So-net無料ブログ作成
2019年08月| 2019年09月 |- ブログトップ
前の10件 | -

秋の野菜畑 vegetable field in fall [ファーム・モリガメ]

9月14日

F780B66D-3CB1-4F3D-883A-2FB0E13BE5F4.jpg


快晴ですが真夏のような暑さではありません。
ニラの花にキタテハ、ヒメアカタテハ、モンシロチョウなどとチョウたちが集まり乱舞しています。写真下はキタテハの群れです。

今日はキャベツ、ハクサイなどを植えました。

415252A5-8DCB-4918-B99F-0AD83A1BE2AD.jpg


帰り道、夕暮れにススキの草原が光ってます。

FB58B7BA-1EE1-4BF1-8390-82AFF2DE95A7.jpg


家もソバ畑も夕闇に包まれつつあります。
いよいよ秋です。

nice!(4)  コメント(0) 

押しつぶされそうな日差し under the hard sunlight [写真]

9月12日

8A4EB858-FA7E-4348-BC6B-4C4C210B86D9.jpg


「嵐南を撮る」写真教室2回目のセッションです。
強い日差し、雲の美しい日です。
公民館を出て工場街を信越線方向へ向かいます。

D3123876-5303-4507-BCC5-83BC77285DEE.jpg


或る生徒さん(と、言うより地元では有名なデジカメの先生ですが、今回は生徒さんの立場で参加くださってます。)が、ご協力くださって貨物列車の通過時刻を調べていただきました。撮影ルートもほぼ彼のガイドに従って周ります。ありがたいです。
と言うことで、先ずは信越線沿いを行きます。皆んなにわかテッちゃんです。(左下)
沿線のお爺さん宅にヒガンバナがきれいに咲いていました。(右下)

CD07A6B2-762E-459E-8082-4D5276DC7B77.jpg


ねらいピッタリ貨物列車レッドサンダーを撮ることが出来ました。
このバージョンで青の貨物列車もあり当然それはブルーサンダーと言うそうです。
よくわかりませんが、EF510形電気機関車と言うJR東日本時代は北斗星やカシオペアも牽引したこともある機関車らしいです。JR貨物へ売却後はJR貨物EF510形電気機関車として運用されているみたいです。

34427205-2078-4C21-91F7-0B94F84D7081.jpg


信越線を更に北上します。
金属加工工場があります。アルミのインゴット!金ならねぇー。

37A3DC4B-9F06-4443-83A1-B3669D34A7FD.jpg


三条駅です。
裏寂れた感が三条らしいですね。似たようなものですが、三条を代表する在来線駅とすれば東三条駅ですかね。

003740AF-7A6E-4436-8EA5-E408A5F2A450.jpg


一応自動改札です。今時どこでもそうですかね。

50AEA01C-BF29-4EF7-BB68-0C1207CBCA79.jpg


駅舎から少し手前に三条駅の歴史を感じさせるレンガの小屋がありました。

7ED56B19-FFE8-470F-9CD2-B944BE308B25.jpg


地元先生の案内で大きな金属加工工場へ行きます。
こないだまで塀の外壁に小学生の絵がたくさん飾られていたそうですが、今日行ってみたら塀のリニューアルで絵は右下の4枚に減っていました。残っていれば壮観だったかもしれないです。左下は鉄の塊です。

8C6FE58D-C71A-4139-BB0A-8C13ADB6FC0A.jpg


大きな工場です。

0EAFD91C-95F8-43BA-9ADA-9F8606D92376.jpg


たくさんの工場の間に住宅が混在しています。

420A0008-9617-48C3-A026-B6075A663917.jpg


大正昭和感にあふれた街ですが、新しいパン屋さんなんかも出来たみたいです。中も見せていただきましたが、美味しそうなパン屋さんでした。

2A10F30A-21E8-4D10-BBB8-0334B2F1BB1C.jpg


一回りして公民館に着きました。さあ、どんな作品が撮れたでしょかねぇー!

