So-net無料ブログ作成
検索選択
しただ郷自然くらぶ ブログトップ
前の10件 | -

ノルディックウォーキング Nordic Walking [しただ郷自然くらぶ]

6月4日

IMG_3588.JPG


自然くらぶ初の試み・ノルディックウォーキングです。(左下)
スキーのストックに似た専用のストックを使ってウォーキングをします。講師は何と自然くらぶ(多分!イヤ確かに)最高齢な S さんです。彼女の元気さの秘密はノルディックウォーキングにあったんです。ノルディックウォーキングの準備体操を指導(右下)された時、あらためて私たちは彼女のカラダの若さ、柔軟さ、バランスの良さを目の当たりにすることになりました。「何で歩くだけなのに杖なんか持ってするんだろう?」とうい疑問は、今日やってみて解決しました。とても気軽な全身運動です。皆さん大いにノルディックウォーキングにはまりましょう!

IMG_3589.JPG


早朝は雨模様の空でしたが、降られることもなく快調な歩きが出来ました。吉ヶ平への車の来ないルートを前半とりました。左脇にずーっと清らかな流れがあります。(左下)後半はいつもの車道です。とは言え緑のトンネルみたいな心地よい道です。車でしか通ったことのない道も、歩いてみれば多くの発見があります。ロケハンに来た半月前とは違う花々が咲いています。今日は木の花を多く見かけます。白いハクウンボク(上)、平場ではもう終わったタニウツギ(右下)、ヤブデマリ、キリ・・・と、山は花やかです。

IMG_3590.JPG


ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)もいました。羽化したてなのでしょうか?まだ白というより黒ずんでいます。しただ郷でも、この辺でいえばゲートから下、平場では見かけることがないやや高いところにいる北方系なチョウです。
どうってことないけど、シダの葉がオシャレでしょう!ますますシダ好きになって行きそうです。

IMG_3591.JPG


雪解け水の守門川に沿って上ります。

IMG_3592.JPG


吉ヶ平近い「キャッチ アンド レリース」の釣り堀区間には、釣り人の姿も何人かあります。

IMG_3593.JPG


今日吉ヶ平山荘では大人数のデイキャンプがあり、(右下)私たちは上の炭焼き小屋脇でランチです。(左下)しばし食後の休憩、散策後帰路に着きました。
遠方、リピーターさん、初参加等など多数ご参加いただけました。スタッフも多数でとても盛り上がりました。
おかげさまで、無事初の企画も無事成功です。ご協力いただけた関係者の皆さんに感謝!感謝!です。ありがとうございました。


日に2回のガイドツアー two guided tours a day [しただ郷自然くらぶ]

5月28日

北五百川棚田植物観察会

IMG_3432.JPG


メインイベントは午前中の棚田植物観察会です。

IMG_3433.JPG


雨気味ですが、敢えて参加いただけるお客様はそれなりに熱心な方々です。ガイドにも熱が入ります。

IMG_3442.JPG


棚田を上りきり、森に入ります。
棚田は里山と奥山の自然の接点で多様な生き物が見られます。

IMG_3443.JPG


シダなどの緑がきれいな森です。

IMG_3444.JPG


シダも何種類も見られます。

ヒメサユリガイドツアー

午後から高城城址のヒメサユリガイドツアーです。

IMG_3437.JPG


例年だともうヒメサユリも終わりに近い頃なのですが、今年は開花が遅れて今が盛りです。下の鉄塔下のエリアも日当たりよく大きな株があります。ヤマツツジと一緒に見れます。

IMG_3438.JPG


その直ぐ上にあたる「長山」は満開です。ここは元々株の多いところです。今年は花数は多いけど大株が少ないようです。

IMG_3439.JPG


風も無く辺りはヒメサユリの爽やかな香りに満ちています。ヒメサユリは午後からいい香りを放ってくれます。

IMG_3440.JPG


ハルゼミも鳴きだしました。5感を働かせてしぜんを感じたいです。
味覚はオヤツですね。

IMG_3441.JPG


昼からは雨も上がり暑いくらいでした。日に2回の山歩き、ご苦労様でした。
心地よい達成感です。

ノルディックウオーキングの下見 preview of Nordic walking event [しただ郷自然くらぶ]

5月20日

IMG_3139.JPG


6月4日予定のノルディックウオーキングイベントのロケハンに行って来ました。
守門川沿いの緑豊かな森ルートです。
シダ(イヌガンソク)の緑が目にしみます。

IMG_3141.JPG


道に沿ってきれいな流れがずーっと続きます。

IMG_3142.JPG


植物観察などしながらのんびり行っても、予定地点に1時間で着いてしまいました。ちょっと早すぎるので、当日は吉ヶ平まで行く2時間チョイのウオーキングに変更しました。

IMG_3143.JPG


守門川の川音を聞きながら、

IMG_3130.JPG


歩道わきでのランチが爽やかで最高気分です!

