So-net無料ブログ作成
サユリスト レポート ブログトップ
前の10件 | -

ヒメサユリ開花情報 2017.06.04 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

盛りを過ぎた静けさ quietness after full bloom

自然くらぶのイベントを終え、仲間と別れた後に、「ヒメサユリの小径」に上ってみます。

IMG_3628.JPG


花の盛りは過ぎましたが、

IMG_3629.JPG


まだまだたくさん咲いています。特に「下りの松」よりも下のエリアで花はなお多く見られます。

IMG_3630.JPG


ただ、花より枯れた花ガラが目立つようになってきたのは盛りを過ぎた証でしょう。
雌しべの柱頭と子房だけになったもの、(下)子房がふくらみ始めたもの(上)も目につきだしました。
やがてさらに大きくなって実になります。

IMG_3631.JPG


花の中にヒラタアブを見つけました。(上)ヒメサユリの香りに酔ったみたいにジッとしています。
チョウのようにきれいですが、ガの仲間のキンモンガもいました。(下)

IMG_3632.JPG


季節の終わりの寂しさも感じますが、

IMG_3633.JPG


それはそれで、しみじみいいものです。

IMG_3634.JPG


夏のようなくっきりした空ですが、その前に雨の季節がやって来ます。

ヒメサユリ開花情報 2017.05.31 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

しただの小学生

IMG_3481.JPG


今日はしただの2つの小学校の3年生を「しただ郷自然くらぶ」でご案内です。
地元の保存会の会長さんにもお話をいただきました。

IMG_3482.JPG


子供たちと歩くのは楽しいです。
上るだけでなく、班に分かれて俳句を作り、ヒメサユリクイズを作り、観察をしたりと盛りだくさんです。

IMG_3483.JPG


きれいに描いてね!

IMG_3484.JPG


こんな素敵なお花畑が地元にあるなんて、しただの子供たちは幸せです。大きくなっても時々この感動を思い出してください。

IMG_3486.JPG


いろいろあった「高城ヒメサユリ祭」も今日で終了です。地元の皆さんご苦労様でした。
祭りは終わりましたが、ヒメサユリの花はまだまだ見頃が続きます。



ヒメサユリ開花情報 2017.05.25 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

咲きそろう almost full bloom

IMG_3398.JPG


「長山」、「はじめの眺め」のヒメサユリはほぼ咲きそろいました。とてもきれいです。

IMG_3399.JPG


そこから上はツボミが切り取られた株がほとんどです。農業高校の専門家の先生のお話では、虫が犯人だとのことです。私もそう思います。虫の種類はわかっていません。ヒメサユリを食べる虫はイロイロいますが、この様に大規模にツボミを食べた現場を見た人はいないようです。

IMG_3401.JPG


ガクウラジロヨウラクの小さなベルの様な花が雨に濡れてロマチックです。(上)ヒメシャガもきれいでかわいいですが少し盛りを過ぎた様です。(下)

IMG_3400.JPG


今日は「しただ郷自然くらぶ」のヒメサユリガイドツアーの日です。
皆さんをご案内して久しぶりに高城城址の頂上まで行きました。中学校の恩師ご姉妹と同級生も参加してくれました。とても嬉しくありがたいことです。午前中は雨も降りましたが、昼からは上がりました。
山を降りてから夕方近くまでヒメサユリ駐車場で小、中学時代の思い出話に花を咲かせました。幸せなひと時でした。


ヒメサユリ開花情報 2017.05.20 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月20日

IMG_3150.JPG


「二の坂」まで行きました。
全体的に150株ほどの花が咲いていました。あと2〜3日くらいで咲きそうなツボミはその3倍・450株見当はありました。

IMG_3151.JPG


「はじめの眺め」で見たきれいな花です。

IMG_3152.JPG


これも「はじめの眺め」から守門岳方向に向いて咲く花です。今日はこの辺りがきれいです。
ここから上にはほとんど咲いていません。
温かい日が続くので下の方のでも、どんどんこれから咲くでしょう。

