So-net無料ブログ作成
サユリスト レポート ブログトップ
前の10件 | -

ヒメサユリ開花情報 2018.05.30 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月30日

55D8C08F-E96D-4FE7-9D13-372D828E6059.jpg


今日もガイドで、高城城址へ上り「なかの眺め」まで行きました。
9時から10時半に上りました。神奈川県からの3人のお客さんのガイドです。

「長山」とその下の空き地にヒメサユリの花は残っています。
上は鉄塔下の空き地です。咲いている花もよく見ると傷んでいます。
下は「長山」です。花とともに枯れた花殻が混じります。

「長山」より上では枯れた花が多く、お客さんには古い花、花殻を見て最盛期を想像していただきました。
明日までヒメサユリ祭りはありますが、今年のヒメサユリの花はもう終わりですね。何とか祭り期間中ずーっと花がありよかったんじゃないでしょうか!







nice!(19)  コメント(0) 

ヒメサユリ開花情報 2018.05.26 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月26日

大阪からの3人のお客さんのガイドをしながら袴腰山まで行きました。
9時半から15時に上りました。
「長山」とその下の空き地が満開ですが、もう傷んだ花や枯れた花の花殻もあります。
「長山」より上では枯れた花が目立ってきています。20日に最も見頃だった「はじめの眺め」も枯れた花が多く咲いている花も減っています。
全体には、少しづつ盛りを過ぎています。
「たら沢のへつり」までは道々見かけます。その上はポツポツあるのみで、「高城本丸跡」にはありませんでした。
「高城本丸跡」から「袴腰山頂上」は長い距離ですが、ポツポツと山頂近くまで10株以上は見かけました。花首が折られた株もそれ以上にありました。それでも咲いている花は、新しく清楚でした。

62793711-A6C1-4854-B7BB-5E5C1F34E2CA.jpg


上は鉄塔下の空き地です。下は「長山」です。




nice!(30)  コメント(0) 

ヒメサユリ開花情報 2018.05.25 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月25日


9時半から11時半に上りました。
ガイドしながらで、「長山」までの往復のみです。
ヒメサユリ祭り関係者の方からの伝聞ですが、「長山」より上では満開ですが、枯れた花が目立ってきているそうです。20日に最も見頃だった「はじめの眺め」は、枯れた花が多いようです。

EA5319FB-2445-4EF6-91E8-1483BBAF3A1F.jpg


「長山」です。

86524B99-2B19-4A82-BFFC-75FA6683EA99.jpg


その下の空き地です。
この一番下の2つのゾーンが一番いいようです。

nice!(86)  コメント(0) 

ヒメサユリ開花情報 2018.05.20 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月20日

満開です。
14時から上りました。
高城頂上まで行きました。

5B52B380-4986-4DF0-9B58-71683F80FBF7.jpg


株数の多い「長山」でもほぼほぼ満開です。

3BA54645-E343-4590-965C-9D688505DD1D.jpg


「はじめの眺め」が花数も多くあります。

CACDF273-941A-4A32-98C1-F5FF07BD6022.jpg


守門岳の眺めがいいです。

14B5F8F8-1631-4248-AA48-6ECC53C89351.jpg


ヒメサユリがまとまってあるのは「たら沢のへつり」までです。それ以上上は僅かです。
花数は多すぎて数えようありませんが、1000株近くは咲いていると思われます。
まだ、咲かずに残っているツボミもあと3日以内で咲きそうなものばかりです。それらのツボミは1割ほどで開花済みは8.7割ほど、0.3割は咲き終わりの花殻です。今後残りのツボミが咲いても入れ替わりに枯れる花も出てきますからもう満開です。この満開状態が気温次第で何日かは持つでしょう。枯れた花殻も少なく、花がフレッシュなので今が一番きれいな頃です。

雨が降った後に多くの人が上り下りしたために、道がグチャグチャになっている箇所が随分ありました。「長山」は滑りそうな所にオガ屑が撒かれているのでその上を歩けば安心です。晴天が続けばグチャグチャも解消することでしょう。

nice!(62)  コメント(0) 

ヒメサユリ開花情報 2018.05.15 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月15日

D1B89F2D-7117-43D5-8E7D-3B4A56D83746.jpg


ヒメサユリ祭り初日です。
先着100名オニギリサービスありでした。
私もヒメサユリ開花情報撮影用にスタッフハッピをお借りしました。スマホの自撮りがへたですねぇー!

