So-net無料ブログ作成
2019年01月| 2019年02月 |- ブログトップ
前の10件 | -

雪の少ない冬 winter with less snow [旅]

2月18日

9B5A17D7-006D-47BD-9AB5-8DD5CB72157A.jpg


今日は東京への移動日です。
潟東でしこたま飲んで仲間に送っていただきました。帰りも遅かったのでまあ今日はユックリ出かけます。実家のウメ(右上)やボケ(左上)の冬芽も動きだすにはまだまだって感じです。ビワ(下)は小さな実を付けています。
チョッとノンビリし過ぎて出かけるのが午後1時をまわってしまいました。

9BFBE5C6-47B4-4831-B2F7-F70857CDDAE6.jpg


塩沢石打SA.で軽く昼食です。(左上)この辺の雪も少ないです。下は湯沢インターを過ぎた辺りです。どのピークがどの山かはわかりませんが、正面は大源太山や白毛門方向です。見えませんが、右手に谷川連峰があるはずです。
路面に雪は無く走るのは楽です。
関越道から圏央道へ入り奥多摩の山々に向かって走る頃には陽も傾いて来ます。(右上)

01EBAEAD-B2FF-497F-89DC-5A6D179A67D6.jpg


八王子の家に着きました。近所に24時間300円の駐車場があって助かります。
実家からドアツウドアで5時間です。

nice!(53)  コメント(2) 

リレーマラソンとカモ鍋パーティー relay marathon and duck eating party [スポーツ、ヘルス]

2月17日

6BDFAF03-C9AC-48A4-A7FB-F14BCCC9F550.jpg


潟東のリレーマラソン大会に参加後、カモ鍋パーティーの予定です。(潟東というのは新潟市西蒲区の旧潟東村です。)
飲まないのなら車で潟東に行けばいいだけのことでが、飲もうとすると大変なことになります。7:30に新潟駅でピックアップしてくれる仲間がいたので、お願いしました。そのためには、前日に実家に泊まり、6:24発の路線バスで駅に行きます。明け方、バス停に行く途中すごいカラスの群れを見つけました。朝方いつもカラスが群れているところなのですが 、早朝こんなにいるとは驚きました。
まあ、それだけのことなんですが、前日実家に来たらあると思ったジョギングシューズが無いんです。八王子の家に置いていたシューズが壊れたので、先月実家のを持って行っちゃてたのを忘れていました。仕方ないのでしただへ取りに行きます。ってことは60kmの道を3回行き来することになります。高速道じゃなく、下道で180kmは少しこたえます。
それにつけてもどのジョギングシューズも全部ヘタっているから、皆んな買い換えないとダメです。

1CD17954-0238-4F44-AFF5-9BE36181D04F.jpg


リレーマラソンを舐めてました。我ら「アンチエイジング」チームは6人です。適当に6人で走ればいいやくらいに考えてたんです。潟東の体育館の1階と2階を(1周約320mほど)1時間で何周するかを争うのです。適当にっていうのが、やはり抜かれると腹がたつのでムキになっちゃうし、階段の上り下がりもキツイのです。マラソンとか言うけど、長距離走じゃなく中距離走のインターバルなんです。1周2分もかからないから脈も上がらないし息も切れないけど、筋肉には直撃です。自分の番まで休んでるから身体は冷えます。1周目にムキになりそれでガタガタになり、以後疲れが溜まるばかりです。ボーっとなって自分が何周したか数えてませんでした。多分6〜7周は走ったと思います。全力で2kmくらいを1時間で走ったことになります。と言うか、走った時間は10分くらい?で、2km?(サブ3より早いジャン?!)中高生の走りなんて飛ぶような入りですよ。赤マムシ飲んだってとてもかなうもんじゃないっすよ。1チーム7人まで許されるので、6人チームってのも不利ですね。って言うことで作戦失敗もありました。

