So-net無料ブログ作成

純銅製ビアカップ a pure copper beer cup [日記]

2月18日

39DC325F-6FB3-4DDF-AF87-C19BE79AEBD0.jpg


スノーシューツアーで、ガイド、通訳、介助をした私たちにシンガポールご夫妻がお礼の品を、
わざわざ嵐渓荘のお土産を買って、下さりました。
後で開けてみたら立派な純銅製のビアカップでした。燕のプレスから研磨までする金属加工会社の、技術の粋を集めた製品です。少なくとも3人くらいには配っていたからチョッとした散財です。ヤッパ、セレブだなぁ!慣れない雪に難儀しているのを見かねて世話しただけなのに、申し訳ない。まぁ、それだけ喜びツアーを楽しんでもらえた気持ちの表現としてありがたくいただきましょう!
Thak you! 再見! See Ya!

B72D0A4B-1902-4D49-B78E-BC7CA4371B03.jpg


といったところで、早速冷たいビアを傾けたいところですが、ここで独りで飲むのは私の禁酒ルールに抵触します。グッと我慢で実家へでも持っていってから味あわせてもらいます。まだまだ私の禁酒は続いていますよ。(しただの家で独り飲みはしないという。)

nice!(44)  コメント(0) 

旧石原研北浦和同窓会 An annual gathering to Kita-Urawa by members of former Ishihara Lab. [日記]

1月13日

A7A0AF62-607C-421E-BCB4-D71EB9EB741B.jpeg


定刻より15分も遅れることなく高速バスは池袋に着きました。これが昨日だったらどうなっていたことやら、奇跡のような成り行きでした。運転手さんありがとう!

21749C97-6215-4689-897D-D67901DD8D99.jpeg


毎年恒例の大学恩師の誕生祝い兼同窓会です。大学、先生のお宅近くの北浦和に皆んなが集まります。カリフォルニア、北九州、岩手からもこの会目当てにやってきます。残念ながら肝心な先生はお風邪を召されてご参加はかないませんでしたが、まあ、皆んなが集まれたことに意義ありです。カリフォルニアから来たかわいい(イヤ!lゴツい)後輩はシティ・オブ・ホープ・ベックマン研究所 Ph. D. で現役の研究者です。ストレプトマイシンはじめ大部分の抗生物質を生産するストレプトマイシス属という細菌333株から、レクチンという生物活性を持つタンパク質をスクリーニングし、その分子配列のデータベースを持っている。という、よくわからんがすごいヤツなんだす。かつて雪の奥日光へ一緒に彼女の研究素材であるヒキガエルの卵嚢を採集にいったことはありますが、ストレプトマイシス333株の中にはアラスカの無人島の土壌細菌も含まれてるそうです。地の果てまですっ飛んでくバイタリティーに頭が下がります。先日皆んなで行けなかったモンゴルに癪だから1人で行ったそうです。小柄な蒙古馬を虐待(乗っている)している写真を見せてくれました。
北浦和はここに文理の校舎があったり、大久保の新校舎へのバスの起点になっています。大久保は田んぼの真ん中で、ここしか繁華街というのも無く、ここで随分青春を無駄にしたりしたものです。
懐かしくとても語りつくせない我々は2次会へ行くも更にきりが無く22時半まで飲み続けます。

8FFD5D26-81EE-4BFF-8F8E-D3A8DFBB5BEA.jpeg


また来年の第2土曜ということで解散です。
京浜東北線、武蔵野線、中央線、横浜線と乗り継ぎ家に着いた頃には翌日になっていました。寒さと時間で酔いもほぼ醒めています。


nice!(39)  コメント(0) 

心の隙間に風邪が I caught a cold because of my weak mind. [日記]

1月2〜4日

IMG_7932.JPG


昨日泊まった息子を送って燕三条駅に向かいます。(左下)五十嵐川を渡り(上)バス通りに出ます。(バス通りといってもバスは1時間に1本あるかないかといった具合ですけど。)冷たそうだなぁー!
どうも息子と飲んでいってウトウトしてたら風邪をひいたみたいです。
まだ沖縄ロスから抜け出せてないんだなぁ。息子を駅に送った後に入ったイオンで何故か「沖縄そば」というカップ麺が目に入ってきます。袋麺は買うけど、カップ麺なんか買ったことないのになぁ!懐かしいのと安いから食べるけど、それほど「沖縄そば」は美味しいものでもないんです。けど1個買ってしまいました。沖縄限定販売なんて書いてありますけど沖縄での売れ残りかな?ウチナーがわざわざカップ麺の「沖縄そば」を買うかな。
春になってヨモギが出てきたらフーチバーがわりに入れて食べてみましょう。

家に帰って風邪がひどくなります。沖縄ボケの心の空きに風邪が入り込んだようです。

IMG_7934.JPG


6時前に寝込んでいっぱい寝たおかげで、目が覚めたら少し楽になっていました。
でもまだ喉が痛ーぃ!


