So-net無料ブログ作成
クッキング・食 ブログトップ
前の10件 | -

高千代を手に入れました I got Takachiyo at Higasi-Sanjo! [クッキング・食]

3月25日

AD390A90-4546-466D-8416-E16AFA0CC7C2.jpg


母の歯医者に手間取ってプールに行けませんでした。夕方、三条市内で用事があるので、その前に兼ねてネットで調べておいた山重酒店に寄りました。「いい酒、いまここに 山重酒店」と自称しているくらいにいい酒を揃えているみたいです。(ネットでお取り寄せも出来るみたいですよ。)
高千代酒造の酒も扱っているとのことだったので寄りました。
高千代は巻機山山麓の造り酒屋で、私たち北八ヶ岳の山仲間が巻機山の山小屋に行った時買いに行ったところです。その頃は田舎の酒くらいにしか思って無かったのですが、今では評判の酒を造っているようです。
高千代のオーソドックスなのにしたかったのですが、手頃なのが無くていろんな兼ね合いで「おりがらみ生原酒」という変化球を買いました。「おり」は右のカットのような濁り酒成分です。どぶろくほどの濁りじゃないけど、こういうのご飯っぽくてあまり好みじゃないですけどね。
左のカットの黒っぽい四合瓶は先日朝日山酒造でゲットした、私の大好きな「朝日山 万寿盃」です。高千代を買うつもりがあったので四合瓶にしました。
来月、例の北八ヶ岳「しらびそ小屋」仲間で新穂高温泉に集まります。その時皆んなで味わうのが楽しみです。
禁酒してる私が言うのはなんですが、
酒はいいなぁー、仲間はいいなぁー!Yeah!!





nice!(44)  コメント(2) 

旭ポンズ Asahiponzu, the citrus fruity soy sauce [クッキング・食]

12月20日

AE3E519F-1896-473E-B7AD-15F8AD9687C1.jpg


午後3時半なのにこの明るさです。今日は割にいい天気なせいですね。今年の冬至は22日なので日の短さはこれからですが、冬至過ぎれば段々日は長くなります。日は長くなっても、雪も寒さもこれからですね。

812070A6-4DE7-446A-90CF-0EE8255E818B.jpg


鍋にします。湯豆腐というか水炊きです。
トウフ、ハクサイ、豚肉そしてハヤトウリにしました。ハヤトウリは結構あいます。味もないので、増量材的な感じもありますけど。
昆布出汁でいきます。
旭ポンズ、醤油、昆布出汁醤油で食べます。

FD8BE66C-BF50-46FB-932F-9A4B74F65F25.jpg


旭ポンズご存知ですか?美味しいですよー!これを使い出したらもう他の市販ポン酢は使えません。
大阪八尾のメーカーなんでこちらのスーパーでは売ってないことが多いです。(かつて松浜のキューピッドで扱っていたことがあり、嬉しかったこともありました。)大阪に行った時551とこれを買っていましたが、最近は大阪の用事が無くなってアマゾンで買ってます。(アマゾンで551は買いませんけどね。)大阪ではポン酢売り場ではなく魚売り場に売っていることがあります。ポン酢激戦区の大阪でも扱いが他のポン酢とは別格なんです。ウィキペディアに旭ポンズの項目があるんですよ。それによると関西以外ではドンキホーテで売っているとのことでした。ドンキホーテで買うよりアマゾンの方が手っ取り早いよねぇー!久しぶりにアマゾンを覗いてみたら360mlが1,300円近くでした。ネットでも700円代で買えたんだけど、随分と値上がりしてます。今はまだ以前のストックがまだあるんですが、家の在庫が切れたらアマゾンでこれを買いますね。2本セットだと1,000円ほどですしー。
また、去年までは実家のスダチが採れていたのでポン酢要らずで済みましたが、今年はスダチが不作で旭ポンズに頼っています。フレッシュなスダチがあれば旭ポンズでなくともいいんです。
ともかく、他のポン酢じゃダメです。
「旭ポンズのある時 ない時ー」マチガイ、「551のある時 ない時」でした。

なお、以前は「旭ポンズ友の会」いうファンサイトまであったのですが2012年、メーカーの旭食品さんのサイトができたのを機に閉鎖されたようです。旭ポンズ愛いっぱいの微笑ましいサイトだったんですけど惜しまれます。

nice!(99)  コメント(9) 

松浜のイクラ Matsuhama's salmon roe [クッキング・食]

