So-net無料ブログ作成

「あいくー」に会いました I met a doll of bear named "AIKUU". [八十里越え]

8月26日

502CC0E3-44E3-4B61-B091-7C349138A60C.jpg


八十里越体感バスのガイドで1日コースに乗車しました。
1、カモシカに会いました。
今日は2台の運行で、ガイド仲間のFさんに「カモシカいるよ!」って教えてもらいました。1号橋梁から見た日本平トンネル上の崖にいました。と言っても遠くてわかりません。目を凝らすと3段になっている雪崩防止柵の2段目を左に辿った岩場にいました。ジッとされていたらわからのですが、岩場を左に動いていたので気づきました。教えてくれたFさんがよくわかったものだと思いますが、彼は普段イヌワシの保護・観察活動をしてるんでそういう能力を持ってるんだと思います。慌ててレンズを付け替えて撮りましたが、何せ遠くて一瞬なので上の写真程度でした。わかるかなー?お客さんに教えてあげる時間も無かったです。

177B7449-5619-41E6-8CF2-364E97136278.jpg


2、「會空(あいくー)」に会いました。
皆んなで只見駅の見学に行った時のことです。ホーム上で小さい人形をいろいろにセットして写真を撮っているお客さんがいました。(左)あんまり熱心なのでお聞きしたら、「原発事故で大熊町から避難した女性が会津木綿で作ったクマの人形。」だそうです。会津木綿は戦国武将・蒲生氏郷以来の風合いある伝統織物です。「あいくー」だけじゃなく「しまくま」もあり、このブランド(?)のクマをたくさんお持ちだそうです。

3B574476-C4C1-40F6-9697-52FFB0094449.jpg


小さなテディベアです。(後ろのタグの振り仮名は「あいくう」でしたが、後で調べたネット上では「あいくー」だったり、「あいくう」だったりしてました。)

5C554B13-6ADE-45EB-A418-C88DF66A2B54.jpg


「ちゃんと立つんだよー!」ってそのお客さんはやって見せてくださいました。

その方はその後も他の場所で、いろんな情景をバックにしてクマちゃんを撮ってました。私はいろんな趣味の人がいるなくらいに見てました。でも彼女の熱心さやらが気になり、帰ってからネットで調べて見ました。何とこれが涙ものの感動ストーリーでした。前向きに立ち直ろうとされてる反面、やはり原発事故の残酷さもある話です。どうも私に「會空」を教えてくれたお客さんも人形がかわいいだけじゃなくこのストーリーに感動して写真を撮っておられたのかなと思いました。私もチョッと女の子っぽいけど、真似して撮ろうかなと思います。
ともかくそのサイトをご紹介しますので、皆さんも「會空」を知ってください。第一かわいいよ!

http://madams-collection.net/aiq/

https://deriolabo.wordpress.com

http://www.tohoku-manufacture.jp/story/007_story_first.html

と、何かいろいろ出てます。

1F35E80C-DE37-431B-811C-E6476239A735.jpg


3、チュウヒに会いました。

上は田子倉湖、下は只見湖です。

4F87C41F-7081-4DA3-8C79-58FA293966B2.jpg


これは田子倉湖の周りの山です。
今日は降りそうで降らない天気でした。当初雨にやられるかと思っていたバスツアーでしたが、何とかお天気は持ちました。

79E539D7-56C5-42E6-A2C7-46D3A58DBC63.jpg


チュウヒって草原のイメージですが、田子倉湖です。
羽をV字にして滑空し、後ろから見て腰に白い点があります。大きさ的にもチュウヒかなって思います。鳥に詳しくないんで自信ないんですが、違ったら教えてください。

と、今日の八十里越体感バスツアーであった出会いのうち、一番感動したのは2の「會空」でした。
nice!(79)  コメント(2) 

nice! 79

コメント 2

やま

今回のガイドは素晴らしい出会いが沢山あって良かったですね。やはり数をこなしてガイドをされているからでしょうね。これからも皆さんに喜ばれるガイドを続けてください。
by やま (2018-08-27 21:10) 

モリガメ

仲間やお客さんに教わることが多いです。
by モリガメ (2018-08-28 15:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。