土砂降りってほどじゃあなかったけど It was rain, but not as much as "cats and dogs". [しただ郷自然くらぶ]

5月6日

IMG_2795.JPG


「しただ郷自然くらぶー」の横浜メンバーご夫婦(+ イヌのキュウちゃん)が来てくれました。奥様はやはり完璧な雨女でした。
土砂降り(rain cats and dogs)じゃなかったけど、しただ郷に着いた途端にちゃんと雨です。(下)
朝から雲っていたけど、降り出したのは着いてからです。
おかげで田植え日和です。(上)

IMG_2808.JPG




美ネコのシロちゃんがいるとある「しただ郷自然くらぶー」メンバーさんのお宅で落ち合いました。ホントこちらのシロちゃんは美ネコですよ。
キュウちゃんは長距離ドライブでチョットお疲れ気味です。

IMG_2804.JPG


でもって、守門川を越えて山奥へ皆んなで行きました。

IMG_2805.JPG


雪のあるあたりまで雨の中をお散歩です。

IMG_2798.JPG


オニグルミが芽吹き出しています。(上)エンレイソウが咲く森を行くと(左中)、スミレ(左下)、キクザキイチゲ(右下)が雨に濡れています。

IMG_2799.JPG


下界でお疲れ気味だった(下2点)キュウちゃんも、森に離してあげたらすっかり元気をとりもどしました。(上)

久しぶりに2人+1匹の「しただ郷自然くらぶ」横浜支部メンバーに会えて楽しかったです。骨休めになっていい雨でした。どうもありがとうございました。

高城写真教室 Photo Lesson at Takajo [しただ郷自然くらぶ]

4月23日

北五百川カタクリ付き

IMG_2394.JPG


高城写真教室ということでしたが、北五百川棚田のカタクリがちょうどピークなので急遽こちらもプラスしました。今日はとてもお得な写真教室でした。

高城城址で

IMG_2395.JPG


北五百川から戻り、当初予定の高城城址での撮影もしました。タムシバがきれいでした。(右下)薄くピンクがかったタムシバもありました。(上)古くなって赤味がさしたのでは無く、ツボミもピンクなのでそういう個体変異のようでした。

IMG_2397.JPG


アカマツが特徴的な高城城址「ヒメサユリの小径」ですが、今年は特に枯れた松が目立ちます。チョッと心配です。

しただ郷花盛り

IMG_2399.JPG


撮影後、森町集会所をお借りして早速今日の作品講評会を行いました。皆さんいいのが撮れていました。
いったんかいさんご、スタッフだけで傳七茶屋さんでコーヒー反省会をしました。この後、傳七茶屋スタッフさんで夜桜BBQをするそうです。春らしく楽しげな宴ですね。羨ましー!店の裏にある、左下の写真のサクラです。
院内の桜並木もきれいです。五十嵐川越しに見てもいいですね。(右下)
全部終わり、道の駅へ寄ります。ここから「諸橋轍次記念館」の枝垂れ桜越しに見る粟ヶ岳もよかったです。もう光もやや夕陽がかっていい感じです。(上)

花いっぱいのしただ郷は、いいお天気で快適でした。写真は楽しいねー!

イエローレシートキャンペーン yellow receipt campaign [しただ郷自然くらぶ]

4月10日

IMG_5175.JPG


今日はイオンイエローレシートキャンペーン商品券の贈呈式です。
我が事務局長さんにもご足労いただき受け取りに行って来ました。毎月11日、お客様に市内の各ボランティア団体(右下)を黄色いレシートで投票していただきます。そのレシート金額の1%に相当するイオン商品券を各団体がいただきます。イオンはボランティア活動に貢献し、ボランティア団体は活動に必要な備品などを購入できるという、ウィンウィンな活動です。
資金のあまりない「しただ郷自然くらぶ」も 、大いに助かるのです。 私の頭の下げ方でありがたがってるのがわかるでしょ〜。(左)年間の事務用品費を賄い、前年はスタッフのキャップも購入できました。その代わりと言っては何ですが、お客様(お客様を撮るわけにいかないので、目の細い事務局長さんだけ撮りました。)に声かけして私たち用にレシートを頂いたりはします。(右上)まあ、わずかな時間ですから総額にどれほど影響するかはともかく気は心です。
地道な活動もしていることをご理解ください。