AA6D56DD-6539-4282-B3A0-488025B7BB6A.jpg


9時に上りました。
駐車場から「たら沢のへつり」まで行きました。
今は、「はじめの眺め」が最も見応えがあります。ヒメサユリの向こうに守門岳が見えます。

604F11B0-C5A2-45C4-BE7B-BF4A941C436E.jpg


多い所でおおよそ「はじめの眺め」150株、「見晴らしの尾根」~「たら沢のへつり」70株といった感じです。その他の場所で200株ほど咲いています。
株数の最も多い「長山」で30株咲きました。
株があっても首折れで咲く可能性のないものは半分以上なので、何割咲いたとは言いにくいです。もっと感覚的に何分咲きとしか言えません。

主な場所で「長山」0.5分咲き、「はじめの眺め」2.5分咲き、「見晴らしの尾根」~「たら沢のへつり」咲き1分といったところです。
株数が場所によって違うので超アバウトですが、それでも道々花が見れるので「長山」~「たら沢のへつり」は2部咲きと言っていいでしょう。祭り全期間を考えると初日としてはいい咲き具合でした。



松の多い所ではヒメサユリの開花にあわせてハルゼミの鳴き声が盛んにします。ウグイスの声も混じります。

天気もよく、花はフレッシュだし、ヒメサユリ祭り初日としてはいいあんべですね。気温の高い日が続けば次々咲いてゆきますよ。
今の予想では、ピークは20日過ぎになるでしょう。

nice!(31)  コメント(0) 

ヒメサユリ開花情報 2018.05.12 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月12日

D227FE9F-1253-49BB-BBDE-4FD3FFE77B0E.jpg


咲きました。
7時〜9時に上りました。
多いとこで「はじめの眺め」30株、「見晴らしの尾根」上「はじめの眺め」15株といった感じです。その他の場所で25株ほどです。計70株です。「長山」ですら2株咲いています。
袴腰往復した人が上りに咲いていなかった「見晴らしの尾根」上で、下りでは同じ場所で咲いていたので驚いていました。2〜3時間で開花が進んだのです。
私も下りの時間帯では上りの時より10株近く増えている感じに見えました。今にも咲きそうなツボミが多くあるためです。
この後更に気温が上がれば100株以上咲くことでしょう。
左下は「長山」です。上と中下は「はじめの眺め」です。右下のツボミは「見晴らしの尾根」上です。この様に咲きかけのツボミが多数あります。

252B838F-7931-465B-9264-7765582C930E.jpg


上はアワフキの幼虫です。樹液を吸って作った泡で身を隠しています。下はジョウカイボンです。この季節よく見かける虫たちです。

80DA110F-1F0A-4376-A369-02DC229F7301.jpg


ウゴツクバネウツギ(上)、ホウノキ(左下)、タニウツギ(右下)です。

nice!(20)  コメント(0) 

ヒメサユリ開花情報 2018.05.07 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月7日

AA54B347-5B1F-4095-A5BF-574C666BF7B0.jpg


5月4日に咲きそうだったツボミの様子を見に行きました。上は今日、下は5月4日です。「はじめの眺め」です。

AFDCEB42-0CAF-4E57-9979-AE4CE5EAF31F.jpg


5月4日。「ニノ坂」です。今日は全くこのツボミの付いていた株自体が見つけられません。

333CEC92-AFEC-4CA8-A6A7-602AF5D43A64.jpg


上は今日、下は5月4日です。「見晴らしの尾根」です。
切り口が「はじめの眺め」の様に干からびていないので犯行は時間的に後のようです。

623B00FC-B5E9-4BB4-92FC-9AD7620D99B8.jpg


この株の2.5mほど下にちぎられた花弁が3ヶ所に散らばって投げつけられていました。虫ならこんなことは出来ないですね。サルでしょうか?

以上の3ヶ所はそれぞれに歩けば5分ほど離れた間隔にあります。
他にも開花間近な株は少しあったかも知れませんが、全く無くなっています。

50F758AE-AEAD-4F92-A4AD-C314906E89DE.jpg


今日はヒメサユリの多く生える「長山」〜「たら沢のへつり」間で今すぐ咲きそうな株は無くなっています。このツボミくらいのものが最も開花に近い感じです。気温が低い日が続くこともあり、初開花にはしばらくかかりそうです。

AD9D10CD-4126-4EA2-984B-8FB4EB0E40F6.jpg


去年あった花首から切られる被害は今年も全体にあります。
所々にマイマイガ幼虫らしい集団も見られますが、集団の場所は限定的です。この去年から続く首切り犯はマイマイガではないようです。

13698B32-E33B-48CA-9FB6-1AE56C8D122A.jpg


今日は小雨です。
ホウノキ(上中)、ミヤマガマズミ(右上)、ウゴツクバネウツギ(左中)の花が見られます。
ケキブシの若い実が垂れています。(右下)

いろいろ賑やかですが、ヒメサユリがやや悲しいことです。



5月9日

5月9日に上った知人からの伝聞ですが、小さい1株の初開花があったそうです。今にも咲きそうな株もいくつかあったようです。

nice!(63)  コメント(2) 

