So-net無料ブログ作成
検索選択

謎の谷 wonder valley [自然]

3月20日

IMG_1633.JPG


今日は吉ヶ平の奥にある謎の谷を探検に行く日です。
ところが、2度寝してしまい待ち合わせ時間に遅れてしまいました。皆さんスミマセん。慌てて出発地点の遅場へ向かいます。
途中霧のかかった八木ヶ鼻が幻想的です。朝霧は晴れの前ぶれです。

IMG_1634.JPG


3月6日に猿ヶ城に偵察に行きましたが、今日は吉ヶ平経由でその谷に向かいます。15人の大部隊です。
サルの足跡(右下)が見られますが、守門川対岸の斜面を上るサルの群れも目撃できました。カモシカ、テン、キツネ、ヤマドリ・・・と、多くの動物の足跡があります。

IMG_1635.JPG


吉ヶ平から守門川を渡り(下)、奥の山の沢に入ります。山の尾根への上りは急斜面です。帰りはさらに雪が緩むだろうから同じルートはとれそうにありません。

IMG_1636.JPG


IMG_1638.JPG


2時間弱の悪戦苦闘で目的の谷の縁に立つことができました。
ロート状の扇型の切り立った崖に囲まれた谷です。氷河地形とは思えないので、雪崩や雨水の侵食に依るものと思われます。これも一種の雪食地形なんでしょうか?地元でもあまり知られていない謎の谷です。
しただの山は奥が深く謎がまだまだあります。



谷は大きく、私たちのたどり着いた地点は上縁にあたります。近過ぎて全景がよく見渡せん。谷の下にあたる沢側にまわれるといいのでしょうが、それはなかなか難しいルートです。また次のチャレンジになるでしょう。

IMG_1639.JPG


帰りは尾根つたいに雨生池側の布倉乗っ越しを目指します。番屋山を目指して歩きます。(上)カモシカの足跡をたどって進みます。直径2mほどな巨大なロールケーキ状な雪まくれがありました。(右下)順調に行けましたが、心配された地点で急斜面過ぎて下降できません。昨年布倉乗っ越し側から上った仲間とがいるのですが、下りは無理です。その時上れたことすら奇跡的に思われます。

IMG_1640.JPG


無理せず来た道を戻ります。
正面に猿ヶ城の切り立った東壁が見えます。先ほどたどり着いた謎の谷は猿ヶ城の右下です。(上)
カモシカの新鮮な溜めグソがあります。(左下)茶色味が残り、後で仲間にもらったチョコボールそっくりでした。
来た時とは違う一本東寄りの尾根を下ります。途中から尾根を逸れる急斜面を下ります。(右下)デブリの上を下り、なんとか下の平地に下りれました。

IMG_1641.JPG


吉ヶ平にとどまった3人をくわえ、無事遅場への道を帰ります。(上)ツルアジサイの花殻(左中)や、ウリハダカエデの大きな実(左下)が雪面に見られます。長く平坦な道を歩き遅場到着は4時半です。9時間歩きまわったことになります。もう歩きたくないー!遅場の積雪は125cmほどです。(右下)3月6日も120cmくらいでしたから、溶けた分も考えるとその間随分新しい雪が積もった様です。そのせいもあって、歩きにくかったんでしょう。まあ、これからはやっと春に向かって行くでしょう。

お疲れ様でした。しただの大自然の一端に触れた1日でした。


スウィムとピアノ swim and piano [スイム、バイク、ラン]

3月19日

IMG_1595.JPG


朝のお出かけ。雪から霧が立ち昇っています。「モリガメ山」は靄に包まれています。
今日は白根で、友人たちの企画で催される日垣勉道さんのコンサートがあります。
早めに出かけて白根のプールで泳いでから参加しようと思います。

IMG_1596.JPG


白根プールの駐車場です。もうとっくに雪は無いです。
今日は2.2km泳ぎました。調子いいです。もっと泳ぎたいけど、もう時間です。第一明日チョッとハードな山登りが予定されてるんでセーブしないとならないです。本当は山なんか上るより、泳いでいた方がいいんですけどね。

