So-net無料ブログ作成
しただ郷自然くらぶ ブログトップ
前の10件 | -

吉ヶ平自然環境調査 2019.06.09 Yoshigahira Natural Environment Survey [しただ郷自然くらぶ]

6月9日

E3109612-CB75-42E0-BDF8-7261E7201A58.jpeg


今日は吉ヶ平自然環境調査の日です。
9時に道の駅集合です。「しただ郷自然くらぶ」(自然くらぶ)以外の一般の方にもご参加いただきます。

FFC44D05-F2E8-432A-8280-182D1D8E3412.jpg


上のエリアを調査します。
基本的に各エリアを通るルートを歩きながらの調査です。


a ゲートから進入路エリア
A3C0C787-E5E9-4B72-A65B-DBBA6160D4CC.jpeg


今日はこのエリアだけは、車で目に付いた場所で降りて観察しました。
上は雪の残る場所です。お父さんと参加してくれた小3のお子さんは、とてもしっかりして礼儀正しく気持ちのいい子でした。下はクジャクシダです。シダ類も多く緑豊かな爽やかな道です。

観察データ(観察順)
ニホンザル(子ザル)、コシジシモツケ、クジャクシダ、トリアシショウマ、ノアザミ、チシマザサ、クサソテツ、ヒメシダ、ヤマドリゼンマイ

c 吉ヶ平山荘エリア 1
03C7B4ED-8C18-4EB2-AC6C-E81962C16270.jpeg


吉ヶ平山荘から八十里越方向に行きます。

アカネです。
左上はアカネの根で、染色に使う部位です。
標本用に採集する参加者の方です。怪しい人ではありません。植物のお勉強中!とても熱心な方でした。

A7933E0D-AB79-4E47-941D-A1334354F020.jpeg


ウスバシロチョウです。ハナニガナに止まっています。きれいな個体であまり動かないので羽化したてのようでした。
高山チョウじゃないですが北方系のチョウなので、低地にはいません。ヨーロッパや天山山脈にいるアポロチョウと同じ仲間です。しただ郷でも八木ヶ鼻より下では見られるところは少ないです。

893CE9F4-F240-4C2F-8ACA-AE6D7D7AA2F5.jpg


トホシテントウを小3の子供さんが発見です。

548ECF96-CCBD-4EC4-B482-FB3FEAB88254.jpeg


オニグルミの雌花です。受粉前は柱頭が鮮やかな赤です。

観察データ(観察順)
ハナニガナ、オオイタドリ、マムシグサ、シシウド、ウスバシロチョウ、モンシロチョウ、スジグロチョウ、トチノキ、ケアブラチャン、ケキツネノボタン、イブキヒメギス、トホシテントウ、アカネ、ツリバナ、ウワバミソウ、イヌガンソク、カメバヒキオコシ、ミズヒキ、コシノチャルメルソウ、ネコノメソウ、オククルマムグラ、ツクバネソウ、ウバユリ、ノブキ、サカゲイノデ、ヒロハテンナンショウ、イカル、ウグイス、フデリンドウ、オニグルミ、サワグルミ、ミズキ、オニドコロ、ウチワトコロ、カントウマユミ

e 雨生池エリア
63805E87-C5FD-4A0F-890D-A6C3296B299E.jpeg


馬場跡の標識で左に分かれて、八十里越への道へ行かずに雨生池に向かいます。

ギンリョウソウ(右上、右下)、湖畔のコケが生えたブナを這う大きなヤマナメクジ(左)です。

02F458E2-5787-4B94-BCEF-BAE8EAD8FB65.jpeg


雨生池湖畔で一休みです。今日はここまでです。

D5B3F357-25C3-463B-B27D-42A52A348D3D.jpeg


手前側は若いオオバクロモジがたくさんありました。

観察データ(観察順)
ホウチャクソウ、コシアブラ、サワフタギ、 マムシグサ、ヤマドリ(羽音)、ホトトギス、ギンリョウソウ、オオバクロモジ、ブナ、ヤマナメクジ、オオナルコユリ、ミヤマナルコユリ、クマイチゴ、イヌガンソク、サカゲイノデ

c' 吉ヶ平山荘エリア 2
EC3ED3A3-FD23-4857-9DBB-2FB43D803DC9.jpeg


一旦吉ヶ平山荘に戻ってから昼食後、守門川左岸を上ります。
いつもなら雨生池から戻ればもう終わりですが、今回調査もあるし、お客様もいることですから頑張ってます。
今回、お客様にとても植物に詳しい方がいてとても助かります。

