So-net無料ブログ作成
検索選択

2つの花から1つの実 one fruit from two flowers [ファーム・モリガメ]

6月19日

IMG_4100.JPG


裏山の笹採りシーズンが始まりました。笹団子用の笹採りです。今年は寒いので笹も遅めです。何時もはベテラン笹採りバアたちだけですが、今日は「しただ郷自然くらぶ」の「事務局長」も見習い参加です。笹採りにもコツがあり、葉の付け根にプチンと折れるところがあるんです。折り方などの指導を受けて初挑戦です。うちの山にはいくらでも笹があるんでガンバって採ってください。

IMG_4101.JPG


足元にツルアリドオシの花を見つけました。
花だけですが、一株だけ実を付けたものがありました。この花の特徴は1ヶ所に必ず2つの花が付くことです。2つの花の子房はお互いに合着していて、花が終わるとそれが1つの実になります。実にある目のような1対のクボミが2つの花の痕跡です。
この辺りの山には一般的で実はよく見ますが、花の時期は今だけなんで初めて見つけました。

スティックセニョールというブロッコリー Stick Senor a kind of broccoli [ファーム・モリガメ]

6月18日

IMG_4099.JPG


夕食の野菜を採りに畑に行きます。
気づいたらブロッコリーに立派なツボミが付いていました。スティックセニョールという品種のブロッコリーです。最初にてっぺんに付く大きなツボミを食べた後に、脇からツボミが伸びてきてこれも食べれます。15本くらいは採れます。作りやすいし、しばらく食べれるのでブロッコリーはもっぱらこの品種を作っています。

午後から深夜 from afternoon to late night [ファーム・モリガメ]

6月17日

IMG_4094.JPG


写真教室の後、帰ってから疲れたんで30分ウトウトしました。
気を取り直し裏山へ木の切り出しに行きました。(右下)
畑に持って行きトマトやゴーヤーの棚作りをしました。作りきれなかったのですが、途中で帰ります。(左)
これで今日は終わりのはずでしたが、吉ヶ平に行く用事ができました。吉ヶ平に行ったら結局深夜です。帰りによく星が出ていたんですが、オリンパスのナンチャッテカメラしか持ってなかったので撮れませんでした。残念なカメラです。(右上)

家に帰って10時。これから夕食を作ります。今日はチョッと疲れますた。



タグ: 裏山 吉ヶ平

いずれアヤメかカキツバタ kinds of iris [写真]

6月17日

三条市の「しらさぎ森林公園」で花菖蒲祭りが開催されています。連日の寒さでハナショウブの開花は遅れ気味で、これからだんだん花がよくなってゆきます。

今日はここで写真教室を行いました。皆さん花が少ないなか、ガンバっていい作品を撮ってくださいました。

「いずれアヤメかカキツバタ」と言われるくらい、アヤメ属(イリス属)のアヤメ、カキツバタ、ハナショウブはよく似ています。菖蒲園に有るハナショウブはアヤメ科、アヤメ属で、これとは別にショウブ科、ショウブ属の「ショウブ」が有ります。菖蒲湯に使うセキショウなどに似た地味な花の植物です。

IMG_4052.JPG


IMG_4054.JPG


IMG_4055.JPG


朝露にしっとり濡れた花がきれいです。

IMG_4053.JPG


これはアジサイです。
アジサイ、ハナショウブは梅雨の代表的な花ですね。

IMG_4056.JPG


右下の写真は私が撮ったものですが、受講者で同様に点景で人物を入れた写真を撮を撮られた方がいました。肖像権に配慮して小さくかつピントを外して撮ったものです。それでも点景の"老夫婦"の雰囲気がいい感じで「この老夫婦の表情がいいですね!愛を感じますよー。」なんて言ったら、その"老夫婦"と思った人物は私と別の受講者のおばあちゃんでした。「ウーン!まいった。俺ってこんな感じなの?」おじいちゃんじゃん!と、かなり落ち込みました。でも、いい作品で皆んなにも好評なんです。そこでそのカットを含む幾つかを「花菖蒲祭りフォトコンテスト」に出展することをお勧めしておきました。

IMG_4057.JPG


発表することを考えたら知り合いじゃない人物は その人が特定されないように配慮する必要が有ります。小さく撮る、ボカす、顔を入れずに部分的に撮るなど工夫する必要があります。仕込みで知り合いにモデルをしてもらうなんてのもアリです。肖像権、著者権など他人に権利がある被写体には要注意です。

IMG_4058.JPG


このハナショウブの実物の色はもっと青紫です。撮影条件によって青紫の花は色転びすることがあります。目に見えない近赤外線を発しているのです。人の目には見えませんが、デジカメCMOSなど受光素子や銀塩フィルムは反応して写ってしまいます。花以外にもアゾ系染料を使った衣料でも同様なことが起きます。
厳密な色再現が必要ならかつてケンコーから近赤外線をカットするフィルターが出されていましたからお探しください。

IMG_4059.JPG


コウホネの花です。

IMG_4060.JPG


花はこれから盛りを迎えます。是非、お越しを!



インドカレー Indian curry [クッキング・食]

6月16日

IMG_4022.JPG


インドにカレーはあるんでしょうか?インドに煮込み料理はあるけどね。スペインカステラが有るのか以上に難しい質問かもしれないです。
インド風カレーとそうでもないカレーは有るような気がします。お母さんのカレーとか、キャンプのカレーが、そうでないカレーのような。
めんどくさいこと言わず、東三条の華園のカレーはとても美味しいです。ここの「インドカレー」は程よいスパイシーさが、今時の本場っぽいカレーとお母さんのカレーとの中間で、よくバランスがとれた感じです。1964年東京オリンピック以来長く愛された味なんでしょうね。日本人とって飽きない味です。チャパティも付きますよ!
あのオリンピックはこの「インドカレー」ができただけでも、日本にとっての意味はあったと思うけど、2020のはねぇー!
ブラジルにとってのオリンピックや、長野や西武にとっての冬季オリンピックみたいにならない保証がどこに有るんでしょうね?
「共謀罪」改め「テロ等準備罪」のために誘致したのかなぁー?
めったことの言えない世の中になったけど、言っちゃった!