E3379A2E-967D-470C-BA0D-BB2BE338D84C.jpg


でもって、結果は15チーム中14位。37+約2/3周でした。一番上のカットが最終周の位置です。ビリは免れたから、まあおじさんおばさんチームにしては「アンチエイジング」は頑張ったかな。1位は49周です。小学生がいるチームはハンディで+6周です。年寄りハンディは無いけど、年寄り2チームは特別賞です。我が「アンチエイジング」は最年長ですし、私は明らかに全走者中最年長です。我らの女性総監督が特別賞の賞状と豪華景品をゲットしてくれました。
慣れない全力走で腰は痛いし、なぜか右肘が痛みます。そのせいかパンツのヒモが縛れないので多分身体の冷えもあるみたです。
ハードだったけど面白いレースではありました。

C192F97F-D58D-425A-8B27-2E032FFCD801.jpg


レースの一方で仲間のお宅で潟東名物のカモ鍋を準備してくれています。
左上は潟東産のカモ肉です。前日からこのカモ肉、野菜、ガスコンロ、IHIコンロ、流し・・・を、廊下にセットして下さった某シャチョウさんに感謝です。総勢17人、3歳のロシア美人も参加でインターナショナルカモ鍋パーティーです。彼女は若くしてロシア語、日本語、英語とトライリンガルな才色兼備のお嬢ちゃんなんですよ。そして私はめでたく日本酒、焼酎、ワインと美酒に酔うことが出来ました。これもひとえに真ん中のカットで挨拶をしている総監督と楽しい仲間のおかげです。ありがとう!

nice!(48)  コメント(1) 

モリガメ心の俳句 その39 Haiku and Photo [フォト575]

2月16日

FAE0BAD6-2824-4F44-82F4-0F52AC589A7F.jpeg


鳥の様な?ピカチューの様な?雪形です。

65252D83-BFAE-42F2-868C-7D23AC2D6BC7.jpeg


ベランダから見て左手の崖を見ると雨ですっかり雪が溶けています。
地肌と雪の関係は、先程のピカチューがネガならこれはポジです。

CD3B171E-4402-4C4D-8092-59643F3A5AA9.jpeg


しばらくすると、今度は雪が降りだしました。

そこで一句、

“雨降って 雪も降るけど 春が来る”


ってか!季語多過ぎ?
お粗末様。


nice!(91)  コメント(0) 

雪が笑ってる! the snow is smiling! [自然]

2月15日

F43096EF-E8DF-484D-870D-9A009ED2C459.jpeg


なんか笑ってるように見えます。

927E827E-32B3-4E53-9F21-4E59DCEC4830.jpeg


今日も青空が出ました。
トビが鳴いてるので見上げると。。。。。恋するトビ!
トビ社会ではもう春の様です。


これすべてさっきベランダから見た裏庭の出来事です。

FFF66DE1-D4F0-4B83-BC54-4F7610E52FC6.jpeg


ホラ!陽が少し回るとまた見つけ。
雪解けがすすみます。




nice!(73)  コメント(7) 

ちょっとだけ青空 blue sky for a while [自然]

2月14日

09827B67-58A3-4873-B1E8-1380D704071E.jpeg


家の東側は道なんですが、その向こうはスギ林です。こっちの森はキツネやムササビが住んでます。
午前中、陽が射すので戸を開けてみます。青空が出てます。
雪が降っても時々青空が出るようになると、春が近づいた感じがします。
まだまだつかの間の青空です。この時期まで一日中青空なんてことはあり得ません。
このまま春になってくれるといいけどね。




nice!(62)  コメント(2) 

車の雪 snow on the car roof [スポーツ、ヘルス]

2月13日

20EB2DE3-3A04-428E-964B-185007753277.jpeg


白根プールに来ました。こんなして屋根に雪を載せているのは私の車だけです。こちらでは全然降っていなかったのでしょう。
しただを出る時だいたい落としたのですが、白根まで来る間に落ちきれずに残ってます。

2,100m泳ぎました。
2,000m泳いだ時点で調子よかったので、あと100m泳いでしまいました。昔だたら、あと2,000m泳いだというならともかく、余計に100m泳いだなんてどうということない話です。
でもね。家に帰ってしばらくたつと身体が痛いんよねぇ。多分、2kmに慣れた身体に余分な100mが、その分痛みになってるようです。先週も2,100m泳いだ後にこうなったんで多分そうでしょう。身体の融通が利かなくなったんでしょうね。そういうもんだと自覚して泳ぎましょう!