019A26F2-A829-4F53-BBF1-E0A67C13BCA1.jpg


2階の部屋で先ずはパソコンへとりこみを!冷たいお茶も用意していただいています。












nice!(57)  コメント(2) 

ランとスウィム running and swimming [スポーツ、ヘルス]

9月11日

0BE74FC4-A95A-45EE-860D-6863BC7C8D55.jpg


カルチャーセンターのランニングマシーンなどは1人連続30分で交代です。長くマシーンを独り占めさせないためです。この日は行った時ランニングマシーンがいっぱいで、最初の30分はウォーキングのマシーンに乗りました。7.2km/hとかの設定でやるとベルトが短くて怖いです。2度目の30分はランニングマシーンが空いたのでそっちに移りました。
合わせて1時間を7.1km走りました。シティーマラソン本番では1時間10km走れるといいんですけど、現状は無理です。
その後プールに移り2km泳ぎました。泳ぎはクールダウンみたいな感じで気持ちいいです。
白根に来た時あれほどの雷雨でしたが、泳ぎ終わる頃は上がっていました。
いい気持ちー!

9月12日

53896614-DDD1-47EC-90B1-20600B7D825D.jpg


この日は午前中三条で写真教室でした。
昨日と同じパターンで終わってから国道8号線で白根に来てランとスウィムです。
7.1km走り、2km泳ぎました。
筋肉に運動と言うご馳走をあげるって感覚かなぁー!筋肉は喜んでる感じ。
私の年では運動の目的は体力維持が第一です。








nice!(28)  コメント(2) 

あっちに行ったりこっちに行ったり go over here and over there [日記]

9月11日

D70C5025-1F8C-4D84-BB45-FB3FB738F223.jpg


あちこち行って忙しい日でした。
しただの家から出て、嵐南エリアのロケハン・撮影、公民館で知り合いに会って、「ステージえんがわ」に寄ったら会いにいった人に会えなかったけど別の知り合いに会えて、イオン三条店のイエローレシートキャンペーンに行って「しただ郷自然くらぶ」の活動をして、その仲間と丸亀うどんでランチ、白根カルチャーセンターと白根プールでランandスウィム、イオン白根店で買い物したらイエローレシートキャンペーンしてたのでやってた人の団体にレシート入れたり、と周りしただの家に帰る頃にはすっかり夜でした。
「ステージえんがわ」(上の左右のカット)と言うとのは三条市の町なか交流広場と言うと言うよくわかんない施設です。確かにこの時は10人ほどのお年寄りを集めて、楽しい講師さんが歌って踊ってのイベントをしていました。「ステージえんがわ」内に「スパイス研究所」と言うとカレー屋さん(?)があります。
イオン(左下)のイエローレシートキャンペーンは毎月11日、お客様からお買い上げいただいたイエローレシートを地域の各ボランティア団体のボックスに集めてその売り上げの1%を各々の団体がイオンからいただくと言うとイベントで、イオンの地域貢献活動の1つです。私たち「しただ郷自然くらぶ」も、これにより年間の事務活動費くらいは賄わせてもらっています。この日は私含め3人のメンバーで店内に立ちました。当然三条店でやってれば白根店でもやっていて、白根店ではお一人の方(子育て団体の方だったかなぁ)が頑張ってやっておられました。自分もやってきたばかりで応援したくなりますよ!
三条から白根総合公園(カルチャーセンターやプールのある。)に着く頃は雷雨の土砂降りで、しばらく車内で雨の上がるのを待つようでした。(右下)新潟は広いからちょっとの移動でも天気変わりますよ。

千葉の台風被害

そう言えば車から出れないから、5〜6年前に死んだ親友の姉さんが千葉県の横芝光町にいて、台風被害が気になるから電話してみました。全然報道されてないけど電気が通じてなくて酷い状態見たいです。たまたま太陽光発電の設備の側が携帯が通じるらしいのですが、家の方にいては繋がらないらしいです。ほとんどのところが通じないので情報が入って来ない。同じ町の山の方に友だちの実家があるのですが、そっちは繋がらないから様子わからない。洗濯出来ないから千葉市の知り合いのところまで行ってやった。冷蔵庫はダメだから食べ物も、エアコンもダメで暑い・・・・・とか、もうとっても困っているみたいです。そうこうしてるうちに、携帯の声が聞き取りにくくなってきました。大変なのにどこでどうなってるのかチンプンカンプンらしいです。頑張ってくださいとか言うしかないです。
しかし、台風の進路がちょっとでも西に外れてたらうちだってどうなってしまったことやら!