6F50B9E3-C23C-4EA5-9C32-C8793C269C66.jpeg


ミズタビラコの花です。キュウリグサやミズタビタコの花序はさそり型花序と言って花軸の先が螺旋に巻いています。その螺旋が外の方から解けながら順に咲いてゆきます。

観察データ(観察順)
サワアザミ、ナンブアザミ、ケナシヤブデマリ、サワグルミ、コウヤワラビ、ミズタビラコ、オニタビラコ、オオヨシキリ、ボタンズル

d 大池エリア
1A4F9C99-836F-4677-BF8D-C7D08D20CEAD.jpeg


守門川沿いの道を右に分かれて大池に向かいます。

大池の周りは湿原になっているので踏みこむのに気を使います。心苦しいです。付いている踏み跡を最小限に辿ります。(下)大池に来る人はあまりいなかったのですが、今日は2組に会いました。来る人が増えると貴重な湿原が荒れるのが心配です。池沿いに白いカキツバタの花が咲いています。残念ながらミツガシワの花は終わって実が付いていました。

843250BC-7478-4A0E-BBF1-55D2506D312F.jpeg


雨生池の名に因んでアマゴイルリトンボと名付けられた貴重種のトンボですが、大池の方にはるかに多く生息しています。毎年見ていますがこちらの方がアマゴイルリトンボの分布の中心と思われます。その意味でも大池の湿原は貴重な環境です。
これはアマゴイルリトンボのオスです。今日はメスを見かけませんでした。
下はウンカのような虫を捕食しています。

1C5B54E5-5513-4F49-861B-46BED1EA22E6.jpeg


大池への道にサワフタギの白い花が咲いています。(下)サワフタギにお約束のシロホタルガの幼虫がいました。(左上)嬉しくなっちゃいます。サワフタギがシロホタルガの食草です。まあ、モンシロチョウとキャベツみたいな関係?この幼虫は毒を持っているんで触らない方がいいです。
右上はカメバヒキオコシです。亀っぽい形の葉っぱです。カメバヒキオコシは、ずーっと八十里越の道沿いに生えている草です。

観察データ(観察順)
オニグルミ、サワフタギ、シロホタルガ、チゴユリ、オオナルコユリ、アカショウビン、アマゴイルリトンボ、ミツガシワ、サギスゲ、カサスゲ、カキツバタ、カメバヒキオコシ、ノジコ

植物好きのお客様が揃い、皆さんに楽しんでいただける調査でした。そして美味しい昼食を用意してくださったスタッフにも感謝です。スタッフは横浜支部、群馬支部からも集まってくれました。
吉ヶ平サイコー!ありがとう。

今年は吉ヶ平の調査です。まだまだ続きますから皆さんよろしくですよー。




ジョンとヨーコの映像に涙が出るよー!
皆んな若くて幸せだった頃。






nice!(41)  コメント(2) 

1回目吉ヶ平自然調査 1st Yoshigahira Nature Survey [しただ郷自然くらぶ]

4月29日

B7959EB0-7020-4818-8876-5AE959113358.jpg


上は高城直下の五十嵐川です。
これを遡り、キャンプ場上の駒出川沿いに傳七茶屋があります。ここで待ち合わせです。「しただ郷自然くらぶ」横浜支部のキュウチャン(イヌ)も待ち構えています。(左下)2階のレジ脇のネコチャンたちにいつも目をうばわれます。(右下)皆んなが集まり吉ヶ平に向かいます。今日が1回目の吉ヶ平自然調査です。

