So-net無料ブログ作成
検索選択

2・7の市 town market every 5days a month [松浜]

3月22日

IMG_5046.JPG


実家への帰り道、松浜橋(上)に日が当たりクッキリきれいだったので阿賀野川の土手へ寄りました。(下)車が土手にたくさんいたので今日は市日とわかりました。2,7がつく日にこの土手下に市が立つのです。

IMG_5047.JPG


7時半を回った時刻なのにわりに店が少なく、まだほとんど開店準備中のところばかりです。冬ということもあるんでしょうが、今日はいい天気です。10年近く前新潟へ帰りだした頃には今と違い松浜の市は早朝から大いに賑わっていました。
今日はたまたまなのかも知れませんが、さびいしい感じです。新潟には各地に市が立ちますが、その中でも松浜の市はとても盛んなものでした。浜なんで海のものと、近隣の野菜と松浜がかつてこの辺の中心だった名残でもあったんですね。昔、房総の勝浦の有名な朝市へ行ったことがあるんですが、松浜の市も大して遜色ないと感じたものでした。
市の常連さんは地元のばあちゃんらです。ばあちゃんたちの社交の場でもあるんです。高齢化で市に来るのもしんどくなってきたのでしょうか。うちの母もそんな一人です。馴染みの花屋さんもあったんですけどね。

ダイコン畑出現 transplant of radish [松浜]

11月24日

東京は11月の雪だとニュースで大騒ぎです。
こちらは良い天気です。10時過ぎからは青空も出てきました。

IMG_6718.JPG


午後直ぐに畑に行き、ダイコン、ネギ、ニンジンを抜いてきました。しただの畑は雪が積もると野菜を採りに行けません。雪で車が上がれなくなります。そこで、実家の庭に移植することにしました。例年なら新潟市内は雪の無い冬です。
明日の天気はあてにならないので、今日中に運んで移植することにしました。庭に運び込んで、草を刈り、穴を掘り、植え付けるのに30分もかかりません。突然庭に畑が出現です。これだけあればダイコン、ネギは一冬分足ります。(上)こっちに植えておけばいつでも掘って食べられます。
夏の草刈りで運びきれなかった植木の枝を軽トラに積んで帰りの荷物にします。(下)

IMG_6719.JPG


そうこうしているうちに陽も傾き、カリンの紅葉が輝いています。
荷造りが終えたら、しただにトンボ帰りです。
あー!忙しい、忙しい。

スダチの復活 revived sudachi [松浜]

9月18日

image.jpeg


4年ほど前に茂りすぎた実家のスダチの木を剪定しました。強く剪定し過ぎて翌年は実を付けなくなってしまいました。徐々にダメージから立ち直りだしたのですが、冬の強風で幹が真っ二つに裂けてしまいました。50年以上のスダチの木です。もうダメかと思ったのですが、番線で裂け目を縛り合わせておいたら何とかひっ付きました。今年は実をたくさんつけています。今年サンマが高値なのがチョッと残念ですが使い道はいろいろあります。

image.jpeg


毛虫に葉をほとんど食べられて2年ほど実を付けていませんでした。こちもやっと元気に実を付けていました。

image.jpeg


台風と前線の影響で雨がちな日が続いています。庭木だけでなく、雑草も元気づいています。

庭スッキリ the garden is finished clean [松浜]

8月13日

image.jpeg


草刈りを終え庭がだいぶスッキリしました。(左下)
軽トラ2台分ほどの草や木の枝が出ました。とりあえず、1台分の落ち葉や枝をしただへ運んで処分します。(右下)
ツタの葉の一部はもう紅葉し始めました。(上)お盆も終われば秋ももうすぐそこです。

庭の草刈り mowing of garden [松浜]

8月12日

image.jpeg


母がグループホームに入ってしまうと庭の手入れをする人がいません。つい草だらけになってしまいます。
先日刈っておいた草を片付けるだけのつもりでいたんですが、(上)庭木も繁り放題なんでチョッと切ります。(下)センダンの木に上って撮ったんですが、随分ゴチャゴチャと植わってるでしょう。この後上った時の脚立が倒れて、屋根から下りるのに一苦労でした。

image.jpeg


センダンの枝が繁り放題です。(上)せっかくきれいに咲いている白花のサルスベリですが、電線に届きそうなんで刈り込みます。(下)
カシやザクロやアジサイ・・・と、刈り始めたら収拾がつかなくなってしまいました。かなりの量の枝です。軽トラ1台では運びきれそうないかも。風通しはよくなりましたが、片付けにあと1日かかりそうです。

薫る5月の集まり We gather on every May, the fragrance month. [松浜]