私の方は、忙しかったけど充実した日でした。

nice!(17)  コメント(0) 

嵐南エリア south area of ​​Ikarashi River [写真]

9月11日

505FE747-BDA7-4731-85B8-D90E2899FC61.jpg


五十嵐川より南の三条市旧市街地を嵐南と言うらしいです。
明日はこな辺りの公民館写真教室の2回目です。今度は前回より東側を撮ろうと言うことになって、また、その辺りをロケハンして見ました。新通川を東に遡り歩いてみます。この川は踏み切りまではバリバリの3面張りです。(下)
川をまたぐ青い水道菅の上にコヒルガオが咲いていました。(左上)
田畑のカカシがわりのトラがなぜか窓際にあるお宅がありました。(右上)

00D22189-C162-462B-8F2E-B3CE4AB00B3E.jpg


今はカワトンボの季節です。盛んに浅瀬に群れ飛んでいます。
距離があって判別出来ませんが、ハヤの類いの小魚の群れも結構泳いでいます。

F42DF713-659B-4188-9FA5-986A5551A482.jpg


川の真ん中にファンタの空き缶が落ちています。
上のカットみたいに引いて撮っても人工物は目立ちます。美観から言ってもゴミは川に捨てないようにお願いしたいものです。

82B3AB3D-6859-4F84-A579-A3E727CC1BE5.jpg


川は住宅地を流れます。電気工事中のところや、脇道の自転車のオッちゃんなんかを撮りながさらに行きます。

6794551A-8659-426F-820F-95D0FC36B36F.jpg


新通川は踏切から東は3面張りではなく自然な土手で草ボウボウです。多分昔はこんな川だったのでしょうね。辺りは田んぼが広がっていますが、この頃スーパーなどが出来さらに多くの商業施設も立ち出しました。いきなりステーキも進出して来てます。もうじきスタバの県央店が出来るとか?どうもちょいとした商業地区になる計画みたいな感じです。田んぼもだんだんと無くなるのでしょうかね。

E2DF6C0B-1466-4662-AD43-7554C0059455.jpg


実はあまり時間が無いんで、踏み切りを越した辺りから引き返します。川沿いの道をまた戻ります。
工場の古い窓の汚れ(上)、川沿いのニラの花(下)とか目についたモノを取りながら。

EFD9B4C1-7441-48A6-B8F6-4412050EB908.jpg


振り出しの公民館に戻ります。
向かいの木工所です。
三条は刃物の町ですが、刃物には柄が必要になるため木工所もたくさんあるとのことです。

nice!(53)  コメント(2) 

カボチャスープ美味しいしよー! My pumpkin soup is delicious! [クッキング・食]

9月10日

B7138069-241F-4DBB-820B-BD9A16F01A42.jpg


今日も畑です。草取りなどとです。
手前は隣の区画のエゴマ畑です。(上)
夕食にカボチャとタマネギでカボチャスープを作りました。うんめぇーっす!
大地の恵みさー。ありがてぇー


nice!(57)  コメント(2) 

シューズ忘れた! I forgot to have my shoes! [スポーツ、ヘルス]

9月9日

5CD121F2-59C7-4669-85B9-ACE1B88297BB.jpg


ランとスウィムをセットでやると気持ちいいのを先日発見して、今日も張り切って白根へ(カルチャーセンターとプールが隣り合わせなんです。)出かけました。ところが、カルチャーセンターに入ろうとしてはたとシューズを忘れたことに気づきました。まだ慣れてないから白根に行く時ジョギングシューズを車に入れる習慣がついてないんですね。まぁ単なるボケとも言えますけどね。
アベベ選手じゃないから裸足は諦め、ガックリして、スウィムだけにします。せめてキック多めに800m、トータルで2,300m泳ぎました。









nice!(16)  コメント(0) 

今日の夕食の野菜 tonight's vegetables for dinner [ファーム・モリガメ]

8月8日

6AF8CA84-39B6-4BCF-B8F7-53E7020E4E73.jpg


バスツアーのガイドで只見から戻ったばかりですが、今日の野菜を採りに畑に行きます。
畑の周りにクズの花がたくさん咲いています。花は秋の七草などと美しいとされていますが、繁殖力が強くほっておけば、どんどん広がり周りの木や草をおおいつくしてしまいます。
黄色くなりかけの熟しすぎのゴーヤーはタネごと入れてジュースにします。サトウ、ミルク、酢、水を足します。美味しいし元気回復です!