74942980-7BD7-456A-827E-E132AE39328C.jpg


ゲート内から調査開始です。吉ヶ平山荘までが1つのエリアです。
ピンクの強いショウジョバカマの群落があります。キクザキイチゲがあちこちにあります。この谷は青紫の濃い花が特徴的です。エンレイソウ(右上)、トリアシショウマも見られます。

6C1172EC-6974-450F-83F8-56FB7961BDF8.jpg


下2点はエゾエンゴサクでこれもそこここにあります。左下はコゴミの隣で咲いています。エゾエンゴサクはウスバシロチョウの食草のひとつです。
上はオオヤマザクラで、守門川を左に渡る橋手前の地滑り地帯の上に咲いています。右に行く道が通行止めになっているところにあるです。
ここで守門川を渡れば右岸を少し行って吉ヶ平山荘です。

D9030588-BA53-43D2-9612-71A9D67BC071.jpg


吉ヶ平山荘にちょっとたち寄ってから、守門川右岸を上ります。川の反対側に網張岳が望めます。斜面にオオヤマザクラのピンクが見られます。(上)右岸は日当たりよくてアブラチャンの黄色い花が咲いています。並木のようにアブラチャンが生えています。(左下、中下)道は森に入り、エンレイソウを見かけます。(右下)源仲綱の墓と言われている地点近くで、キビタキを見かけました。

DAE460FB-3ED9-429C-ADAF-3D9C5BADC472.jpg


森を抜けひらけた場所に出ます。馬場跡と言われているところです。ここはかつて田んぼがあった場所です。ここは、左へ行けば雨生池、右に行くと会津へと向かう八十里越の道になる分岐点です。広く明るいここで軽くランチです。
雨生池に行こうかと思いましたが遅くなるので、ここで引き返します。(右上)

C3DA0981-6E78-475A-BA05-B61CAF219B05.jpg


守門川を渡り山荘手前から左に、大池方向へと向かいます。
すぐの沢にコシノチャルメルソウが見られます。(右)コゴミ(左2番目)、ミヤマカタバミ(左4番目)などを見て、右に入る大池への道標に着きます。この道標の脇にもキクザキイチゲが咲いています。(左上)
ここから入った森でサンショウムシクイ、アオゲラの声を聞きました。

0B472312-6774-4399-ADE4-E968B58E0AB2.jpg


大池に出ます。カワウがいます。(下)
対岸の斜面にオオヤマザクラが咲いています。(上)

97F184AA-17FC-4800-8DF4-9302F902549A.jpg


森の中に残る雪で遊んだりしてから(左上)、吉ヶ平山荘へ戻ります。
山荘の周りに雪は全くありません。(右上、下)

2ED8D2C8-8125-4FE0-A750-1E54F6F35F7F.jpg


ゲートへ向けて帰路につきます。
左の崖から浸み出している水の周りに、ユリワサビ(左上、下)やヨゴレネコノメ(右上)が生えています。
ユリワサビはオオユリワサビの可能性がありますが、チョッとわかりません。後日確認します。
ま、そんなとこでゲートを出れば調査終了です。

491CE29C-31C5-4DA7-90FD-9D0BA7A1380F.jpg


一旦解散し、6時に傳七茶屋へ再結集です。
家に帰ってチョッと寝ました。なんか疲れたっす。
調査隊 + 夜から参加メンバーで、横浜支部歓迎会です。「しただ郷自然くらぶ」バンザーイ!



それにしても、ここのオーナーさんは超オーディオマニアです。手まわし蓄音機なるものも収拾したようです。これは電気を使わずに出す音です。SPレコードの溝から起こる針の振動を、機械的に増幅させて出した音です。超アナログ?アコースティック?

nice!(48)  コメント(2) 

イエロー・レシート・キャンペーン Yellow Receipt Campaign [しただ郷自然くらぶ]

