So-net無料ブログ作成

大津市長の柔らかく気持ちいい手 Mayor Otsu's soft and comfortable hands [旅]

9月15日

C9B12021-C4B2-4F0D-8A2A-8730ED056A80.jpeg


第27回全国市町村交流レガッタの開会式は、予選終了後9月15日夜大津プリンスで催されました。(右 上下)
美人すぎる大津市長(左上)に、手を握られて舞い上がってしまうオジサンたち(左下 私も含めて)も若干いました。

65B14DE2-9009-4EA5-BF0E-03A2CBE76400.jpeg


そうなると手がつけられないオジサンの暴走が始まっちゃいました。次はお昼間石川県津幡町のテントで会った「ミスつばた」が餌食です。(上と2番目)
「おおつ光ルくん」(番目 光源氏の再来?大津市)がいます。「やしまる」(3番目)と「万治くん」(4番目)は下諏訪のゆるキャラです。
オジサンは光源氏のつもりかーぁ?

02C205EC-7BB5-487E-AF02-B6ED597CEF91.jpeg


アンチエイジングと阿賀町議員クルーのテーブルです。盛り上がり過ぎ!



3高寮歌・学生歌の「琵琶湖瀬周航の歌」です。

2CA4C9FC-E1FF-4068-B5F8-3E89841920B8.jpeg


「志賀の都よ いざさらば」は、これでいいんです。滋賀の都じゃないんです。志賀の都は飛鳥時代の近江大津宮を指しています。
また、作曲者の吉田千秋は新津(新潟市)の人で24歳で亡くなっています。彼の作った「ひつじぐさ」という歌のメロディーに今の琵琶湖周航の歌の歌詞が載せられたのです。後に加藤登紀子が歌い大いにポピュラーになりました。原曲を作ったご本人はこの取り合わせを聴くことなく亡くなっているんです。

琵琶湖湖畔でこの歌を歌えるのはサイコー!

243318B4-85DC-4339-9495-01525C877C83.jpeg


守山市への帰りのバスです。まだ興奮冷めやらぬオッサン一人。オッサン崩壊です。
宿前のケーキ屋さんについたのはわずかに閉店後でした。無理矢理チーズケーキを買いに行き、買えましたけど、事件になりかねないひと騒動もありました。いや、結果はケーキ屋さんも私たちもハッピーな決着でしたよ。

nice!(40)  コメント(0) 

nice! 40

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。