あらためてこの写真を見て気づいたのですが、止まってる車って軽ばっかですね。新潟には「ケイバッカ」っていう中古軽自動車の専門のディーラーがあるくらいです。都会に比べると田舎って軽自動車の割合が多い気がします。まあ、どこに行くったって車が無いとダメだもんね。ちょっとプールなんて時だった皆んな車だもん。


nice!(21)  コメント(2) 

雪のことだけでゴメン! Sorry for the snow topic only! [しただ郷]

2月13日

BAE53F61-CCE5-48A5-87E9-F6F1B4D58D08.jpeg


家にいると雪しか目に入らないんです。

F94EF73E-EF15-4021-98CC-B196DA72D3FD.jpeg


周りの森、

17FDC221-67DB-44F9-B16E-B6D558A5E407.jpeg


スギ林と、皆んな雪をかぶっています。

C5A56C2F-B344-4C4E-BD07-B1D5028C8A22.jpeg


時々、枝から落ちてきます。
このくらいならキラキラ雪でいいけど、大きな雪の塊が落ちることもあるので要注意です。

30BE050A-3432-4C21-8439-178967B8B16D.jpeg


どこも雪に覆われて、

ところで、雪が笑ってねぇ?

C4821BB6-DFBF-4353-8F06-E49FADB6664C.jpeg


屋根の雪が溶けるとツララになります。

nice!(64)  コメント(4) 

2月の雪 Snow in February [自然]

2月12日

F0967EEE-2A34-4FED-954F-EDE62F3059C3.jpg


雪が降り続いています。2月だから当たり前だね。
2月初旬いい天気の日があり、春の兆しを感じたけど冬はまだこれからさぁー!



見てると、激しく降ったり静かに降ったり、大きい雪や小さな雪と刻々と様子を変えて降り続きます。
でも、今年の冬は少ない積雪で助かってます。随分、しのぐのが楽な年です。
まあまだ春になるまでわかりませんけど!





まあ、元気出していこう!


nice!(65)  コメント(4) 

寒波 cold wave [スポーツ、ヘルス]

30D23AB5-45C5-48D0-96A2-E382CDDEE114.jpeg


2月7日。午前中走った後、午後から白根プールで2.1km泳ぎました。一旦、しただに戻ったのですが、用事を思い出して松浜に夜移動しました。午前中あんなに晴れていたのに夜は雪が降り始めました。

2月8日。上は母のグループホーム側のチガヤの草原です。この日用事が済み帰ろうと思っていたのですが、寒くてそのまま実家泊まりです。

2月9日。寒くて泳ぐ気がおきずやはりそのまま実家です。

2月10日。実家の庭に積雪15cmほどです。しただの雪が心配です。
寒いけど意を決して出かけます。中は吹雪の松浜橋です。
下は白根プール駐車場の雪です。2kmで泳ぐのを切り上げました。
しただの家に戻ったのですが心配したほどの積雪でもなかったです。20cmくらいです。

どうも今日は下越の方の積雪が多かったようです。

8日、9日は寒波でかなり寒かったです。今日はまあまあでしたね。


nice!(66)  コメント(2) 

晴れた幸せ sunny day happiness [自然]

2月7日

冬の新潟でこれだけ晴れるのも珍しく、じっとしてられなくてチョッと走りました。
走ったとは言いますが、カメラを持ってなので4kmを2時間です。歩くのより遅いね。酒飲みながら「オレさぁ禁酒中なんだよぉー。」って言ってるみたいなもんです。