4月11日

95C580DD-4C02-4453-A610-C3CDEB576315.jpeg


三条市内に行きました。
イオン三条店に行く前に東三条駅前の山重酒店に寄り、「高千代」純米酒をゲットしました。今晩会う友だちと飲むためです。

A31753DB-FBBF-412E-BE7B-20CD1038781C.jpeg


イオンの地域のボランティア団体支援活動である「イエロー・レシート・キャンペーン」の授賞式に参加するために「しただ郷自然くらぶ」の仲間と行きました。昨年の活動分の金額に相当する品物を受け取らせていただきました。
授賞式後、せっかく行ったので、店内でキャンペーン活動もしてきました。(下 このカットは一緒に行った仲間に撮ってもらったものです。)

私たち「しただ郷自然くらぶ」の場合、ほぼ年間の事務消耗品費が賄えるので助かります。ありがとう!


nice!(28)  コメント(1) 

お酒日和 good weather for drink Sake [しただ郷自然くらぶ]

3月23日

5AA1C092-9C45-42D6-ACF5-69859F76251F.jpeg


温かい日が続き雪も溶けたんですが、今朝はやけに冷え込み雪が降り出しています。
こんな日はキュッと一杯行きたいですね!

57E08D06-D75C-4326-985A-510C65F14419.jpeg


だからこのオッチャンと朝日酒造(長岡市朝日)にやって来たわけじゃありません。(左下 「あさひ山蛍庵」)「サクラダイのアサツキ丼」美味しかったぁー。
大好きな「朝日山 萬寿盃」を買いにやって来たわけでもありません。(左中 「酒楽の里あさひ山」)買ったけどー!(4月に山仲間と奥飛騨漫遊ツアーの予定だもんでぇー。手土産にぃー。スミマセン)
まして、工場見学に来たわけでもありませんし(左上)、「うーむむむ!720ml 40,000円(税抜)」の「継(つぐ)」(右の上下)の瓶を見て感心している場合でもなんです。〜〜〜「継」は、全世界で2500本限定発売、新潟産越淡麗100%、受注生産のお酒です。(《ブランドサイト》 https://tsugu-asahi-shuzo.jp )

DDD76200-9210-41DE-8AAF-1E0027F1D26A.jpeg


じゃあ、何しに?
ハイ!重要な使命でやんす。
「こしじ水と緑の会・朝日酒造自然保護助成金 選考結果報告会」に来たんです。
ということで、採択内容の発表会です。私たち「しただ郷自然くらぶ」では、今回「吉ヶ平自然環境調査」を行います。その発表です。緊張しまくりー。(右上)
残念!ただでさえ少ない後頭部のヘアが、被ってた帽子のせいでケバだってることです。(下)
それにしても採択ありがとうございました。他の採択された団体さん、個人さんの活動予定内容もユニークなものでした。ハイ!私たちも頑張ります。

まあ。報告会はともかく、その後の交流会が美味しかったっす。やはり、朝日酒造さんなだけに「お酒日和」でした。

てなことで今年は「自然くらぶ」ー、吉ヶ平調査に張り切って取り組みましょねぇー!



nice!(95)  コメント(7) 

棚田でスノーシュー2019 snowshoe at the rice terrace [しただ郷自然くらぶ]

3月3日

5A5609C0-7DB9-4E41-995B-56AFDD726DA3.jpg


今日はスノーシューツアー本番です。晴れました。
2月26日の下見の時よりさらに雪は減っています。例年にない雪の少なさですが、いつにない棚田の雪形が見れて面白いです。
棚田上部の東屋まで除雪されていてスノーシューは、そこから上大久保の清水まで履きました。

44FFCF3E-9C6F-40CB-BB24-6B574123C07E.jpg


森を歩きます。スノーシューを履いて歩き回るだけで楽しいね!ってお客様にも言ってもらえました。確かにそうなんです。ハードな山歩きもいいけど、ノンビリ喋りながら歩くのが楽しいです。

51A7C203-FC1F-4723-B76D-DA75CAD91593.jpg


周りの自然を見る余裕もありますからね。これが「しただ郷自然くらぶ」スタイルです。
左はキハダの冬芽、右上は大久保の清水、右中はノウサギのフン 、右下は咲き始めたショウジョバカマです。

