So-net無料ブログ作成

明るい春の日 a bright spring day [スイム、バイク、ラン]

4月2日

IMG_1829.JPG


庇の下の積雪もだいぶ減ってきました。2.5mくらいです。

IMG_1830.JPG


白根プールには12時過ぎに着きました。
今日は明るく晴れた日です。
プールの裏から見える南の空もクッキリ、遠くの雪山がクリアに見えます。(上)

IMG_1831.JPG


プールの裏には立派なメタセコイア並木があります。

IMG_1832.JPG


近くで見るとなかなか立派です。まだ、芽吹いてはいません。

IMG_1833.JPG


一角にヒメオドリコソウの群落があります。ありふれた雑草ですが、牛舎周りなどで多くみられる雑草です。牛糞肥料を入れた土地なんでしょうかね。
赤紫色の唇形花です。隠れてて見えませんが、上唇片の方に雄しべ、雌しべがあります。蜜を吸おうとしたミツバチが頭を突っ込むと、上唇片にある赤い花粉がおデコに付くことになります。それがヒメオドリコソウの受粉のための策略なんです。よくそういう写真を見かけるんですが、新潟にはミツバチがいないから撮れませんね〜。いないかどうかは確かではありませんが、私は新潟で見たことがありません。森などでニホンミツバチはいますが、セイヨウミツバチは全く見かけません。飼っている人がいないんかな?遠目にミツバチかなと思ってもよく見ればハナバチかハナアブです。
小さなクモがいました。(右下)でも、クモのことはわかりませんが、ザラアカムネグモのように見えます。

そうだ、今日も2km泳ぎました。調子よかったんでもっと泳ぎたかったんですが、明日まyた山へ行くんで我慢しました。何でそんなことで我慢しなきゃいけないのか?もっと好き放題に生きた方がいいじゃないかとの疑問もあります。


花咲く角田山 flower blooming Kakuda Mountain [自然]

4月1日

IMG_1805.JPG


ユキワリソウを見てみたいと言うお嬢様のリクエストに応え、我らJJクラブ3人が角田山へお伴しました。山よし、花よし、仲間よしな気分ウキウキ登山でした。(右上)
出発時こそ雲の多い天気でしたが、次第に晴れてきて佐渡まで見渡せるようになってきました。(左)ただ海からの風はまだ冷たい一日でした。花の桜尾根を上り、海風直撃の灯台コースに行かずに、五ヶ峠コースを下ったマッキーの選択は正解でした。冷たい風を避けて降りられました。
それにしても、ユキワリソウ満開情報でも流れたのでしょうか?角田山のどの駐車場も満杯でした。新潟じゅうの花ジイさん、花バアさんが来ているのではと思わせるほどの盛況で、ことに桜尾根は渋滞気味なほどでした。

IMG_1802.JPG




お目当のユキワリソウはバッチ咲いていました。白、青、ピンク、赤ととりどりな色と形に咲き誇っていました。

IMG_1803.JPG


寒い朝方こそ閉じ気味だったカタクリも、日が差すに連れ花開くようになり、そこここに花筵を広げています。

IMG_1807.JPG


ショウジョバカマ(左上)、コシノコバイモ(右上)、キクザキイチゲ(左下)、オウレン(中下)、アブラチャン(左下)、・・・と、咲く花の種類のも多く目移りします。
といった、素敵な1日を過ごすことが出来ました。お嬢様にもお喜びいただけて、ますます山登りにのめり込みそうな気配は喜ばしいことでした。
JJたちはニコニコしてるのでありまーす。