nice!(83)  コメント(7) 

沖縄ロス I miss Okinawa. [日記]

12月31日

IMG_7894.JPG


昨夜新潟市の実家に帰り着きました。
雪のしただ郷に行くのは気が重いので、このまま元旦までこっちに居ようかともおもいましたが、取ってくるものもあるので一旦様子見方々出かけました。泊まるとなると部屋を温めるのにひと騒動で、一晩のためにそんなことやってられません。とるもん取ったらさっさと実家に戻ります。
幸いそれほど天気も悪くなく、積雪も20cmくらいでした。一応、車のスペースだけ除雪しました。モリガメ山の様子は上のカットのようでした。

IMG_7895.JPG


帰り道の冬鳥越スキー場です。シュプールはあるもののスキーをしてる人はいません。小さなファミリーゲレンデでソリの子供たちでにぎわっています。

IMG_7896.JPG


阿賀野川右岸を下り帰ります。
川越しに陽が沈みかけています。心なしか寒そうな陽射しです。

IMG_7898.JPG


上は隣のおばさんの家の明かりです。今日は大晦日だけど息子さんたちは来てないようです。こっちも独りの年越しです。(下)左上に昔買った魚の絵柄が付いた壺屋焼の湯呑みが見えるでしょ。気持ちの上じゃあまだまだオキナワを引きずっています。楽しかったなぁー!しばらくダメだなぁこりゃ!


nice!(59)  コメント(3) 

温泉、ビジネス、忘年会 Onsen, business, year-end party [日記]

12月18日

IMG_7678.JPG


燕三条駅に神田からのお客さんを迎えに行きます。これは改札口向かいの燕三条wingです。右下ポスターのヒメサユリの写真はモリガメのものです。

IMG_7679.JPG


しただに向かいます。
我が家、モリガメ山をご案内。
そして、嵐渓荘へ。神田から革靴のままなんで足元がおぼつきません。(右下)先ず温泉、そして打ち合わせです。仕事もちゃんとしてるんですよ。

IMG_7680.JPG


今日は別件で、仲間うちの忘年会のあります。東京からのお客さんは、また燕三条駅に送り三条市内の店に行きます。
私は車なんでノンアルで酔った気分になろうと努力します。酔えはしないけど料理は美味しいし、ママはとある雑誌で新潟で十指に入ると紹介されたこともある美人だし、まっいいっか!


nice!(70)  コメント(0) 

ヘアスタイル変更 hair style change [日記]

12月18日

IMG_7386.JPG


何時もの丸刈りからチョッとヘアスタイルをかえてみますた。
増えてない?わかるかなぁー!

nice!(37)  コメント(0) 

テレビでYoutube Youtube on TV [日記]

12月16日

IMG_7644.JPG


新しく買い換えたテレビでYoutubeを見れるようにしました。43inch大画面で見るYoutubeはなかなかいいです。



曲も聴ける(見れる)し、自分の上げた動画もバッチリです。
いくつか好きなアーティストを検索して聴いた履歴があると、あとはYoutube側で勝手に曲を選んでくれるからいいです。音楽垂れ流し状態です。


タグ:YouTube 43inch
nice!(20)  コメント(0) 

忙しい師走 busy year-end [日記]

12月11日

IMG_7572.JPG


ただでさえ忙しい年末ですが、そういう時にまた想定外の要件が入ったりします。
まずは下田サービスセンターへ行きます。三条市の下田支所です。三条でも盛んな凧合戦の凧が展示されていました。(左上)三条は2畳半ほどの小さい凧ですが専門の凧屋さんが作る六角形の凧です。きれいなものです。見たことはないですが三条の凧合戦も盛り上がることでしょうね。とか言って、ノンビリしている場合じゃないんです。
ここを振り出しに、郵便局、銀行、公民館と回ります。市街地の公民館も屋根から落ちた雪が少しだけ残っていました。(右下)

松浜の実家でゴミ出し、給湯器の水抜きをしたり、郵便局へ行きます。

銀行に立ち寄ってから、中央区の法務局へ行きます。(左下)混んでますが、スンナリ終わりました。その後、郵便局2箇所回り、コピーとりにコンビニへ行きます。ギリギリ、16:00前に終わりました。一応達成感あります。

そして実家です。(右上、右中)いろいろ片付けを済ませ、地元スーパーで買い物をして下田に帰ります。暮れてきました。天気は大荒れです。泊まりたかったけど、戻ってやることがあるからそうもいきません。

やった〜と喜びたいところですが、一つ重要なことともう一つどうでもいい要件を、すっかり忘れていたので、激しい自己嫌悪です。ガック↓









nice!(60)  コメント(0) 

ボート、ロングレースと誕生日 Boat, long race and birthday [日記]