IMG_1597.JPG


仲間とともに「みゆきや」さんという中之口川の土手近くの喫茶店に行きます。日垣勉道さんのコンサートです。



日垣さんは本当に皆の前でピアノを弾くととが大好きな人で、そんな感じが伝わってくるのが楽しいです。

IMG_1599.JPG


ショパン、ベートーベン、サティーとジャズナンバーまで「みゆきや」さんの美味しいコーヒーを飲みながら、豊かなひと時を過ごせました。こじんまりした店も満杯でにぎやかです。
よかった、よかった!そして何時もの仲間に感謝です。

スウィムとピアノ。今日は充実した日です。

すすむ雪解け much snow melting [しただ郷]

3月18日

IMG_5025.JPG


スノーシューを借りに道の駅に行きました。(「道の駅 漢学の里しただ」) 道の駅ではスノーシューのレンタルをしています。ここで貸し出しているスノーシューは山歩きにはとてもむいています。スノーシューにはいろんな種類があります。下は私が家の周りの作業用に使っているものです。これは着脱も簡単だし面積が大きいので、ちょっとコンポストにゴミ捨てに行ったり、道つけしたりするには便利です。
上は小さくて歩きやすく、歯がシッカリあるので斜面への食い込みがいいタイプです。山歩きはこれでないとダメです。MSRという会社の製品です。他にスノーシューレース用のもっと小型なものもあります。
用途に応じて使い分けるといいです。私も写真の作業用とツアー用のMSR製品の2種類を使っています。普通に野山を歩き回るにはMSRのものをお薦めします。履き比べれば直ぐ分かるのですが、雪面への食い込みが全然違います。

IMG_5026.JPG


春めいてきて道の駅も賑わいだしました。雪の残るうちに道の駅でスノーシューを借りてしただの山歩きをしたら楽しいですよ。コースも道の駅でお尋ねください。
駐車場の雪も隅っこに残るだけになり、周りの山々の雪もだいぶ減ってきました。

IMG_5027.JPG


だいぶ減ってはきましたが、私が家の周りだけはまだ1m近く残っています。でも、ドンドン溶けています。

今日もプカプカ floating on the water today, too [スイム、バイク、ラン]

3月17日

IMG_1585.JPG


午前中痛かった腕や肩が昼から治ったので、また泳ぎに出かけました。ただ、腰はまだまだ痛いです。
三条市と加茂市との境の峠です。雪は腐っていますが、まだまだあります。

IMG_1586.JPG


白根です。今日は弥彦山、角田山が見えます。子供の頃から見慣れたこの景色が心の安定をもたらします。

IMG_1587.JPG


白根プール裏のメタセコイアです。
2.1km泳ぎました。今日は体をすり抜ける水の流れが違って感じられます。この感覚がうれしいですよー。チョッと昔に戻ったかな?といっても50m / 65秒もかかっています。まだまだですが、少しづつましになってゆく気がします。
タラタラ泳いでいても続けていれば、少しづつましな泳ぎになるみたいです。春になって忙しくなってくるとこんな具合に泳げないから、また落ちてゆくのかな?なんとか暇を見て泳ぎ続けたいです。

雨のち晴れ sunny after rain [スイム、バイク、ラン]

3月16日

IMG_1577.JPG


IMG_1578.JPG


白根総合公園のプール駐車場からの眺めです。泳いでいる間に天気が変わります。
今日は曇り、雨、晴れと場所や時間により天気の不安定な日でした。しただを出る時はドシャ降りでした。
午後から2km泳いできました。泳げば気持ちいいんですが、肩が痛いです。虚弱体質が治りません。

優しい海 gentle sea [スイム、バイク、ラン]

3月14日

IMG_1559.JPG


もう遅いけど関屋のプールへ寄ります。
てまえの浜の夕暮れです。佐渡の見える方角ですが、靄って見えません。春ですねー!とても優しい海です。今日は暖かで穏やかです。新潟市中心部に近いこの辺りは、里海というよりも街海です。夕暮れを見に多くの人がいます。そぞろ歩きやデートの人たちです。そのせいもあり人と海が近い感じがします。人気の無い松浜の海にこの優しさを感じたことは無いです。この頃は松浜の浜でも散歩の人を見かけることがあるようにはなってきましたが、まだまだ寂しいものです。それはそれで好きですけどね。

IMG_1552.JPG


私にとっては高校の海です。高校の直ぐ裏のなんです。時々、学校サボって見に行きました。それに、母の実家の裏で、ともかく懐かしい海です。
信濃川河口から西にかけて「日本海夕日ライン」です。新潟県の全ての海岸線を指すかもしれませんが、個別に「笹川流れ」とか名前があるんで、新潟市のこの辺から角田浜辺りまでの砂丘地帯が中心部でしょう。