ヒメサユリ開花情報 2018.05.04 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

5月4日

1E4767AA-C0F4-4EB6-8739-2DC5F680FDBA.jpg


今年は季節の進みが早いです。
畑の周りのタニウツギが咲きだしたり、ウワミズザクラも咲きだしたりと、まるでヒメサユリの時期な感じです。サユリストとしては、咲いたらヤバイと心配なので高城に上ってみました。
標高の低い順に、左上は「長山」、右上は「はじめの眺め」、左下は「ニノ坂」、右下は「見晴らしの尾根」辺りです。
この辺りの尾根は、下より上に上がったほうが日当たりがよく暖かなので、例年開花も上の方が早めです。「ニノ坂」、「見晴らしの尾根」のツボミは後2〜3日で咲きそうです。いつもの年より1週間は早そうです。
もう一つの異変はイノシシの食害です。昨年「長山」以外はイノシシにヒメサユリの球根が食べられる被害がありました。その辺りの中株、大株の数は、今見かける芽生えの数で2割程度です。写真のものはそのわずかな食べ残しの株です。
ですから、全体的な満開感は「長山」が咲き始めてしばらくの5月半ば辺りになるでしょう。もちろん今後の気象状況により変動します。

0803558B-07A9-4EE2-8658-204C6FEF8858.jpg


ナナカマド(左上)、オオイワカガミ(左下)、コウゾ(右下)などの花を見かけました。チゴユリなどは終わりかけだしアズキナシは散っていたし、ヒメシャガは未だだったりと花の種類により例年の開花時期とズレがあるようです。

81ABE64B-46F4-4110-83AB-E2D57145BA2A.jpg


上に行くとヒメサユリの数は更に減るのですが、念のために「たら沢のへつり」まで行ってみます。さいていませんでしたが、ヒメシャガのあるところです。
ブナの若葉がきれいです。実もたくさん生っていました。

サル特集 special edition of monkeys

F2C35045-C735-4651-95C5-084C56881AE5.jpg


「たら沢のへつり」上部に50匹ほどのサルの群れがいました。

0F2A3011-3484-472C-ABCC-4D387567B1B7.jpg


50匹もいると堂々としてあまり逃げたりはしません。
こちらを無視しているような、好奇心があるのか遠巻きにしているだけです。若い個体が多いようです。

B59EBAF9-9945-4DE1-A66A-BF63DEA42DEF.jpg


なんかぁー!くつろいでいまーす。私ゃーキミらのお友だちじゃないんだけどねぇ。馴れ馴れしいよ。でも、うちの山と尾根続きで1kmも離れてないから、向こうは私を知ってるかもしれないです。知り合いのサル?やだねー。

F93622D8-0795-4F6A-B830-99D3CDABDA40.jpg


若葉やブナの実を食べているようです。

サルもヒメサユリの球根が好きです。
なかなかヒメサユリも敵が多いんです。

nice!(112)  コメント(7) 

ヒメサユリ開花情報 2017.06.04 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

盛りを過ぎた静けさ quietness after full bloom

自然くらぶのイベントを終え、仲間と別れた後に、「ヒメサユリの小径」に上ってみます。

IMG_3628.JPG


花の盛りは過ぎましたが、

IMG_3629.JPG


まだまだたくさん咲いています。特に「下りの松」よりも下のエリアで花はなお多く見られます。

IMG_3630.JPG


ただ、花より枯れた花ガラが目立つようになってきたのは盛りを過ぎた証でしょう。
雌しべの柱頭と子房だけになったもの、(下)子房がふくらみ始めたもの(上)も目につきだしました。
やがてさらに大きくなって実になります。

IMG_3631.JPG


花の中にヒラタアブを見つけました。(上)ヒメサユリの香りに酔ったみたいにジッとしています。
チョウのようにきれいですが、ガの仲間のキンモンガもいました。(下)

IMG_3632.JPG


季節の終わりの寂しさも感じますが、

IMG_3633.JPG


それはそれで、しみじみいいものです。

IMG_3634.JPG


夏のようなくっきりした空ですが、その前に雨の季節がやって来ます。

ヒメサユリ開花情報 2017.05.31 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

しただの小学生

IMG_3481.JPG


今日はしただの2つの小学校の3年生を「しただ郷自然くらぶ」でご案内です。
地元の保存会の会長さんにもお話をいただきました。

IMG_3482.JPG


子供たちと歩くのは楽しいです。
上るだけでなく、班に分かれて俳句を作り、ヒメサユリクイズを作り、観察をしたりと盛りだくさんです。

IMG_3483.JPG


きれいに描いてね!

IMG_3484.JPG


こんな素敵なお花畑が地元にあるなんて、しただの子供たちは幸せです。大きくなっても時々この感動を思い出してください。

IMG_3486.JPG


いろいろあった「高城ヒメサユリ祭」も今日で終了です。地元の皆さんご苦労様でした。
祭りは終わりましたが、ヒメサユリの花はまだまだ見頃が続きます。



前の10件 | - サユリスト レポート ブログトップ