11月3日

IMG_6834.JPG


今日は津川漕艇場でボートのロングレースです。何と10kmです。10km走るより楽だと言う人がいたけど想像つきません。チョッと前の天気予報では雨だったんだけど、とある超晴れ女さんのパワーで最高な好天です。晴れたぶん川霧がすごかったのですが、時間とともにスタート地点の麒麟橋も見えてきました。

IMG_6835.JPG


私たち「アンチエイジング」仲間は、「新潟ローイングクラブ」、「アンチエイジング A」、「アンチエイジング B」の3クルーに分かれます。そのためど素人艇の我ら「アンチエイジング B」は、本当のど素人だけのクルーで構成されることになりました。コックスもレース初体験のFさんです。でも私たちは彼女に全幅の信頼を置いています。
10時半スタート前に練習に上流の麒麟山の方まで行きます。(上)昔の川港が見える辺りまで行きました。Fさんがスマホで撮るのに立ち上がりました。チョッと!わざと揺らすのはやめようね。(右下)スタート地点の麒麟橋まで下ります。(左下)

IMG_6836.JPG


主催者挨拶にもありましたが、そんなガチなレースじゃないのです。天気もいいし紅葉を楽しみながら楽しく安全にがモットーです。この本尊岩の眺めもいいですね。
ここでスタートから4kmくらいです。我がB艇がここまで到達して休みながら景色に見とれていると、早々更に下流にある5km地点のダムを折り返して来ます。高校生クルーです。若さにはかないませんね。(左下)
でも次は、「新潟ローイングクラブ」艇です。やったー!(右下)
そして9月の阿賀野川レガッタ、熟年男子カテゴリー優勝の「アンチエイジング A」艇はチョイと遅れ気p味です。優勝を狙ってたんですがね。まあそんなもんです。

IMG_6837.JPG


私たち「アンチエイジング B」は、ここいらで引き返します。(上)
結局、往復8kmのはずですが麒麟橋まで戻らずに、手前の艇庫でアップしましたので、7.5kmほどです。まあそんなもんです。ノンビリやっても4人で漕ぐと早いもんです。カヌーなんかじゃこうはいきません。もう少しで艇庫です。(下)

IMG_6838.JPG


楽しくいいレースでした。

IMG_6839.JPG


も一ついい事があったんです。
アンチエイジングの総監督が最初に言った超晴れ女さんです。そして彼女の誕生日が今日だったんです。ヤッター!おめでとうございました。実年齢は上がったけど、アンチエイジングでいきましょ!

IMG_6840.JPG


そして、更に「新潟ローイングクラブ」が、準優勝で(上)、我々「アンチエイジング B」がブービー賞でした。(下 座礁したクルーがあったらしく「アンチエイジング B」はビリから2番目でした。)立派に初コックスを果たしたFさんが授賞の栄に浴したのでした。メデタシ、メデタシ!

ボート仲間はいいなぁ。

IMG_6841.JPG


今日は満月です。
ブラインドみたいに横に平行な雲が出ていました。

nice!(91)  コメント(1) 

歩き方ハウスと言うシェアハウス Arukikata House, a share house [日記]

10月17日

IMG_6929.JPG


「歩き方ハウス」は、大学時代の友人で、ガイドブック・「地球の歩き方」シリーズの創生期から携わっている編集者でカメラマンのオーナーが運営するシェアハウスです。詳しくは、フェイスブックhttps://www.facebook.com/arukikata.house/をご覧ください。

目黒区にありますが、オシャレなイメージのメグロとは一味違うディープなめぐろです。ハクビシンも生息すると言う目黒区のド田舎です。JR目黒駅からの都営バス権之助坂を下ります。左上のカットにある小路の奥にホリプロがあります。それはどうでもいいのですが、次の小路の奥にかつて我が社のスタジオがありました。(右上)
目黒通りを更に西へ、デートスポットとしても人気のある目黒寄生虫館も越えた遥か彼方に「歩き方ハウス」はあります。

独居老人が玄関でゴソゴソしてるわけではありません。「歩き方ハウス」とそのオーナーです。世界の旅人が集うシェアハウスです。今日もサッカーとイタリアがご専門な女性giornalista(ザッケローニに関する本の翻訳を何冊もされている人です。)が見えていて、3人で独居老人問題などについて熱く語り合いました。その後、帰国子女の男の子(子女の子の方に男子は入るんですかね。)も加わり更に白熱化、五里霧中化する議論でした。
くどいようですが、オーナーは老人ですが独居老人ではありません。シェアハウス隣には「地球の歩き方」などの編集室があり、またご家族のお住まいもあるんです。
もっと話しをしたかったのですが、私の家庭の平和のために17時半に慌てて「歩き方ハウス」を後にして、学芸大駅へ向かいました。(左下)自由が丘駅です(右下)懐かしいです。40〜50年前この辺で仕事したり遊んだりしたところです。
菊名で東横線から横浜線に乗り換えて延々と八王子へ帰ります。
意外と早かったけど、神田からだと長い「トウキョウの歩き方」でした。

nice!(26)  コメント(0)