0811A6FC-FEF0-43A1-81CF-330EBCFAC4A2.jpg


雑木林に陽が当たっています。雪が解けてササの葉がはね起きるようとしています。雪の上の枯葉はクリですね。

C1286BBB-2F0C-4586-8316-5C4DE51120A5.jpg


冬芽などを眺めながら走ります。
ヤマウルシの冬芽です。先端の目は帽子みたいで、左右の芽は手のようです。帽子の下で顔みたいに見える部分は着いていた葉が落ちてできた模様です。笑ってるみたいな表情ですね。

1AF00160-9337-4333-A5BA-DD52A55777BC.jpg


いろんな冬芽が目に付きます。
サクラ(多分オクチョウジザクラです。左上)、ホウノキ(左下)、ツノハシバミ(先端が冬芽で、垂れ下がった2対の房は開花前の雄花です。右上)、リョウブ(垂れ下がった枯れた実と、その脇や枝先に尖った冬芽があります。右下)

9E21913D-9A65-4E3F-A9EC-3083A119E4B3.jpg


雪が溶けていろんな形を見せてくれます。

4F1D13F2-9CE1-478F-870B-2629B2CF9698.jpg


陽が当たり、

9121737E-1F60-4C89-BAE6-9FCA833898A6.jpg


あちこちで雫がポタポタ垂れています。
いちいち撮っているとちっとも前に進めません。

CF829CB0-C710-4FBF-87FC-3A238DC85018.jpg


坂を下るとお隣の田屋集落です。屋根の雪もポタポタと溶けています。(上)
田屋から森町へ向かう道です。左の高い山は粟ヶ岳ですが、ちょうどその手前に袴腰山が重なっちゃっています。(中)
道に対して右手遠くに守門岳が見えます。(下)

922ACDDE-E4EF-4A88-A5C1-F00AE0147B7E.jpg


森町手前を左に行き森坂を上ります。
萎びてるけど赤く鮮やかな赤の実が残っています。ガマズミです。上はその冬芽です。色のないこの季節赤い色がうれしいです。

6D5736E1-DAF6-41E6-ADB7-A2ACAAE27BE3.jpg


森坂を上り、下ると新屋の長見寺です。その石仏(中)と寺脇のミズバショウです。(下)やっと芽を出したばかりのミズバショウです。

A1D8D716-B7A0-4592-841B-1446FA73815F.jpg


森坂のタラの芽はまだ硬く小さいままです。(左上)
右上は庭に植わっているソメイヨシノの芽です。
日当たりの土手で雪が消えてアザミのロゼットなどが貴重な緑を見せています。(中、下)
まだまだ雪に覆われていますが、こうした生き物の息吹を見つけると心動かされます。

5AF0491D-FB46-45B1-B25B-6C7F120A63CA.jpg


ドラム缶に覆われている消火栓ですが、今年は雪が少なくすっかり下まで出ています。(右上)
積まれた薪もまだまだたくさんある感じです。(左上)
雪解け水が家々の前を流れています。(下)

AA9C6428-3DDB-419F-A41C-D64310D95EC4.jpg


スギ花粉の季節ももうじきのようです。

27215904-C71C-4ACC-B6F1-C690BCCD9B7F.jpg


モリガメ山の森の木々の雪も落ちています。(上)

鹿熊川(かくまがわ 中)を渡り、田んぼを横切り森に入れば我が家です。(下)

途中、2人運動のために道を歩いているお婆さんに会いました。皆さん気持ちいいお天気にうれしそうでした。家の中からですがガラス戸を開けて「がんばるねぇー!」声かけてくださるお婆さんもいました。この方とはだいぶ久し振りです。お元気そうなお顔を見れてでとても嬉しかったです。
なんかこのまま春になりそうな日でしたが、まだ2月初旬です。
天気予報では明日からまた雪が続きそうです。現に午後からは曇り、夜プールから帰る時には雪混じりの天気に変わりました。午前中走っておいてよかったです。次に新潟で外を走れるのは来月以降になるかも知れません。





nice!(76)  コメント(8) 
前の10件 | -
2019年01月|2019年02月 |- ブログトップ