nice!(15)  コメント(0) 

歌舞伎、米焼酎、河井継之助 Kabuki, Rice Shochu and Kawai Tsugunosuke [八十里越え]

9月7日

EF79D1F6-24E1-43A3-BAEB-0160C280EF0A.jpg


今日明日の八十里越体感バスの目玉は檜枝岐歌舞伎鑑賞です。
先ずは、国道290号線、国道252年線経由で六十里越えを越えて、只見町に入ります。
田子倉ダム、田子倉湖の雄大な景色です。湖は今日も水量が多く「謎の湖中階段」は水の中でその不気味な白い姿を見せません。湖底に沈んだ田子倉集落の姿を偲ばせる唯一の遺跡です。実は集落にあった若宮八幡神社の旧階段なのです。水量が多いため今年はまだその姿を見せませんでしたが、渇水時に下の写真(田子倉ダム展望台直下の水面)の辺りに姿を出すはずなのです。

AD532B90-42E9-4FF4-AAAE-B00CCBE7A16B.jpg


ダムを降り、只見町中心部を右折して伊南川沿いに進みます。
只見町の地元米で作られる米焼酎・「ねっか」の工場見学です。数軒の米農家が集まって起こした町おこしの焼酎です。研究を重ねとても美味しい焼酎が出来ました。試飲もさせていただきその味を確かめることが出来ました。右上の社長は「ねっか」の海外展開にも燃え頑張ってます。ちなみに「ねっか」とは、”not at all” と言ったニュアンスだそうです。期間、本数限定「44(フォーリーフォー)」はその名の通り44度高級焼酎です。たまたまショップにあり社長が試飲させてくださいました。「美味しいお酒です!」お土産に1本買いもとめてしまいました。

BE4EF75B-6195-4999-BF69-25DD979800D1.jpg


トマトで有名な南郷を通ります。南郷トマトのハウスがたくさんです。バブル時期東京から矢板の友だちや会社の連中とよく南郷スキー場に来ました。懐かしいです。
左へだいくらスキー場方向に少し行ったところにある道の駅で昼食です。
その後、元の道に戻り桧枝岐村を目指します。早目に着いて、役場から歩いて桧枝岐歌舞伎の舞台などを見に行きます。立派な茅葺き屋根の舞台です。客席は古代ギリシャの円形劇場のような地形をいかした野外です。
一旦、各民宿に分かれて夕食、入浴後また徒歩で舞台に行きます。夕食にはサンショウオの天ぷらが出ました。お風呂は温泉です。桧枝岐村は全戸温泉がひかれているのだそうです。

7AFE6349-C5A3-4B90-8AED-046E75119380.jpg


開演19時には会場はぎっしりの観客です。(下)
出し物の前に元NHKアナウンサーの解説がありました。このおかげでどんな歌舞伎かがおおよそ理解できて助かりました。
先ずは舞台清めの「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」です。(上)

46F1EEB4-5704-46CB-A86D-245C0D33A5D5.jpg


次がメインの「玉藻前旭の袂 道春館の段」です。玉藻前は九尾の狐のことで終いには、その九尾の狐が那須岳の殺傷石にされてしまう話です。全体はスケールの大きなお話しですが、歌舞伎では「道春館の段」が独立して演じられるようです。

08E0C5DC-E565-4CDE-BF12-469C7D732B98.jpg


一部だけとは言え、陰陽師が出てきたり、悪者の手先が死ぬ前にいろいろ悪事を白状して善玉になりかけたりなかなか複雑なストーリーです。

080DAA0D-608A-47AC-83FB-06978CC17F00.jpg


それにしても、歌舞伎素人の私にすらレベルの高い舞台で、農民歌舞伎の域を超えているような出来栄えだと感じられます。
桧枝岐歌舞伎を見るのは2度目なのですが、今日はいつものように冷え込みません。
台風の影響のようです。年間平均気温7.7℃と言う桧枝岐村にしては珍しい暑さの日でした。

9月8日

9C5E5E8E-27AF-4DA0-9B1F-2E30B3AEF0C8.jpg


朝、桧枝岐村から元来た道を只見町へと戻ります。
南会津町に入ってすぐのところにある屏風岩に降りて見学します。(左上)