ヒメサユリ開花情報 2017.05.17 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

最初の1輪

IMG_3068.JPG


いい天気です。
「はじめの眺め」まで来ると守門岳がクッキリです。

IMG_3072.JPG


かなりピンクに色付き始めたヒメサユリのツボミがあります。
中段くらいのものがほとんどですが、上下段のものもくらいに色づいていると2〜3日後には咲きそうです、

IMG_3070.JPG


下の方の「長山」に咲いている花がありました。一応は咲いていますが、花びらが変形していて不完全な花です。

IMG_3081.JPG


「はじめの眺め」に小さい株ですが、ちゃんとした花が咲いていました。やっと咲きホッとしました。



IMG_3074.JPG


しかし、ここから上のエリアの株は、このように株の先端が切り取られています。9割に近い株がやられています。

IMG_3082.JPG


ヒメサユリ以外の発見です。

左下はタチシオデの花です。
コミスジが体の周りを飛び回ります。ザックに口を伸ばして何かを吸ったりもしました。私の汗に惹かれて来てるのでしょうか!(右下)

IMG_3075.JPG


IMG_3076.JPG


ホウノキの花が咲きました。大きな木でたくさん咲いています。いい香りがします。

IMG_3080.JPG


アオハダの花も咲いています。(上)秋には赤い実を付けることでしょう。
タニウツギが下の道路に沿ってたくさん咲いています。(下)

IMG_3069.JPG


森の木々の若葉がきれいです。
左下から、コナラ、ヤマモミジ、イタヤカエデの若葉です。

ヒメサユリ開花情報 2017.05.12 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

ヒメサユリが大変です

ずーっと忙しくやっとヒメサユリの様子を見に行けました。

IMG_2957.JPG


長禅寺の裏から上ります。
もうシャガが咲いています。(下)
ゼンマイの葉の上に露が光っています。昨日からの雨の名残です。(上)今はまだ降る心配もあります。

IMG_2955.JPG


「長山」辺りのヒメサユリのツボミも色づいています。これだと開花の早い「はじめの眺め」や「二の坂」辺りでは咲いているものもあるかもしれません。

IMG_2956.JPG


しかし、「はじめの眺め」に着いてみるとツボミが見受けられません。
よく見ると、小さなツボミがある株も1割ほどありました。でも、9割の株は先端のツボミと葉が切り取られています。
更に、「二の坂」〜「たら沢のへつり」まで行ってみましたが状況は同じです。しかも、今年は大きい株はほとんどありません。
帰り道に気にして見ると、下の方「長山」辺りまでも大きい株はあまりありません。
どういうことでしょう?
被害の数が多いので、人やサルが犯人とは考えにくいです。虫でしょうか?先端のツボミを切るのは虫かもしれないけど、株が小さい原因はわかりません。病気でしょうか?気候的なこと?何かを撒いた?
何れにしても素人にはわかりません。専門家に調べてもらってほしいです。
それでも、「長山」辺りにはそこそこツボミのある株があるので、これからの気温次第ですが、1週間くらいでは咲くでしょう。

IMG_2958.JPG


他の花は、オオイワカガミ(左上)、ウワミズザクラ(右上)が咲いています。ウゴツクバネウツギ(右中)、ナナカマド(左中、左下)が咲き始めました。ナナカマドにはハナカミキリ、ハナムグリ類が集まっています。(左下)オオカメノキは花が散り、青い実が膨らみだしています。(右下)
チゴユリは咲いていますが、もう古い花が目に付きます。

ハルゼミの声も聴けました。

IMG_2960.JPG


ブナ帯が始まるのが「たら沢のへつり」です。今はブナの若葉がきれいです。ここはヒメシャガがあるのですが、未だです。ヒメシャガとヒメサユリはほぼ同じ頃に咲きます。
ここから上はもともとヒメサユリは少ないので、ここで引き返します。