12月19日

A3C7C772-AF69-4095-8252-C2A25FF8BD5C.jpg


マッツァマのイクラはウンメェれー!(松浜のイクラは美味いよー!)
これまた熱々のご飯でいただきます。これも先日漁師やってる友だちにいただいたイクラです。自分の獲ったサケの腹を裂いて作ったものです。うまいねぇー!ありがとう。
サケ、アカヒゲ、アサリ、ヤツメウナギ、イトヨ・・・。かつて松浜には美味いものがいろいろ有りましたが、海、川、人・・・が、変わりほぼもう食べられないものが増えてます。残念です。
松浜はサケの産地です。昔から松浜に鮭尽くしの料理を出す料亭があったのですが、バブルはじけてそこも無くなりました。まあ、いくつか美味しい鮭料理が食べられる割烹があり松浜の味もかろうじて存続しているようです。

ハヤトウリを今日はスパゲティーでいただきました。
トマト、ベーコン、トウガラシ、マンガンジトウガラシ、ニンニクなどで炒めてみました。
ほとんど味の無いハヤトウリなんで適当にやれば可もなく不可もなしって感じで食べられます。

nice!(38)  コメント(0) 

今晩の料理 tonight's dish [クッキング・食]

12月16日

E30530AD-2D10-4FB6-AF35-0AED824D77D9.jpg


ハヤトウリはスライスして塩揉みでしか食べるだけでしたけど、ネットに豚肉にあうって書いてあったんでチャレンジしてみました。
トウガラシ、ニンニクを先ず炒め、豚肉も入れ酒を振りかけ火を通します。一旦取り出し、ダイコン葉、ハヤトウリ、パクチーを炒めます。先ほどの豚肉らを混ぜ、ウェーパー 、ナンプラーで味付けしました。ウェーパー(味覇)とは赤い缶に入った味に覇権主義の覇です。昔々他国の覇権主義を非難していた中国は、今や覇権主義の権化です。
まあまあいけます。ハヤトウリ自体ってたいして味が無いんで、次回はもっと多めに入れようと思います。何しろダイコン葉がたくさんあるんで色々使って減らさないと!

BFB35763-6A29-48F6-A7DB-4110C626FBFB.jpg


アツアツご飯に塩っぱいアカヒゲ(シラヒゲとも言う)を乗せていただきま〜す。うめぇーけど、貴重だし塩分とりすぎにも要注意なのでちょっとだけいきます。ちょっとだけなんで、特に珍味に感じます。
松浜名物シラヒゲでーす。

A20B2822-C08E-4A4A-9F60-C3D9295730AC.jpg


これは食いモンとはちゃいまっせ!
薪割りしてた時の発見です。遠目にヤギのフンかと思ったらクサギカメムシでした。薪隙間大好きで集団越冬中でした。これはいただけません。

nice!(94)  コメント(2) 

アタンザキ Japanese Wild Blueberry [クッキング・食]

11月29日

23802C57-8B12-4FEF-AB6A-1925E7CE17A5.jpeg


先日薪割りに着てくれた友だちからいただいたアタンザキジャムをパンにのせて食べてみました。彼が近隣の山々を歩き回り採り集めたアタンザキで作った貴重なジャムです。
甘さ控え目でとても美味しかったです。

5F4DCB37-615C-4155-9F12-7CB754928C1A.jpeg


アタンザキはしただ郷あたりの方言です。しただ郷でもアタンザキとかアッタンザキとか微妙に異なった言い方をします。ナツハゼのことです。ブルーベリーに近い仲間で、熟した実は甘酸っぱくとても美味しいです。しかも目に良いと言われているブルーベリーよりも更に目に効くという人もいます。ワイルドですからねぇー!

nice!(25)  コメント(0) 

大きなハクサイ Large Chinese cabbage [クッキング・食]

11月20日

91500812-BB1E-4B92-B082-3B216BA042DB.jpg


同じ畑で3つ隣の区画の方からハクサイをいただきました。その方は、野菜作り名人な方でとても大きなハクサイです。家に帰って軒下に置いてみたら畑で見た感じより大きく見えて、1人で食べるには1ヶ月はかかりそうです。まだ全然小さいけど自分でも作ってるので、この冬のハクサイは充分間に合いそうです。

そろそろ雪が来そうで心配です。

タグ: ハクサイ
nice!(68)  コメント(4) 

とんかつ大和 pork cutlet shop in Kanda [クッキング・食]