只見町に入り、塩沢の河井継之助記念館へ行きます。(左下)今日のガイドは友人のMさんです。久しぶりに聞くMさんの説明が以前にも増してキッレッキレの絶好調でした。なんか感動を覚えたほどでした。

河井継之助記念館を出て河井継之助の墓へ行きます。右上は、途中で見た只見川に流れ込む支流です。黒く見えるのは小魚の群れです。ハヤの群れですが、オイカワかウグイと思うんですけど特定できません。ともかくすごい数、川が黒くなっているんです。只見の自然の豊かさの片鱗を見た気がします。

右下は河井継之助の墓がある医王寺です。医王寺は住職の無住の寺です。Mさんの説明で初めて知ったのですが、法事や東軍慰霊祭(毎年8月半ばに行われる戊辰戦争の東軍・いわゆる賊軍死者の慰霊祭)には、遠く小千谷の慈眼寺から住職が来るのだそうです。慈眼寺は河井継之助と西軍(いわゆる官軍)の岩村精一郎との会談が決裂して、北越戦争勃発のきっかけになった事件がおきた寺です。

47783C01-2CA4-4BBE-8215-142EC8633ACD.jpg


その後、只見町中心部の旅館みな川で昼食でした。こちらのオコワが美味しいんです。
そして午後から肝心な八十里越国道289号線工事現場の見学です。
右下は8号トンネル前の工事説明です。
「ねっか」のTシャツを着ている人がいました。いいなぁ、今度買おっと!(右上)
左は4号盛り土から見る2号橋梁です。やっとここまで来ました。工事現場のゲートはすぐそこです。

「ねっか」見学、桧枝岐歌舞伎、河井継之助記念館・・・と、見もの満載のツアーでした。お客様にご満足いただけた2日間でした。










nice!(23)  コメント(2) 

ぐるり!散歩嵐南エリア a walk around the Rannan-Area! [写真]

9月5日

写真教室初日です。全4日間、撮って講評する繰り返しで進めます。皆さんの作品もこのブログで紹介したいにですが、皆さんから承諾いただいてからにします。とりあえず今日私の撮ったモノを載せます。

8B88C84D-FEF2-40D2-81A1-4B10618C125A.jpg


ほぼロケハン通り公民館→憩パーク嵐南→朝市→日吉神社→新通川→公民館と一周します。その順に載せて行きます。旧三条市市街地の五十嵐川より南のエリアを嵐南と言うらしいです。
これは公民館のアサガオです。

B22CB782-B000-4557-A3CB-069EE1DEDD32.jpg


憩パーク嵐南は小さな街中の公園です。これはそこにある遊具です。

4DC8A625-DCD7-4E09-BDC7-93BF603B4590.jpg


その公園の小さな流れにアメンボの幼虫がいます。
アメンボは表面張力で水に浮きます。

47CC967A-CE31-42A6-AF12-45310AC06763.jpg


日吉神社境内脇の人家です。住まいというより工場か乾燥室みたいな所です。びっしり材木が積まれています。

CFF40D05-38FE-406A-97F3-098D358C438E.jpg


近くの民家に覆い被さるアサガオの棚です。家がアサガオに飲み込まれそうです。

DA2C967C-D6FF-48A6-9C75-C43D68E7B29D.jpg


長靴や手袋が家の前に干されています。生活感溢れる街並みです。

22699791-9CCE-46FE-B8F8-8153806C89D5.jpg


新通川です。この辺りのエリアの下水道は未整備なんでしょうかね。住宅、工場廃水が所々から流れ込んでいます。この辺の川はバッチリ三面張です。川と言うより大きな廃水路です。

B4EB22BD-A1EF-4AAC-97D0-81E59B9BC8B3.jpg


水面を流れる泡です。

93FDC8F6-D56D-4A66-AB26-4826E47BB1D8.jpg


マコモの花が咲いています。マコモ茸のマコモです。

ボチボチ公民館へ戻って来ました。

嵐南エリアは、人、家、田んぼ、工場が渾然と混ざり合い生活感あるところです。
皆さんいい作品が撮れたみたいです。










nice!(57)  コメント(0) 
前の10件 | -
2019年08月|2019年09月 |- ブログトップ