山熊田へ行ってきました I went to Yamakumada [しただ郷自然くらぶ]

3月11日

村上の山奥の集落・山熊田へ行ってきました。自然くらぶの一部の方々が入れ込んでいる地域で、先日NHK「小さな旅」で紹介され、この日カンジキツアーのイベントがあります。いつもの「3バカトリオ」でそのイベントに申し込んだらしく、私もその「3バカトリオ」メンバーらしいのでやむなく出かけました。

IMG_1459.JPG


当初シブシブでしたが、結論は楽しかったですよ。
天気もよく、テレビの影響もありなのか多くの参加者です。下越方面の方が多く、私たちは一番遠くからのようでした。リピーターさんも多いらしく和気藹々です。そういえばしただのイベントによく参加してくださる方もお見かけしました。

IMG_1460.JPG


県道から1時間ほど、きれいなブナ林はなかなかの急斜面で上りがいがありました。遠く山並みの向こうに摩耶山(標高 1019m)山形県の山も見えます。(右下)ここは山形県境の集落なんです。帰りは少し下がると気温が上がり雪がグサグサでカンジキでもぐります。てんでんに急坂を転げ下りるのも楽しかったです。

IMG_1461.JPG


集落に戻り公民館(集会場)2階で交換会です。(上)
左ベロベロ餅、右クマ鍋です。(左下)クマの骨つき肉がワイルドです。(右下)骨に喰らいつくクマ親父はワイルドと言うよりエゲツなー。(右上)
マタギの携帯食であるベロベル餅もなかなか美味しかったです。うっすら塩味のあるうるち米のお餅で、東北一帯にはあるようです。
新潟というのは新発田近くから東北弁訛りが強くなり、ここらまで来るとチョッと理解不能になります。話を理解しようとするとなんども聞き返さねばなりませんが、優しいニュアンスがいいですー。

IMG_1462.JPG


村のハモニカ名人が演奏で(上)熱烈歓迎!会場は歌声喫茶ムードです。ハモニカ名人のデスマスク(X)、生きているからライフマスクです。(下)ハモニカ演奏で熱くなり過ぎた顔を雪で冷やした痕跡です。いろんな雪の使い方があるんですね。

IMG_1463.JPG


集落を見て回ります。
山形県境山北地区のマタギの里・山熊田は20軒ほどのブナ山に囲まれた小さな集落です。
山の自然とマタギの伝統を色濃く残した生活が見られます。歩いていると、玄関先でオニグルミをトンカチで割っているお婆ちゃんがいました。嬉しくなって話し込んでしまいました。なんか優しい気分になれたひと時でした。

IMG_1464.JPG


公民館へ戻ると
集落のメインストリートの真ん中で餅つきが始まっています。ただの餅じゃなくて茶色をしています。山北伝統のトチ餅です。地元の小豆のアンコで食べるつきたてのトチ餅はクセになる美味しさです。

山熊田の自然、暮らしぶりに触れることができました。集落の方々の一生懸命なモテナシの心も感じられて、清々しい気持ちになれました。どうもありがとうございました。

IMG_1465.JPG


山熊田は山の中ですが、海には近いのです。
冬期の唯一の出入り口は、笹川流れのある府屋です。府屋駅から車で30分ほどの距離の山熊田は海の近くなんです。帰り道、府屋近くの寝屋漁港に寄りました。なかなか風情のある港です。名物の味タコを買って帰りました。山熊田のイベントで一緒だったご夫婦と出会い、4本のタコ足を4人で分けあって買いました。

海も山も楽しめる山熊田のような山北地区もいいですね。
実家からも近いので、しただ郷に住み着いていなかったらコッチもいいなとは思います。
でも、私はしただですからね。

毎日がスノーシュー snowshoe everyday [しただ郷自然くらぶ]

3月6日

IMG_1349.JPG


静かな遅場集落の朝。騒がしい声が響きます。約2名大声さんがいるんです。ごめんなさい。(左下)
今日は皆んなでこれから猿ヶ城へ上ります。(上)
昨日は「しただ郷自然くらぶ」のイベントで北五百川棚田のスノーシューツアー、今日もスノーシューで登山です。毎日の山歩き。アー!しんど〜。
カモシカの真新しい足跡をたどってブナ山を上ります。(右下)その辺でこちらを見守っていることでしょう。
いきなり、左手を耳の先だけ黒い真っ白なノウサギ(トウホクノウサギ)が駆け上がって行きますう。本当の野生は美しいです。我々の直ぐ傍です。脅かしてゴメンね。何せこちらは自分の音量調節のできない2老人がいるもんでね。

