So-net無料ブログ作成
検索選択

森のお仕事 work in the forest [ファーム・モリガメ]

5月19日

IMG_3123.JPG


重機を運転して森に入ります。ちょっと行けば10mはある大木が繁っています。見上げれば青空、下はササ薮です。

IMG_3124.JPG


3月中旬まだ雪の中で薪用に木を切り倒してから放ったらかしのままです。もうササもたちあがってきてたちあがってきて、倒した木も藪に埋もれています。(上)倒しただけで枝もはらってないんで、先ずその片付けからです。
重機で道を付けて、軽トラをその近くに上げます。手前に去年の積み残しの木がころがっています。半ば腐って火力も半減ですが、勿体無いからこれも運び出します。素人木こりはダメですね。(下)



今日はその古い木を1台分出して終わりです。
シンドイけど晴れた森は快適でした。

畑で見たもの what I saw in vegetable fields [ファーム・モリガメ]

5月18日

IMG_3106.JPG


畑の隅の水溜りに、トウホクサンショウウオの卵塊がありました。

IMG_3107.JPG


地上ではムラサキアスパラが育ってます。

IMG_3108.JPG


その示す、大空には、

IMG_3109.JPG




オオタカが舞っていました。
遠く!高く!

ヒメサユリ開花情報 2017.05.17 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

最初の1輪

IMG_3068.JPG


いい天気です。
「はじめの眺め」まで来ると守門岳がクッキリです。

IMG_3072.JPG


かなりピンクに色付き始めたヒメサユリのツボミがあります。
中段くらいのものがほとんどですが、上下段のものもくらいに色づいていると2〜3日後には咲きそうです、

IMG_3070.JPG


下の方の「長山」に咲いている花がありました。一応は咲いていますが、花びらが変形していて不完全な花です。

IMG_3081.JPG


「はじめの眺め」に小さい株ですが、ちゃんとした花が咲いていました。やっと咲きホッとしました。



IMG_3074.JPG


しかし、ここから上のエリアの株は、このように株の先端が切り取られています。9割に近い株がやられています。

IMG_3082.JPG


ヒメサユリ以外の発見です。

左下はタチシオデの花です。
コミスジが体の周りを飛び回ります。ザックに口を伸ばして何かを吸ったりもしました。私の汗に惹かれて来てるのでしょうか!(右下)

IMG_3075.JPG


IMG_3076.JPG


ホウノキの花が咲きました。大きな木でたくさん咲いています。いい香りがします。

IMG_3080.JPG


アオハダの花も咲いています。(上)秋には赤い実を付けることでしょう。
タニウツギが下の道路に沿ってたくさん咲いています。(下)

IMG_3069.JPG


森の木々の若葉がきれいです。
左下から、コナラ、ヤマモミジ、イタヤカエデの若葉です。

花咲く山 a flower blooming mountain [自然]

5月16日

IMG_3016.JPG


畑の帰り道、下の山が花盛りです。右上が畑のある方です。
フジとピンクなタニウツギが咲き誇っています。色とりどりでどこかの庭のような眺めです。

IMG_3020.JPG


フジは青紫だけでなく白い花も混じっています。

きれいですけど、山の手入れをしないとフジ蔓が刈られることも無くて、ますますフジは花盛りになるでしょうね。

バイバイ!楽しかったよ Bye bye! It was very fun. [しただ郷]

5月15日

IMG_3010.JPG


昨日長時間の成果です。缶ビール350ml6本ずつ2人で1ダースになりました。爽やかな麻です。

IMG_3005.JPG


友だちを山奥の湖に案内します。
水の豊かな山です。

IMG_3006.JPG


流れの中に、コシノチャルメルソウの群落があります。

IMG_3007.JPG


森の中ではアブラチャンの花が咲いていたり、ギフチョウが飛び回っています。

IMG_3008.JPG


周りの木々を映し緑濃い山の湖です。

IMG_3009.JPG


友だちは目的地の秋田へ向けて出発です。約300kmです。お気をつけて!や〜楽しかった。静かになるとチョイ寂しいね。

IMG_5506.JPG


昨日切り出した木を出して畑の支柱にします。
とりあえず、エンドウの支柱立てたところで雨です。

禁酒のルール rules of abstinence [ファーム・モリガメ]

5月14日

IMG_3002.JPG


今日の畑からの粟ヶ岳の眺めです。畑の周りはタニウツギ(下)がたくさん咲いています。
午後から友だちが来るんで午前中に農作業です。

IMG_3011.JPG


昨日買ったけど雨で植えられなかった、ピーマン、キュウリ、ナス(上から)を植えました。

IMG_3004.JPG


道の駅に着いた友だちを迎えに行きます。「ヒメサユリ祭り」が始まりました。でもヒメサユリが未だ開花してないので、遠慮気味にノボリが3本だけ立っています。

長禅寺前のヒメサユリ駐車場に寄って見ます。「高城城址保存会」の人たちに伺ったのですが、「はじめの眺め」から上の株のツボミが無くなっているのは虫のせいだとのことで、加茂農林の専門家の確認したのだそうです。ただ虫の種類は聞いていないそうです。早く咲く「はじめの眺め」でのはともかくダメで、「長山」辺りの花が1週間後くらいから見れるようになるのではないかとのことでした。気温次第ですが、そんな感じですね。

