So-net無料ブログ作成

夏の雲 summer clouds [自然]

7月31日

image.jpeg


暑い日が続きますね。
午前中畑に行けなくて、午後からも暑すぎでチョッと無理です。4時まわってから畑へ行きました。山の上に畑があります。登り坂の向こうにムクムク雲が出始めています。夏らしい空です。
今日はニンニクを掘るくらいのつもりです。ニンニクを掘るにはずいぶん遅くて、地上部は枯れちゃっています。地上部があればその下を掘れば済むのですが、生い茂った雑草を抜き取りながら畑をほりおこさねばなりません。結局、大汗仕事になりました。

image.jpeg


夕方はいくつも入道雲ができています。山が近いので上昇気流が起きやすいんですね。あの雲の下は夕立でしょうか。

オニグモのアラニアスちゃんは、今日もちゃんと夕方には巣をかけに2階の窓に来てますよ。

アラニアスちゃんに首ったけ I am crazy about Araneus. [自然]

7月30日

image.jpeg


夕立で心配しましたが、アラニアスちゃんは今日もチャンと夕方になると2階の窓の前に登場です。

image.jpeg


逢えるのを楽しみにしてたんだよ!

image.jpeg


セミしぐれのなか、せっせと網を張りだします。



(アラニアスちゃんは、私のオニグモ友だちです。)

何時もより明るい時間帯に撮影してたら巣の上にもう一匹すごく小さなクモはがいました。オスでしょうか?オニグモの場合オスは小型ですがあまりに小さいので??です。若いオスなんでしょうかね?
いずれにせよ、アラニアスは1人ものじゃないみたいです。


夕立 shower [自然]

7月30日

image.jpeg


昨日の雨に濡れた地面も日中の暑さでカラカラでひび割れしています。

image.jpeg


4時過ぎにパラパラ音がし出しました。夕立にしてはまだ明るい感じですが、突然の雨です。

image.jpeg


30分ほど激しい降りが続きました。凄い雨だれです。少し涼しくなってくれると助かります。畑も潤います。夏ですねー。

夏のお友だち summer girlfriend [自然]

7月29日

image.jpeg


毎度オニグモ話で申し訳ないです。
目の前の2階の窓に毎夕現れるオニグモが気になってしかたないです。朝には巣をたたんで消えてしまい夕暮れ時に現れる奴。毎日見てると親しみがわき、今日も来てくれるかと、心待ちにするようになってしましました。大きいのでたぶんメスです。昨日の晩は巣を張り終えたら夕立になり可哀想なことになりました。それにもかかわらず今日も同じ位置に巣をかけています。律儀さを感じてしまいます。人と違いメスグモは裏切らない!と、思いたいところですが、いつまで通って来てくれることでしょう。まあ夏の間だけでしょうね。これから暑い夏はしばらく続き、毎日逢えるかもしれないけど、やがてプッツリこない秋の日が来るんでしょうね。そんな秋の別れを今から心配している寂しい男です。心許せるのはメスグモしかいないんか?
アラニアス(Araneus)ちゃんなどと名前をつけたらやばいかなー?オニグモの属名がAraneusなんです。アラちゃんとかね!
アラニアスかっこよくねー!?

オニグモは偉い spider is great [自然]

7月28日

image.jpeg


夕方になと昨日のオニグモが再登場で網を張り出します。(下)やはり朝かたずけて日中は巣を見かけませんでした。我が家のオニグモも生真面目な奴です。出したら出しっぱなし、部屋散らかしっぱなしな家主とは大違いです。(うちにいるオニグモは他にもいてずぼらな奴もいるようです。以前、見かけた奴です。)
朝蜘蛛は晴天の前触れのように言われていますが、クモは天気予報ができるのでしょうか?今日は巣を張りだしたら急に夕立になりました。凄い降りです。雨粒が写ってるのわかりますか?天気予報は外れのようですが、でも巣はギリギリ直接雨に当たらないところに張られています。計算づくで位置決めして張ってるんでしょうか?