IMG_1350.JPG


2時間半で猿ヶ城頂上に着きます。(上)
曇りですが、川内、しただの無人の山々が見渡せます。風もなく暖かな日です。去年ここに来た時は風や霧で寒かったので今日は余裕です。(下)



守門岳、八十里越え、番屋山、川内山塊、粟ヶ岳とすっかり見えます。
実は猿ヶ城を更に進みある地点の偵察に行くつもりだったのですが、雪崩の起きそうな急斜面のため断念し、そこには後日吉ヶ平側から回り込むことにしました。

IMG_1354.JPG


それでも長く居たら体は冷えます。簡単に食事して下山です。

IMG_1351.JPG


あるホウノキに盛大な熊アートです。子グマがホウノキを上ったり下りたりしたのでしょう。いっぱい爪痕が付いています。その気じゃなかったのでしょうが、芸術的な形に残っています。

IMG_1352.JPG


途中でフレッシュなカモシカ・レーズン(カモシカの貯めグソ)を見つけました。(左下)
サルが食い散らかした木の枝が散乱しています。すべてコシアブラの枝です。枝の皮を食べています。美味しいのかと我々も齧ってみたら、山菜として食べるコシアブラの芽の匂いがします。サルも山菜好きなのかとも思いましたが山にある食える植物は全て山菜ですね。いずれにしてもこの味が大好きみたいで他の木の枝は食べていません。
下りは守門川(上)の逆さ橋を目指して下ります。そこからは平坦な道を歩いて遅場へ向かいます。大きなロールケーキみたいな雪マクリが溶けかけて残っていました。(右下)
お疲れ様ー。

IMG_1353.JPG


今日の締めは、白根のマッキーさんと藤兵衛工房さんの「こくわ屋」さんでチャーです。甘酒(左)とミズ(右)のジェラートを爺さん2人でつっつきました。友と美味しくコーヒーをいただきながら、「しただ美人妻の会」(自称?or他称?)メンバーの奥様と暫し楽しく語らえました。めでたし、めでたしです!



雪の棚田はスノーシュー snowshoe on rice terraces [しただ郷自然くらぶ]

3月5日

IMG_1304.JPG


今日は北五百川の棚田でスノーシューツアーです。
道の駅集合です。「しただ郷自然くらぶ」のノボリができました。「オーッ!カッコぇー。」受付はコッチでーす。(上)
自然くらぶクッキーもありまっせ。(下)

IMG_1305.JPG


お客さんも我々スタッフもいっぱい参加です。北五百川棚田は人気スポットなんだな。横浜のワンちゃんも参加です。もちろん飼い主もです。

IMG_1308.JPG


すごいデブリです。先日のロケハンの時にはもっとチョッとだったんだけど、あの後大きな雪崩が出たんですね。春だなー。



棚田頂上にある東屋でお茶&お喋りです。楽チンコースのツアーは余裕があるから楽しめます。

IMG_1309.JPG


ホラ!こんなにたくさん参加していただきました。(上)
帰りは陽もさしてきました。(下)足取り軽くるんるんです。なぜかスノーシューは楽しいんです。またのお越しを!

IMG_1311.JPG


スノーシューを脱いで、締めは傳七茶屋で。駒出川に面した古民家カフェではいつもとても癒されます。皆さんお疲れ様でした。

スノーシューツアー下見 preview of snowshoe tour [しただ郷自然くらぶ]

3月2日

IMG_1259.JPG


3月5日に北五百川棚田で行う「しただ郷自然くらぶ」主催のスノーシューツアーの下見に行きました。
棚田の標識が雪から頭を出しています。(右下)例年より小雪です。でも充分な雪です。
森の中を流れる川の渡り水源の大久保の清水まで行きます。(左下)基本ノンビリツアーですからスノーシュー初心者でも大丈夫です。

IMG_1261.JPG


ノンビリ歩けば色々発見もあります。
オビカレハの卵(左中) 、ハシバミの冬芽(右中)、ブナの冬芽(左下)、ジネンジョの実(右下 ウバユリの実のように見えるが、周りには全く無い。)

IMG_1262.JPG


大久保の清水を汲んできます。当日東屋でこの水でお茶しましょう。お菓子もお喋りもね。お楽しみに!



前の10件 | - しただ郷自然くらぶ ブログトップ