三条美術協会展 Sanjo Art Association Exhibition [写真]

6月16日

IMG_4020.JPG


6月16日(金)〜18日(日)三条市東公民館で三条美術協会展が開催されます。日本画、洋画、彫刻、工芸、書道写真(美術となるとこの順番に美術度が高いのですかね。)の作品が展示されています。
私も知人におさそいを受けて見学に行ってみました。
三条界隈の方は行くベシです。

IMG_4021.JPG


三条の写真家さんたちにお目にかかれてよかったです。皆さん写真が大好きで楽しんでおられるようでいいですね。写真展的な写真とか、コンテスト的なのは私の今までやってきた写真とはチョッと違うんですが、それはそれでいいんじゃないですかね。別に写真で稼ごうってわけじゃないんですから。こういう世界も面白いし写真の話もできるので、皆さんに教えていただこうと思いました。これから自分はどういう写真を撮るのかということに関しても、違った世界が刺激になりそうです。

八十里越体感バスの勉強会 study session on Hatijurigoe Root Experience Bus Tour [八十里越え]

6月14日

IMG_4009.JPG


2017の八十里越体感バスツアー(国道289号三条市〜只見町の未完成部分のバスツアー。)が、また、6月24,25日便から始まります。

私たちガイド勉強会が今日行われました。
これは県境の9号トンネルを越えた只見町側様子です。この辺りは昨年とそれほど変わった様子ではありませんでした。

IMG_4010.JPG


5号橋梁工事現場です。P1〜P3まで3本の橋桁が建つうちの左からP1、P2です。P2は30mほどになっていました。完成すれば80mにもなるのでこの倍以上の高さになります。橋桁の完成は来年になる予定だそうです。

しらさぎ森林公園ロケハン field survey of Shirasagi Forest Park [写真]

6月13日

今週末のハナショウブ祭り写真教室のロケハンに行ってきました。

実は「ハナショウブ」、「アジサイ」は、私の会社で全く売れない花で困りものでした。この時期はアマチュアカメラマンさんがこの2種類の花写真を山ほど撮って、作品を私のフォトライブラリーへ持ち込んでくるんです。でも、要らないので99.9%は返却していました。それでも1,000枚ほどのカットはそれぞれにありました。2種類だけで2000枚の売れないストックがありました。私の記憶では「ハナショウブ」が売れたことは1度もありませんでした。「アジサイ」は、装飾花や花色の経時変化などの話題があるんで若干売れたような気がします。ポピュラーな花なので一応置かなきゃいけなし、かと言って売れない困りものでした。売れない理由はいろいろあるのですが、そのことは長くなるので別の機会に書きます。
だから自分でも菖蒲園に行ったことはほとんど無く、また不得意な花です。

IMG_3972.JPG


こちらも寒さ続きで、ハナショウブの花はろくに咲いていませんでした。

IMG_3982.JPG


咲いているのは僅か2品種だけでした。何とも撮りようが無い感じでした。

IMG_3977.JPG


メグスリノキの若葉がきれいでした。(上)ヤマボウシの花が残っていたのは寒さと日当たりの加減でしょう。(下)

IMG_3976.JPG


モミジバフウの若葉と実です。



吉ヶ平写真教室 Yoshigahira Photo Class [写真]

6月13日

IMG_3966.JPG


この時期は濃くなってゆく緑が美しい吉ヶ平です。

IMG_3961.JPG


手前のスギ林を抜ければ、

IMG_3962.JPG


明るく大池が目の前に開きます。
15人の写真教室の仲間とやって来ました。

IMG_3963.JPG


こちらは明るい緑です。

IMG_3964.JPG


たっぷりな緑は贅沢です。
いい作品が撮れたでしょうか。

IMG_3967.JPG


吉ヶ平山荘近くに戻って来ました。
おまけに炭焼き小屋見学です。
ちょうど炭焼き釜を作り直し中です。釜の上部の天蓋部分は木で形を作りその上に土を塗り重ねます。火を付ければ支えの木は燃えて無くなり土のドームになります。


吉ヶ平撮影会ロケハン Yoshigahira photo session preview [写真]

6月12日

明日の公民館写真教室・吉ヶ平撮影会のロケハンです。

IMG_3857.JPG


大池への入口にあるクリの大木です。
チョッとムンクの「叫び」っぽく見えました。

IMG_3860.JPG


大きなスギの木に着いたツタのツルと葉です。

IMG_3862.JPG


葉の上に水玉が並んでいます。

IMG_3863.JPG


古木にコケです。

IMG_3864.JPG


ユキツバキの新芽は赤味を帯びています。

IMG_3865.JPG


まだウワミズザクラの花が残っています。

IMG_3866.JPG


クルッと巻いたアケビのツルの先端です。

IMG_3867.JPG


ツルアジサイです。

IMG_3859.JPG


大池の辺りにノハナショウブの花が残っています。

IMG_3868.JPG


IMG_3869.JPG


IMG_3878.JPG


IMG_3876.JPG


今年もアマゴイルリトンボに会えました。

IMG_3871.JPG


IMG_3877.JPG


IMG_3873.JPG


大池は周りの森を映して静かです。いろんな鳥の声が聞こえます。

IMG_3874.JPG


吉ヶ平に戻ったら雨です。明日は晴れますように!