5月20日

image.jpeg


今日は中学校時代の同窓会です。
阿賀野川を下り松浜へ向かいます。阿賀野川土手は草刈りの季節です。イネ科の牧草甘い香りを放ちます。この時期の土手の匂いです。

image.jpeg


松浜はニセアカシアの花の香りに包まれています。チョット匂いが強すぎるくらいです。ニセアカシアはどこにでも生えていますが、特に海岸線には多くあります。この時期の松浜の匂いです。(上)
飲むので歩いて同窓会に向かいます。
途中、ニセアカシアの花殻がたくさん落ちているところもあります。(左下)
家の外側にはハマナス、フランスギクが咲いています。(中下)
松浜は海の側で砂地です。町中の方まで海浜植物のハマヒルガオが咲いています。(右下)砂浜の町なんです。

image.jpeg


高校に行って以来60歳過ぎるまで、中学校の同窓会に出ていませんでした。こちらに戻ってから皆んなに会うようになりました。その間5月には皆んなで集まっていたようです。5月会と言っています。花薫る5月の集まりはいいですね。それなりの年齢になり、元気な奴もそれほどでもない奴も顔を合わせてお互いを確認です。私もまだ腰が痛くてあんまり元気じゃあないよ!
子供の頃私をどう思っていたかなんて話しが出て可笑しかったです。そしてお互いに影響もし合い皆んな今日に至ってるんです。面白いものです。

ハクチョウ、サケ、サフラン swan, salmon, saffron [松浜]

10月27日

image.jpeg


もうじき7時です。阿賀野市から新潟市に入る阿賀野川の土手です。ハクチョウの大群が対岸にいます。ここをねぐらにしていたのでしょう。ボチボチと水原の瓢湖方面に飛び立ってゆく数羽の群れがいます。

image.jpeg


松浜が近いてきます。対岸の白いのはハクチョウではなくボートです。手前にはサケの定置網がかけられています。(上)水の中を産卵のためにサケが上っているんでしょうね。
27日。松浜の市は2・7の市です。店のテントを組み立てています。(下)案外遅い時間からの始まりです。夏とは違うんですね。

image.jpeg


家の庭にサフランが咲いていました。(下)こんなのが植わってるのを知りませんでした。ほったらかしですが、毎年咲いているんでしょう。
スダチがなっています。(上)一昨年刈り込み過ぎ、去年は風で折れてここのところあまりなっていませんでした。やっと少しなりようになってきました。

阿賀野川を下るに従い、スワン、サーモン、サフラン、スダチと秋から冬の "S" を見かけました。

ホトトギス Hototogisu, a kind of Asian Lily [松浜]

10月8日

image.jpeg


実家の庭に白いホトトギスが咲いていました。
こんなのあったの忘れていました。棚の上にある小さな鉢で、夏の間ロクに水もやっていないのに健気に生き残っています。
ホトトギスも種類が多く、派手でごついのや、この花のように清楚なものまでいろいろです。ヤマジノホトトギスの白でシロバナヤマジノホトトギスか、ホトトギスの白でシロホトトギスなのかわかりません。シロホトトギスかなあ?雌しべの先に粘液が付いています。

今日は、父の月命日だったんですが、母の足の具合が悪くて連れてこれませんでした。今年からは京都の仏教大学と仏教の専門学校で修行を終えたばかりの若い子がうちに来てくれます。おじいちゃんお父さんとの3代で檀家を回っています。お寺事情も様変わりで、跡取りの戻ったこの寺なんかいい方のようです。20代半ばだからうちの子供達よりはるかに若いです。2人で、めっきりハゼが少なくなった話や昔の松浜の話なんかをしました。

松浜祭り Matsuhama Festival [松浜]

8月24日

今日は松浜祭り、夜は「ござれや花火」です。
だから何だちゅうこともないんです。11時のバスで東京へ行っちゃうし。
小学生の頃は、新潟祭りが22、23日で松浜祭りはその後24日でした。新潟祭りは今ではもっと8月の早い時期にやるようになりました。上大川前にジイさんバアさんが住んでいた頃は、多分私が4〜5歳、近くの通りに来るトラックに飾り付けた山車の華やかさに夢中だった記憶があります。

「ござれや花火」は、凄いんだよ。なんったって広い阿賀野川が舞台ですからね。ただ、場所柄始めの時間帯は、飛行機の離着陸に遠慮して上げます。

image.jpg


バスセンターに行く路線バスに乗り遅れて、次のバスを待つ間、祭りの囃子に誘われ子供の山車行列を見に行きました。寄付をくれた家の一軒毎に、その家の前で神輿を揉みます。家々を軒並み揉まねばならずなかなか大変そう。(右下)

image.jpg


山車行列を追いかけ、写真を撮っていたら孫を連れたオバさん(孫連れだからおバアさんだよねー。)に声をかけられます。なんと小中の同窓生の女の子(!?)「山の上のKチャン」です。ついでに近くにいた完全なるオジいちゃんを指して南君だと言います。村山、南は松浜に山のようにいるんで、どの南君だかわからないけど、そういうんだから同窓生です。お互いすっかジジババだね〜!
祭りは懐かしい人との再会のチャンスでもあります。

バスの時間だからと長居できずにお別れだったけど、何だかよかったなーーー!

暑くて長い夏の日 the hot and long summer day [松浜]

8月3日

image.jpg


5時起きして、1日右往左往した日でした。
夜、阿賀野川を下り、松浜へ向かってます。車窓全開で走っていると水の匂いがします。松浜橋も見えてきました。(下)
実家に着いたら早く晩飯作って、軽く一杯やります。そしてブログをアップします。
クソ忙しいのに、NHKドラマ・「美女と男子」(仲間由紀恵)をやってたんでガッツリ見てしまいました。おもしれー!ヤバイ。