11月13日

70C6E2A5-1CF7-42E2-AF12-5A547B71DACD.jpg


神田鍛冶町にある豚カツ屋さんです。
神田司町に同じ「とんかつ大和」と言う店があり、よくランチに通いました。濃い新潟訛りのおかみさんだったので聞いたら、やはり新潟は大和出身の方でした。競馬好きの群馬出身のダンナさんとお二人でやってる小さなトンカツ屋さんでしたが、15年ほど突然店じまいしてしまいました。再開発かなんかで辞めたのかなぁー!なんて思っていました。
偶然、神田鍛冶町にも同名の店があると言うことで訪ねてみたのです。
昼時で忙しいので詳しいことは聞けなかったのですが、「とんかつ大和」は当時、神田に4店ある系列の店で鍛冶町のこの店が本店だったそうです。大きさもよく似た店ですが、こちらは3人でやってるのでまあ少し規模が大きいかなぁ?司町の店はダンナさんが交通事故で亡くなり閉店されたのだそうでした。そういえば突然の店じまいで妙な気もしたものでした。
お年も結構いってたので店を売って、田舎でノンビリされてるのかなあと勝手に想像してた面もあったのですが、残念なことでした。また、そうじゃ無くてひょっとして鍛冶町あのおかみさんに会えないかと半ば期待して来てみた面もありました!当時神田で新潟訛りが懐かしかったんですけどね。まあ今は新潟で自分が新潟弁喋ってるからそれはそんなに懐かしくもないことですけどね。
知り合いや、親しい人が次々に亡くなってゆくことは寂しいことです。


nice!(63)  コメント(3) 

ハヤトウリ料理 chayote dish [クッキング・食]

11月12日

047661E6-F9A4-48A2-96A7-D3266E40B4CE.jpg


ハヤトウリがやっと大きくなり始めたので、朝食で食べてみました。
ハヤトウリ自体はたいして味のあるものでは無くさっぱりしたものです。
上はスライスを塩もみしただけです。
下はオリーブオイルで炒めナンプラー、塩コブ、コショウをかけただけです。味がないから適当に手近なモノを思いつきでやってもそれなりに出来る感じです。

nice!(19)  コメント(0) 

大きな湖の、小さな思い出 small memory of the big lake [クッキング・食]

10月5日

677FDFB3-ACD4-4933-BA26-CD0CFBE78C8D.jpg


先日ボートの試合で行った琵琶湖畔で自分のお土産に買った佃煮が、チビチビ食べてたけどついに食べ切ります。
表書きをたいしてよく見てなかったんですが、「小あゆ」、「もろこ」、ん?「うろり」とあります。
「小あゆ」、「もろこ」まで見て、その後の「うろり」を見過ごしていました。下のカットは食べ切った琵琶湖特産佃煮のパッケージです。小アユは琵琶湖から養殖種苗として全国に出荷されているし、ホンモロコは琵琶湖特産の高級魚ですね。

何やの?「うろり」って読むん?食べ終わる頃になって「うろり」に気づくなんて残念!
うえのカットが「うろり」です。もう食べちゃってこれしか残ってないです。
真ん中のはアミみたいなもんの佃煮かと思ってよく見ずに食べていました。細かくてよくよく見ないと正体がわからないんです。
聞いたことないし書き違いかと思い、念のためググってみました。「うろり」= ゴリ若しくはビワヨシノボリ若しくはオウミヨシノボリの幼魚とあります。ビワヨシノボリとオウミヨシノボリとはヨシノボリの分類上の混迷のせいみたいです。ビワヨシノボリは「環境省レッドデータブック」に記載ともありました。ゴリはヨシノボリ若しくはハゼ科の魚に対する呼び名らしいです。
いずれにしろ「うろり」は琵琶湖畔の人たちにはポピュラーな魚のようです。

佃煮になっちゃうとほぼチリメンジャコの佃煮みたいな感じです。美味しいですよ!あぁチリメンジャコっていうのは関東などではしらす干しっていうんですかね?カタクチイワシなどの幼魚です。
ともかく琵琶湖特産の魚です。
次回琵琶湖に行ったらまた「うろり」の佃煮を探しましょう!

nice!(70)  コメント(2) 

しただのトマトと只見の焼酎 Shitada's Tomato and Tadami's Shochu [クッキング・食]

8月14日

BAA9AD28-9A15-48EA-B621-9BD2687C24B5.jpeg


今年の夏はトマト以外は雨不足でうまく出来ていません。トマトだけはいっぱいあり過ぎるので、バジルと塩で炒めてペースト状にしたものをたくさん作りました。
今晩は、そのトマトペーストにオクラ、青トウガラシを加えスパゲティにして食べました。

ビールは飽きたので、いただき物の「ねっか」という只見町の焼酎の封を切りました。只見のお米で只見の蒸溜所で作った20度の焼酎です。優しい味わいのある焼酎です。只見の人の優しさが伝わってくる感じ!
「ねっかさすけねぇー」と言うと会津では、「ナンクルナイサー」みたいな意味らしいけど、「うーめねっか」と言えば美味いでねーのみたいな感じー。アー!いい感じの酔いだねっか!

しただでは禁酒中です。今晩は新潟の実家です。美味しい酒をチョッとだけ。
今日はいい酒が飲めました。ありがとう!

nice!(48)  コメント(0) 
前の10件 | - クッキング・食 ブログトップ