IMG_2962.JPG


下りは駐車場へ下りる舗装道路側を通ります。長禅寺への道との分岐にある大きなホウノキにツボミが付いています。(右下)大きなイタヤカエデの木があります。(上)道沿いに若芽をつけたアカメガシワが生えています。

ヒメサユリ開花情報 2016.05.28 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月28日

image.jpeg


少し盛りを過ぎてきましたが、まだヒメサユリ楽しめます。「鉄塔下」は(上)きれいです。「長山」では枯れた花も混じりますがたくさん咲いています。「一の坂」の下で見つけたフレッシュな花です。(左下)「はじめの眺め」では開花がっ早かった分終わりも早いです。若い実が膨らみ始めました。(右下)こうなると何処にヒメサユリが生えているかもわからなくなります。ここいらの花は少なくなりました。これ以上上には行きませんでしたが、「二の坂」辺りも同様でしょう。微妙ですが、かろうじて祭り期間中には遅い花が残っていると思います。「ヒメサユリ祭り」5月31日までです。

image.jpeg


スジアオゴミムシ22〜23mmの大型なゴミムシです。鉄塔まで続くアスファルトの道で出会いました。ゴミムシなんてバッチそうな名前ですが、光沢があって美しいです。夜間他の虫などを食べる肉食の虫です。顔を見ると精悍な表情ですね。


ヒメサユリ開花情報 2016.05.26 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

小3の思い出
5月26日

image.jpeg


今日はかわいいお客様です。「しただ郷自然くらぶ」の3人のガイドが、地元しただの小学生のご案内です。野外授業でヒメサユリやしただの自然を体験してもらいます。
赤、ピンク、白いろいろなヒメサユリ!8輪咲きのヒメサユリも見たよ。エゴノキやいろんな花、アリ、トカゲ、リスが齧った松ボックリ、笹舟の折り方(右上)、草笛を鳴らした(左上)、守門岳を眺た・・・。いろんな発見、体験をしてもらいました。ヒメサユリの小径の花写真入りのしおりのプレゼントももらえたよ(右中)。



歩いて、上って、下って、歌って、しゃべって、汗かいて・・・。楽しかったネー!大きくなっても時々故郷の山を思い出してね。


ヒメサユリ開花情報 2016.05.25 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月25日

image.jpeg


まだまだ、ヒメサユリ楽しめます。今日は曇りで、ヒメサユリがしっとりと美しかったです。
「はじめの眺め」、「二の坂」など早く咲いたところでは、多少枯れた花殻も目立ちますが、「長山」などフレッシュな花もたくさん咲いているところが多いです。
全般的に例年に比べて花数も多く密生している感じがします。とてもきれいです。

三条市内の小学生も授業で訪れます。ヒメサユリは「三条市の花」です。どんな様子で咲いているか、どんなところに咲いているか、よく観察して故郷の自然を感じとってください。(左下)
今日私は中学時代の恩師や同窓生がしただ郷を訪れてくれました。一応、「しただ郷自然くらぶ」のガイドツアーのお客様として参加してもらいました。(右下)とは言え、ガイドもそこそこによもやま話に終始して、高城頂上までも行けず「眺めの松」往復止まりでした。まあ、皆んな旧交を温められて大満足ってなとこです。これもヒメサユリのおかげです。

image.jpeg


肝心のヒメサユリの方ですが、8個咲の株も見つけました。(上)赤味の強いものから、ほとんど白まで、様々な個体差の花を楽しんでいただきました。(下2点)
暑くもなく、雨にも降られず、風もなく心地よいツアーでした。

ヒメサユリ開花情報 2016.05.21 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月21日

image.jpeg


今日はボート関係者などの友人様ご案内でした。(左下)
ヒメサユリはほぼ満開状態です。お客様も多数お越しです。7輪咲きの株も2株ありました。(右下)
天気もよく、多少暑かったですが、最高のヒメサユリ日和でした。

タグ:ヒメサユリ
前の10件 | - サユリスト レポート ブログトップ