友だちと家に行きビールを飲んで話しながら11時頃までやりました。
2月から始めた禁酒ですが、度々ルール改正があり、現在のルールは「家で独り飲みをしない!」です。これに関しては完璧に守られています。今日は友人と飲むので独り飲みじゃあ無くルールに抵触しません。人が来て飲んだのは、2月以来2度目になります。
実家で飲むのはいいのですが、未だ飲んでいません。そんなわけで、「ほぼ禁酒」は続いています。

ヒメサユリ開花情報 2017.05.12 flowering information of Himesayuri [サユリスト レポート]

ヒメサユリが大変です

ずーっと忙しくやっとヒメサユリの様子を見に行けました。

IMG_2957.JPG


長禅寺の裏から上ります。
もうシャガが咲いています。(下)
ゼンマイの葉の上に露が光っています。昨日からの雨の名残です。(上)今はまだ降る心配もあります。

IMG_2955.JPG


「長山」辺りのヒメサユリのツボミも色づいています。これだと開花の早い「はじめの眺め」や「二の坂」辺りでは咲いているものもあるかもしれません。

IMG_2956.JPG


しかし、「はじめの眺め」に着いてみるとツボミが見受けられません。
よく見ると、小さなツボミがある株も1割ほどありました。でも、9割の株は先端のツボミと葉が切り取られています。
更に、「二の坂」〜「たら沢のへつり」まで行ってみましたが状況は同じです。しかも、今年は大きい株はほとんどありません。
帰り道に気にして見ると、下の方「長山」辺りまでも大きい株はあまりありません。
どういうことでしょう?
被害の数が多いので、人やサルが犯人とは考えにくいです。虫でしょうか?先端のツボミを切るのは虫かもしれないけど、株が小さい原因はわかりません。病気でしょうか?気候的なこと?何かを撒いた?
何れにしても素人にはわかりません。専門家に調べてもらってほしいです。
それでも、「長山」辺りにはそこそこツボミのある株があるので、これからの気温次第ですが、1週間くらいでは咲くでしょう。

IMG_2958.JPG


他の花は、オオイワカガミ(左上)、ウワミズザクラ(右上)が咲いています。ウゴツクバネウツギ(右中)、ナナカマド(左中、左下)が咲き始めました。ナナカマドにはハナカミキリ、ハナムグリ類が集まっています。(左下)オオカメノキは花が散り、青い実が膨らみだしています。(右下)
チゴユリは咲いていますが、もう古い花が目に付きます。

ハルゼミの声も聴けました。

IMG_2960.JPG


ブナ帯が始まるのが「たら沢のへつり」です。今はブナの若葉がきれいです。ここはヒメシャガがあるのですが、未だです。ヒメシャガとヒメサユリはほぼ同じ頃に咲きます。
ここから上はもともとヒメサユリは少ないので、ここで引き返します。

IMG_2962.JPG


下りは駐車場へ下りる舗装道路側を通ります。長禅寺への道との分岐にある大きなホウノキにツボミが付いています。(右下)大きなイタヤカエデの木があります。(上)道沿いに若芽をつけたアカメガシワが生えています。

目にしみる緑 bright green of young leaves [自然]

5月11日

IMG_2918.JPG


雨です。
2階の窓から見えるクリの若葉が開き出しました。
雨のせいかやや青味がかった緑が輝いています。

何日ぶりかの泳ぎ swimming after a few days absence [スイム、バイク、ラン]

5月10日

IMG_2907.JPG


八十里越や何やかんやと、しばらく泳いでいませんでした。
関屋のプールで泳ぐつもりだったのですが、実家の昼寝で遅くなったので、白根プールにしました。
4:30から1時間ほど、久しぶりなんで1.5km泳ぎました。このくらいだと物足りないけど、身体が楽です。

しばらく来ぬ間にケヤキは若葉が開き(上)、タンポポの綿毛が開いて(下)います。

ベルガモットの里帰り Bergamot returning to home [夕市菜っちゃん物語]

5月10日

IMG_2905.JPG


友人からの品物を預かっていただいているので、白根の野菜直売所・「夕市 菜っちゃん」に寄ります。(まだ、直売所オープンは先です。)やっと田植えが終わり、これからお母さんの野菜作り方本番のようです。お父さんはまだ田植えの後片付けがあるようです。
ベルガモット(柑橘類の方じゃなく、タイマツバナ、モナルダと言った別名のあるハーブです。 上)の苗をもらって帰ります。これはもともとうちの畑に植えていたものを、菜っちゃんに一部移植したものです。本家の畑はほったらかしにしていたら、雑草に負けてしまいました。菜っちゃんちの土がいいのか世話がいいのか、こっちでは大繁栄しています。真っ赤な花がやけに目立つハーブです。
今度は私が持ち帰ってしただのベルガモット復活です。安い(安くなくとも)紅茶にこの葉を入れるとアールグレイに変身しますよ。
エンドウが花盛りです。(左下)この棚の作り方が参考になるんでうちのエンドウに応用しましょう。
カキノモトの芽挿しののコツを教わりました。(右下)今うちの畑もカキノモトが芽出ししてるんで、芽挿しをしてみます。芽挿しして更新してやると数も増やせるし、花が大きくなるそうです。カキノモトは延命楽と言う食用菊で白根が本場です。山形ではモッテノホカなんて言ってます。

さてお暇しようかと立ち上がったら、友人がやって来ました。そこでまた小一時間話し込みます。ここはいつも仲間の集まる居心地いいところなんです。
ごめんね作業のじゃまして!