So-net無料ブログ作成
検索選択

花咲く山 a flower blooming mountain [自然]

5月16日

IMG_3016.JPG


畑の帰り道、下の山が花盛りです。右上が畑のある方です。
フジとピンクなタニウツギが咲き誇っています。色とりどりでどこかの庭のような眺めです。

IMG_3020.JPG


フジは青紫だけでなく白い花も混じっています。

きれいですけど、山の手入れをしないとフジ蔓が刈られることも無くて、ますますフジは花盛りになるでしょうね。

目にしみる緑 bright green of young leaves [自然]

5月11日

IMG_2918.JPG


雨です。
2階の窓から見えるクリの若葉が開き出しました。
雨のせいかやや青味がかった緑が輝いています。

春の雑木林 spring forest [自然]

4月18日

IMG_5408.JPG


コシアブラの芽の具合を見に裏山の雑木林に入ります。
恒例の山菜天ぷらパーティーをする日を決めるためです。

IMG_5409.JPG


少し行くと雪で落ちたおびただしい枝が道を塞いでいました。アカマツの木の枝がたくさん落ちています。幹を見るとたくさんのヒトクチタケが寄生しています。この木はもうダメです。枯れて2年経った木に生えるそうなので、立ってはいてももう実際には枯れちゃっているようです。うちの山のアカマツは次々に枯れ始めています。

IMG_2247.JPG


この春伐採した場所に来ました。(上)今年倒した木と、去年倒したけど搬出し切れなかった木がころがっています。
先に行くと雪で折れた大きな杉の枝が道を塞いでいたりします。(左下)
わずかに溶け残った雪もありました。(右下)

IMG_5410.JPG


オオカメノキが咲いています。

IMG_5411.JPG


タムシバも咲いています。

IMG_5414.JPG


オクチョウジザクラの小さな花も花盛りです。(上、右下)
足元にはショウジョバカマ(中下、右下)が咲いています。
森の早春の花が盛りです。

IMG_5412.JPG


2本目の沢です。
うちの山には3本沢があります。沢沿いに雑木を伐採して炭を焼き、跡地に杉を植えています。沢は杉林になったいます。

IMG_5413.JPG


肝心のコシアブラの芽です。
5mm前後になっています。これからの気温によりますが、動き出したらドンドン大きくなります。ただ、今週末は用事もあるんで天ぷらパーティーは4月30日として、皆さんの都合を聞いて見ることにしました。

オクチョウジザクラ咲く Okutyoujizakura a kind of cherry blossm [自然]

4月9日

IMG_2045.JPG


しただ郷の山桜である、オクチョウジザクラが咲きました。
マンサクの花に次ぎ早く咲くサクラです。小さく白い華奢な花です。棚鱗の畑の下の林で見つけました。

春の新潟行ったり来たり going back and forth in spring Niigata [自然]

4月6日

IMG_1945.JPG


母の病院に行く日なので、早朝から新潟へ向かいます。
阿賀野川を下ります。五頭山方向から日が射します。(上)振り返ると粟ヶ岳も霞んで見えます。(下)

IMG_1944.JPG


阿賀野川河畔にヤナギが芽吹いて春めいています。

IMG_1946.JPG


実家に寄ります。
日陰にショウジョバカマが咲いています。(上)
ウメも陰に植わっているので、やっと咲き始めたところです。(下)杏性の強い系統のウメです。

IMG_1947.JPG


診察券などを受け取りにグループホームへ行きます。薬をもらいに行くだけなので、母は連れて行かなくともいいんです。アカシア林はまだ芽吹いていません。

IMG_1948.JPG


マグノリアも咲き始めました。(左下)
小さなサクラ(ソメイヨシノじゃないです。)の木に50匹以上もミツバチが群がっています。しただ郷では全く見かけないミツバチがこちらではワンワンといます。

IMG_1949.JPG


病院、薬局、郵便局とまわります。慌てて銀行に寄るのを忘れてしまいました。また後日にします。
松浜のスーパーに寄ります。ここで一番かわいいKさんのレジに並びます。(新潟のスーパーでは一番かわいいね。)2人前のお客さんが美味しいからとロッテの塩バターキャラメルをいっぱい買い占めていました。他のオバさんたちもこれは美味しいんだ!と言うので、私もKさんに場所を教わって試しに買いました。「美味しいんだけど入れ歯に着くのがちょっとねー。」などとおっしゃる方もいました。食べて見たら、確かに美味しくしかも歯に粘り付きます。)何れにしても松浜ではこれが美味しいと言うのは常識みたいです。私は最近酒をやめたので、どうも甘いものに興味が向きだしたようです。
ともかく、バタバタとこっちの用事を済ませてしただへ向かいます。

IMG_1951.JPG


阿賀野川の上りで、飯豊連峰が白く輝いているのが目に付きます。気は焦りますが、川辺に寄ってみます。

IMG_1950.JPG


魚採りをする人たちの船着場になっているところです。この辺りは海から遠く川魚をよく食した地域です。昭和電工による第2水俣病が多発したのもこの辺りです。

IMG_1952.JPG


夕方から雨の予報で、しばらくは雨の日が続くようです。雨のこない今日のうちにジャガイモ用に畑を打っておかねばなりません。しただの家に着いてから慌てて畑に行きました。ギリギリ雨の前に必要な部分を耕すことができました。雨が上がった頃ジャガイモの植え付けをします。
陰になっていて畑からは見えないのですが、200mほど先に池があります。騒がしいので見るとタカが急降下してるのが見えました。ノスリがカエルでも狙ってるのかなと思っていましたが、オオタカでした。しばらくしてこちらに飛んでくるのが見えました。(右中)手にしてたのが、オリンパスのTGです。こういう状況ではクソカメラで反応が遅くピンも合わせにくです。
狙っていたのはカモで、アタックは失敗したようです。オオタカは手ぶらで飛んで来ました。