夏の栗 summer chestnut [自然]

7月28日

image.jpeg


うちの裏山には山栗がたくさん生えています。
2階からも手の届きそうなところに生えています。もうこんなに育っています。薄緑の鮮やかなイガです。山栗はホクホクと美味しいですが、実が小さくて食べるのが手間です。

オニグモとファーブル cobweb and Fabre [自然]

7月26日

image.jpeg


夕方窓の外で大きなオニグモが巣をかけていました。
オニグモには多くの種類がいます。たいがいのオニグモは夕方巣をかけて翌朝にはたたみます。うちのオニグモも日中には巣を見かけないので、毎晩夜だけ律儀に営業しているようです。
ファーブルはニワオニグモの観察から、撤収した巣の糸を回収し食べて再利用しているといっています。その後、再利用に関して否定的な観察があったようですが、放射性同位元素を取り込ませた観察によりファーブルの観察は証明されました。

マメハンミョウ bean blister beetle [ファーム・モリガメ]

7月25日

image.jpeg


ジャガイモの収穫を終えました。先日はキタアカリ、今日はダンシャクで、これでジャガイモは全て終わりました。

image.jpeg


うちの畑ではジャガイモ収穫時期に、マメハンミョウが大発生することがよくあります。今年もかなりいました。キタアカリの時はいなかったのですが、今日はたくさんいます。早めに採れば会わずに済んだかもしれません。ハンミョウ、ニワハンミョウとは違いツチハンミョウの仲間で、カンタリジンという猛毒含む体液を出す虫です。いわゆる「ハンミョウの毒」を出す奴です。

image.jpeg


ジャガイモの隣にツルインゲンが植わっています。今日もたくさん収穫しました。マメハンミョウの成虫はジャガイモのようなナス科、ダイズなどのマメ科の葉を食べます。
マメハンミョウ大発生の条件はあったんですね。

image.jpeg


帰り道にノネズミがヒックリかえって死んでいました。ハンミョウの毒にやられたのかな?
寝てるようにノンビリした死に顔だったんで単に天寿を全うしたのか、神のみぞ知るです。Armen! なまんだぶー!

八十里越体感バス X Bus Tour of Hatijurigoe [八十里越え]

週2回只見町 go Tadami, twice a week
7月24日

image.jpeg


寝不足ですが、ガイド頑張ります。
日差しが強く暑そうです。

image.jpeg


ボタ橋の下の大谷川が涼し気です。

image.jpeg


ボタ橋から見上げる空に筋斗雲(きんとうん)が浮かんでいます。
右下、遠くに裏八十里越の尾根が続いています。左方向がカワクルミ沢〜大谷川で、右方向が五平衛小屋〜蕗平と行く裏八十里越のルートです。

image.jpeg


9トンネルを抜けると只見町です。只見町へは4日前にお邪魔したばかりです。
右から流れている叶津川に写真の7号橋梁が架っかっています。叶津川は叶津で只見川、阿賀川と合流、新潟県に入り阿賀野川となります。そしてさっきまでいた松浜町で日本海に注ぎ込んでいるんです。

新潟の日の出 Sunrise Niiigata [新潟]

7月24日

image.jpeg


同窓会で3時から飲み、盛り上がりついでに2次会まで行ってしまいました。こうなると次回会えない奴だっているかもしれないんです。
それはいいけど今朝は、八十里越体感バスのガイド当番に当たっています。8時半にはしただの道の駅に行かねばなりません。実家に帰り風呂を浴びたりして酔いが醒め次第しただに向かいます。3時半に起きて、4:45頃に出発しました。東の空は朝焼けです。

image.jpeg


隣のお宅のノウゼンカズラも赤く染まっています。

image.jpeg


新潟平野は東、南に山がひかえています。だからたいがい山からの日の出になります。

image.jpeg


赤く染まる五頭連山です。阿賀野川を遡りしただへと急ぎます。
チョッと寝不足です。