IMG_1554.JPG


2km泳ぎました。5時過ぎのこの時間帯は割に空いています。
もっと泳ぎたいけど随分遅い時間になりました。夕食、買い物をして帰ると10時回っていました。
たいして遅くないようですが、薪ストーブを炊き部屋を暖めたりいろいろやらなくちゃいけないんで、お後が大変です。

母とランチ lunch with my mother [母とのこと]

3月14日

IMG_1546.JPG


今日は内科と歯科の予約日なので、4時半起きです。
先ず実家へ行きます。他ではウメも咲き始めていますが、実家のウメは日陰のかわいそうな場所にあり硬いツボミです。オトメツバキのツボミが膨らみ始めています。

IMG_1547.JPG


母を迎えに行きます。グループホームの周りの畑です。
お金下ろしたり、いろいろ済ませて内科に行きます。体調も問題無く、診察も待ち時間無くスイスイ終わりました。それはいいんだけど、歯医者さんの予約が2時45分なんで3時間以上間があきました。

IMG_1558.JPG


松浜の図書館へ行きます。豊栄図書館は大きすぎて母が見てまわるにはこっちの方がお手軽です。ちょうど中学校の同窓生に会いました。(下)ここでよく彼女に出くわします。今日はペン習字だそうです。いろいろ楽しんだ方がいいよ!母の食推(食生活改善推進員)の後輩にあたり、何かと母のことを気にかけてくれる人です。今年は食推50周年にあたり記念誌を作ったりするので、出来たら母に持ってきてくれるそうです。ありがたいことです。持つべきものは友だちだね。

ドラッグストアに母の保湿クリームを買いに行ったり、調剤薬局へ薬の受け取りに行ったり、銀行へ行ったりしてそこそこの時間になりました。

IMG_1549.JPG


豊栄のイタリアンレストラン・「パンチャグアンチャ」(イタリア語でお腹とほっぺ)でランチにします。たまにしか来ない割に店の人が覚えてくれています。若者、主婦が多い繁盛店ですが、随分な年寄りと息子の取り合わせが珍しいのでしょう。母もよく食べます。久し振りの外食は嬉しいよね。歯医者の時間までユッタリします。2〜3日急に耳の聞こえが悪くなっているみたいで、会話では意思疎通が難しいです。でも、そこは親子で顔を見てれば通じ合えます。

IMG_1550.JPG


美味しかった!お腹もほっぺも喜んでいます。

IMG_1551.JPG


30分も早いけど来ました。歯医者さん入口のオリーブです。鉢植えなら新潟市で育てられますね。
入れ歯の具合もいいので、次は3ヶ月後です。歯石を取りながら歯の調子を診てもらうことにしました。

アーしんど!足元不安でスローな母のお供は疲れます。

実家へ戻り、キャベツを掘ったり鳥避けをします。結構キャベツを鳥が突くんです。テグスを上に張るんです。2玉掘ってしただへ持ち帰ります。
郵便局へ立ち寄り、プールへ向かいます。


木を切る cut down trees [ファーム・モリガメ]

3月13日

IMG_1513.JPG


木を切りに裏山を上ります。今日は暖かく右側の崖も雪がどんどん溶けています。それでも朝のうちは雪が硬くもぐらなかったのですが、午後からはスノーシューでもズボズボ足を取られて同じ道を上がり下がりするのも大変になってきました。

IMG_1506.JPG


森に入ります。
オオカメノキ(左上)、タムシバ(左下)などかわいい冬芽がたくさんあります。
やけにツルにからまれた木もあります。(右下)

IMG_1507.JPG


右上の木を倒します。
受け口を入れたところです。(左)受け口の木片を切り取り、反対側から追い口を入れて受け口側へと木を倒します。(右下)

IMG_1509.JPG


チェーンソーやクサビ、ハンマーなど。
燃料は昼飯に戻った時に注ぎ足します。

IMG_1510.JPG


今日は10本倒しました。1年分の薪にはまだ足りません。倒すのはあっという間ですが、玉切り、搬出、薪割り、薪積みとまだまだ作業があります。薪作り一連の作業の始まりです。

