻崖直下の静かな公園を巡ります。(右中)ギフチョウがたくさんいて自転車と抜きつ抜かれつします。

image.jpeg


しただ郷一の清流・駒出川を辿ります。粟ケ岳が迫ります。(上)日当たりの良いお宅ではゼンマイ干しをされています。(下)「こんにちは!」

image.jpeg


棚田のある北五百川集落は自然豊かなところです。花も(上)山菜(右下)も盛りです。例年なら棚田 おカタクリも最盛期なのですが今年は暖かすぎてもう早々終わっています。それでも、スイセンバックに棚田、粟ケ岳がバッチリです。(左下)



一旦、「いい湯ら亭」から長野方向へ行き長野遺跡に行きました。今は田んぼになっていますが、縄文中期(約5000年前)からの遺跡が発掘されたところです。竪穴式住居の第集落から火焔型土器やヒスイの首飾りなど多くのものが発見されました。八木ヶ鼻、粟ケ岳、守門岳と見渡せる眺めの良いところでもあります。
また、この近くにある中土遺跡にも行きました。ここは旧石器時代の遺跡です。豊かなしただ郷には古くから人々が暮らし、八十里越などを経由して広く各地との交流があったようです。
と、まあ歴史のお勉強までした盛りだくさんのサイクリングでした。

image.jpeg


締めは、やっぱり傳七茶屋さんでカレー&コーヒーセットです。写真は傳七茶屋入り口にある蓑です。クルミの殻のボタン(?)がオシャレです。
今日のコースも道の駅から程よい近さで自然、歴史を満喫できる楽しいルートです。気候もよくとても良かったです。


萌え buds of trees [自然]

4月24日

森の木々が萌えています。

image.jpeg


クリ

image.jpeg


コナラ

image.jpeg


リョウブ

みんな2階の窓から見える情景です。


九十九里としただの味 tast of Kujukuri and Shitada [クッキング・食]

4月24日

image.jpeg


死んだ友だちの姉さんからタケノコが送られてきました。千葉は九十九里のタケノコです。毎年のやりとりです。昔々、その友だちのお母さんが亡くなって、初めて行った彼の実家でいただいたタケノコはビックする美味しさでした。以来、春になれば毎度いただいています。その後本人も亡くなってしまいましたが、こちらからのコシアブラ、向こうからのタケノコのやりとりは続いています。
思いついていただいたタケノコにこちらのコシアブラを一緒に煮てみました。タケノコといえば木の芽和えです。山椒が無いんで代用にコシアブラという発想でしたが、何とこの取り合わせもいいですよ。

友を偲んでカンパーイです。いい飲み友だちだったんだよなー!


泥だらけのドローン muddy drone [写真]

4月23日

image.jpeg

image.jpeg


muddy droneでは、シャレでも何でもないです。

不具合があってメーカーに送り返していた、
(メーカーの名誉の為に言いますが、こちらの設定が甘かったかもしれないんですけどね。取説が不親切、私はラジコン音痴なんで。でも、日本製ならあり得ないような出荷時の未調整なんじゃ無いかなと思ってます。不具合があっても出荷してその都度タダで治すという方針みたいな感じー。)
ローンが返って来たんで、朝から取っかかりで組み立て直し、忘れていた操作方法を調べ直し、シュミレーションソフトで室内練習をしてました。何とかいけるかなと思い屋外で飛ばしてみました。やり始めたら操作用のタブレットの支持部品がグラグラのハプニング、RTHの操作にも不具合とシュミレーションにない事態ぼっ発です。
ジンバルダイアルも作動してるのかしてないのか?とても動画を撮るどころじゃあありません。
スティール3枚撮って、あえなくドローンが落下です。(変な方に行きそうになったんで、落としたというか。)逆さになって落ちているのにプロペラが回ってる。しかもコントローラーを切ったので接続が切れ本体のモーターを止められないみたいなことになっちゃう。助けに来てくれた工事の人に抑えてもらって何とかプロペラをオフできました。結果、ドローン泥だらけです。
3カット目はそれでも6〜7m上空なんですけどね。ジンバル操作が出来ず水平方向で撮ってるんでそれっぽい迫力は無いです。もっと上から撮りたいしー。
しかし、大事故でその後再撮の気力湧かず、室内で再シュミレーションや、不具合の解明をしているうちに今日は終わりです。明日は、「自然くらぶ」のイベントがあるし、問題点をクリアしてリターンマッチはまた先になりそうです。

ドローンマスターへの道は泥だらけの道です。