So-net無料ブログ作成

奥只見から只見 from Okutadami to Tadami [八十里越え]

9月24日

IMG_6040.JPG


昨日奥只見から一旦しただ郷に戻りましたが、今日はチョックら只見へ行きます。
八十里越体感バスのガイドの当番なんです。お忙しいことでございます。
道の駅に集合です。午前便は4台の運行です。久しぶりの半日コースです。

IMG_6041.JPG


少しコース変更があり、1号橋梁、1号トンネルへ行くよになりました。代わりに4号橋梁、6号トンネルコースは無くなりました。
今まで下を通過していた1号橋梁に上り、上から工事用道路を見下ろします。(上)30mほどの高さです。
この橋の上で長岡国道事務所の工事説明を受けます。(右下)
トンネル工事に使うブルドーザーの大きいタイヤに見たこともない用な金属製の滑り止めが付いています。(左下)

IMG_6042.JPG


5号橋梁のP2が高さ50mを超えています。先回見た時は40mを超えたところでした。最終的に80mの高さの橋桁になり、5号橋梁は大谷川から120mの高さになります。



ボタ橋の紅葉にはまだ早い時期です。

IMG_6043.JPG


ボタ橋から下流を向いて上の方を見ると、裏八十里越えの通っていた尾根が見えます。かつて吉沢鉱山に郵便配達も通ったという道は面影も無く荒れ果てています。

IMG_6044.JPG


道の駅に戻りました。今日私は午前便のみのガイドです。
自分のフィットのアンテナにアキアカネが止まってます。山で夏を過ごしたアキアカネの群れは秋とともに里に降りて来たようです。稲刈りも済み急に多くのアキアカネを見るようになりました。

nice!(43)  コメント(1) 

nice! 43

コメント 1

馬爺

こんな滑り止めは見たことがないですね、工事現場は滑るんですね。
by 馬爺 (2017-09-26 10:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。