松浜、豊栄で30kmほど、しただとの往復で120kmほど走り周った1日でした。これで今日が終わったわけではなくてフキノトウ採りなどもしましたが、無事畑を打ち終わりホッとしました。



水温む the water becomes warm [自然]

4月5日

IMG_1905.JPG


晴れて裏山の雪もほとんど溶けました。
山からの水を貯める3m四方ほどの池の水も急に温かくなってます。
アメンボまで来ています。(右下)
右下のカットの隅に1cmほどの甲虫が何匹か泳いでいます。

IMG_1907.JPG


石や枯葉に潜り込みお尻だけ出しています。頭隠して尻隠さずというかー。
尻の先に泡をつけています。鬼太郎の目玉オヤジみたいに見えます。

IMG_1906.JPG


ゲンゴロウの仲間ですね。翅の下にアクアラングのタンクのように空気を溜め込んで水に潜るんです。翅に収まりきれない空気が泡になって尻先に出ているんです。
上は水面に来て空気を翅に吸い込んでいるところです。
ゲンゴロウの仲間といっても、昔よく見た3〜4cmもあるゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ)そのものではありません。黒緑で黄色の縁取りのあるゲンゴロウに齧られたことないですか?今はめっきり数を減らし、しただ郷でも八十里越の奥にある池で一度見ただけです。
ハイイロゲンゴロウかなとおもったのですが、よくよく見るとヒメゲンゴロウのようです。
しかし、雪解けとともに早速活動を始めるんですね。どこか泥の中で成虫越冬してたんですね。

花咲く角田山 flower blooming Kakuda Mountain [自然]

4月1日

IMG_1805.JPG


ユキワリソウを見てみたいと言うお嬢様のリクエストに応え、我らJJクラブ3人が角田山へお伴しました。山よし、花よし、仲間よしな気分ウキウキ登山でした。(右上)
出発時こそ雲の多い天気でしたが、次第に晴れてきて佐渡まで見渡せるようになってきました。(左)ただ海からの風はまだ冷たい一日でした。花の桜尾根を上り、海風直撃の灯台コースに行かずに、五ヶ峠コースを下ったマッキーの選択は正解でした。冷たい風を避けて降りられました。
それにしても、ユキワリソウ満開情報でも流れたのでしょうか?角田山のどの駐車場も満杯でした。新潟じゅうの花ジイさん、花バアさんが来ているのではと思わせるほどの盛況で、ことに桜尾根は渋滞気味なほどでした。

IMG_1802.JPG




お目当のユキワリソウはバッチ咲いていました。白、青、ピンク、赤ととりどりな色と形に咲き誇っていました。

IMG_1803.JPG


寒い朝方こそ閉じ気味だったカタクリも、日が差すに連れ花開くようになり、そこここに花筵を広げています。

IMG_1807.JPG


ショウジョバカマ(左上)、コシノコバイモ(右上)、キクザキイチゲ(左下)、オウレン(中下)、アブラチャン(左下)、・・・と、咲く花の種類のも多く目移りします。
といった、素敵な1日を過ごすことが出来ました。お嬢様にもお喜びいただけて、ますます山登りにのめり込みそうな気配は喜ばしいことでした。
JJたちはニコニコしてるのでありまーす。



ツクシはシダ植物です "Tsukushi" is a kind of fern plants [自然]

3月29日

先日、白根プールで見つけたツクシのアップを載せたら意外と注目されたんで、今日また更に拡大写真を撮ってみました。

IMG_1750.JPG


ツクシはスギナの胞子茎で、穂先の胞子嚢からこの胞子を飛ばします。ツクシとスギナは地下茎で繋がっていますから、同じ植物とわかります。
緑の粒が胞子で、4本の弾糸と言う手のような糸がそこから出ています。白くふわふわ見えるのが弾糸です。湿気を帯びると弾糸はクルッと丸まってしまいますが、乾燥すると写真のように手を広げます。手を広げ風を受けて空中に飛び出すのです。

IMG_1751.JPG


左が、ツクシの穂先です。
右上のカットで綿屑みたいに見えるのが胞子です。右下は、その胞子が飛び去って空になった胞子嚢です。

プールというよりか、その隣にあるカルチャーセンターの植え込みの中に生えています。すでにだいぶ胞子も飛び去っています。この辺りは暖かいのですね。

ハイハイ。今日も2km泳ぎました。そっちが目的で30kmの道を来たんですけどね。
カルチャーセンターとプールの間で、じーっとうずくまっていた変な人影。他人から見たら、プール脇にいた不審者ですよ。もし近くで事件でも起きたら後でしょっ引かれることでしょう。



雪形 snow pattern [自然]

3月29日

IMG_1735.JPG


雪のこの部分が何かに見えませんか?

IMG_1736.JPG


私にはパンツ姿の若い女が空を飛んでいる元気な姿に見えてしまいます。パンツというより、昔のパンタロンとかラッパズボンとか言っていたやつかな?
昨日は 前脚を振りかざしたカマキリっぽく見えていたのですが、今日は若い女です。

裏山のプライベート雪形を見ていろいろ想像するのもそろそろ終わりの時期になってきました。

3月の吹雪 heavy snow in March [自然]

3月24日

IMG_1670.JPG


もう3月下旬というのに今朝は時折激しくゆか降ります。



あっという間に道も白くなりますが、もう空には晴れ間も見えだしました。
激しい降りですが、たいして積もりはしないでしょう。

タグ:3月の雪