IMG_1514.JPG


帰り、林の向こうに粟ヶ岳が見えます。やっと山を見る余裕ができました。アーッ!疲れた。

山熊田へ行ってきました I went to Yamakumada [しただ郷自然くらぶ]

3月11日

村上の山奥の集落・山熊田へ行ってきました。自然くらぶの一部の方々が入れ込んでいる地域で、先日NHK「小さな旅」で紹介され、この日カンジキツアーのイベントがあります。いつもの「3バカトリオ」でそのイベントに申し込んだらしく、私もその「3バカトリオ」メンバーらしいのでやむなく出かけました。

IMG_1459.JPG


当初シブシブでしたが、結論は楽しかったですよ。
天気もよく、テレビの影響もありなのか多くの参加者です。下越方面の方が多く、私たちは一番遠くからのようでした。リピーターさんも多いらしく和気藹々です。そういえばしただのイベントによく参加してくださる方もお見かけしました。

IMG_1460.JPG


県道から1時間ほど、きれいなブナ林はなかなかの急斜面で上りがいがありました。遠く山並みの向こうに摩耶山(標高 1019m)山形県の山も見えます。(右下)ここは山形県境の集落なんです。帰りは少し下がると気温が上がり雪がグサグサでカンジキでもぐります。てんでんに急坂を転げ下りるのも楽しかったです。

IMG_1461.JPG


集落に戻り公民館(集会場)2階で交換会です。(上)
左ベロベロ餅、右クマ鍋です。(左下)クマの骨つき肉がワイルドです。(右下)骨に喰らいつくクマ親父はワイルドと言うよりエゲツなー。(右上)
マタギの携帯食であるベロベル餅もなかなか美味しかったです。うっすら塩味のあるうるち米のお餅で、東北一帯にはあるようです。
新潟というのは新発田近くから東北弁訛りが強くなり、ここらまで来るとチョッと理解不能になります。話を理解しようとするとなんども聞き返さねばなりませんが、優しいニュアンスがいいですー。

IMG_1462.JPG


村のハモニカ名人が演奏で(上)熱烈歓迎!会場は歌声喫茶ムードです。ハモニカ名人のデスマスク(X)、生きているからライフマスクです。(下)ハモニカ演奏で熱くなり過ぎた顔を雪で冷やした痕跡です。いろんな雪の使い方があるんですね。

IMG_1463.JPG


集落を見て回ります。
山形県境山北地区のマタギの里・山熊田は20軒ほどのブナ山に囲まれた小さな集落です。
山の自然とマタギの伝統を色濃く残した生活が見られます。歩いていると、玄関先でオニグルミをトンカチで割っているお婆ちゃんがいました。嬉しくなって話し込んでしまいました。なんか優しい気分になれたひと時でした。

IMG_1464.JPG


公民館へ戻ると
集落のメインストリートの真ん中で餅つきが始まっています。ただの餅じゃなくて茶色をしています。山北伝統のトチ餅です。地元の小豆のアンコで食べるつきたてのトチ餅はクセになる美味しさです。

山熊田の自然、暮らしぶりに触れることができました。集落の方々の一生懸命なモテナシの心も感じられて、清々しい気持ちになれました。どうもありがとうございました。

IMG_1465.JPG


山熊田は山の中ですが、海には近いのです。
冬期の唯一の出入り口は、笹川流れのある府屋です。府屋駅から車で30分ほどの距離の山熊田は海の近くなんです。帰り道、府屋近くの寝屋漁港に寄りました。なかなか風情のある港です。名物の味タコを買って帰りました。山熊田のイベントで一緒だったご夫婦と出会い、4本のタコ足を4人で分けあって買いました。

海も山も楽しめる山熊田のような山北地区もいいですね。
実家からも近いので、しただ郷に住み着いていなかったらコッチもいいなとは思います。
でも、私はしただですからね。

裏の谷川 mountain stream of backyard [ファーム・モリガメ]

3月10日

IMG_1412.JPG


深山を流れる谷川のようですが、うちの2階から見る水路です。周りが雪を被っていると深くて大きな
流れのように見えます。

IMG_1413.JPG


一旦、一時貯水池に流れ込み、更にそこから水は流れ下ります。笑ってる顔のように見える、口の部分にあたるのが貯水池です。
雪が溶けたらこの水路も整備し直します。


タグ:谷川 貯水池