So-net無料ブログ作成

春を求めて歩き回る walking around looking for spring [ファーム・モリガメ]

2月26日

878E4FE8-C410-403A-B3D6-7CDE4EB21213.jpg


北五百川の棚田から帰ってから、うちの山を歩いてみました。

雪は随分溶けています。20cmくらいに減っています。ササは冬の間ずっと雪の下ですがしっかり緑を保っています。(上)雪が解ければこれが立ち上がり、そのままササ薮になって歩き回るのに一苦労することになります。森を歩けるのも雪が残っている間だけです。

森の奥で雪に埋もれていたキクラゲを見つけました。(中)ちょっとだけだけど持ち帰って食べます。

北の境の沢を上り西のはずれの尾根を戻り、ひと回りしてきました。雪が無くなったらササ薮でとてもこんなに回れません。

90F6BDBC-B8B6-4951-B316-C077B0290335.jpg


ヒラタケを見つけました。いつものヒラタケの生えている場所には無かったんですが、新しく見つけた木です。暖かいせいかもう干からびています。それに位置が高すぎて採れません。

F2688756-B0F0-4903-9FB5-4BDB4FD2BC00.jpg


春に白い装飾花を咲かせるオオカメノキです。その花殻はずっと残って、冬もドライフラワーになって残ります。

CAB0E099-453E-42AA-BF57-D7218BA9A95F.jpg


上は毛に覆われたタムシバの冬芽です。
下はオオカメノキの冬芽です。バンザイしてる様にも見えます。

7AE4919C-BBEC-4F0D-A9D2-579C825608D1.jpg


これはヤママユガの繭です。秋に成虫になってこれは抜け殻ですが、羽化の頃は茂った葉に紛れて目につきにくいです。

01B7AFB9-052D-456A-A572-A262D0259842.jpg


ウスタビガの繭も同様に成虫が出た後の抜け殻です。色のない冬の森には目立つ鮮やかな色です。

608C64CB-F96D-4B11-AEE8-81CAE9EA0954.jpg


ここ1、2年はまるで見かけませんでした。たくさん繭を見かける年もあるのですが、自然のものは花や実もそうですが、多い年と少ない年と波があります。

雪も少なく、冬芽も膨らみ、うちの山も春の暖かさでした。
午前は棚田、午後はモリガメ山と久しぶりの山歩きでちょっとだけ疲れました。







nice!(127)  コメント(6)