009E91D3-AAA9-4D6F-A628-C1B16B3C43F0.jpg


森から戻り東屋で茶ーします。この棚田カフェも楽しみの一つです。
抹茶クッキーが甘さが上品で美味しかったです。(中)群馬県から駆けつけくれたメンバーの差し入れですが、彼女からいっぱい美味しいものを提供いただきありがたかったです。棚田で飲むコーヒーも美味かったよ。
帰り道はますます晴れわたり暖かです。

9965E3FB-801F-4963-B559-F57AA5248A35.jpg


集会所の駐車場で解散し、スタッフだけで久しぶりに駒出川沿いの古民家カフェ・傳七茶屋に行きます。
締めはカレー、コーヒーセットです。今日は何杯コーヒー飲んだことやら。

ここのご主人オーディオ好き(マニア)で、店内に新しい大きなスピーカーが設置されていました。
最近はオーディオ好きなお客様もポツポツと訪れて来られてるみたいで、皆さんゆったり音楽を楽しんでおられます。

私たちも久しぶりの仲間同志ノンビリ出来ました。ありがとう!





nice!(87)  コメント(6) 

スノーシューツアーの下見 preliminary walk for snowshoeing tour [しただ郷自然くらぶ]

2月26日

879E49E2-00C9-4030-B96F-31B2B6FEBF9C.jpg


「しただ郷自然くらぶ」が、粟ヶ岳の麓、北五百川の棚田で3月3日にスノーシューツアーを行います。
「大久保の清水」は全国棚田百選の一つです。

44BB1850-167C-45F1-A014-70C120E11917.jpg


その下見に今日「しただ郷自然くらぶ」の仲間3人で現場の下見に行きました。
途中から粟ヶ岳もよく見える様になり気持ちよく歩けました。

C036D468-CE8A-451D-85A8-F0002D77902F.jpg


今年は例年になく小雪で棚田に所々の雪が溶けて地肌が出ています。いつもの様な白一色ではなくて、それが雪形になり、いろんな形を見ながら行くのも楽しみです。

56D73F94-327C-418B-99CD-1C501158F3A4.jpg


棚田頂上の東屋に寄り、ブルーシートを外したり、ベンチを組み立てたりします。

さらにその奥の森に入り、棚田の水源である「大久保の清水」を目指します。
守門岳、粟ヶ岳を擁するしただ郷にはそこここにきれいな清水が有ります。「大久保の清水」は粟ヶ岳の豊富な伏流水が湧き出していて、その水の一部が棚田の水源となっています。
昨年10月に「大久保の清水」は新潟県の名水の一つとして認定されました。水量の豊富さ、水道水以上の水の純度、年間9.7℃の清冽な水温・・・により認められたものです。

51CAE87A-A151-4643-BC52-6862D0F5A2ED.jpg


粟ヶ岳山麓の深い森も「大久保の清水」を育くむ豊かな自然です。
ブナなどいろんな木々が有り多様性に富んでいます。スノーシューツアーの楽しみの一つは木々により異なる冬芽の観察もあります。小さなものですが、それぞれにかわいい表情を持っています。

これはキハダの冬芽と葉痕です。

0C2466E1-0969-4487-ABFF-E81477C7B125.jpg


これはタラノキ(タラの芽)です。まだ硬く小さな冬芽状態ですが春本番になれば美味しい山菜です。



棚田の辺り流れにフキノトウが芽を出していました。この流れも「大久保の清水」から来ています。雪解け水とあいまって春の流れは勢いを増しています。

185820D7-2875-4BD7-8D42-C888F025CF8E.jpg


私には今年最初のスノーシューですが、奥山に行かない限りもうスノーシューシーズンも終わりです。久しぶりの軽い山歩きでと久しぶりの仲間で季節を堪能出来ました。ありがとう!清々しい気分です。雪解けはすすんでいますが棚田にはまだ充分雪はあります。3月3日スノーシューツアー本番にはいつもの年よりすすんだ春を楽しみながらのツアーになるでしょう!


nice!(91)  コメント(5) 

イエローレシートキャンペーン Yellow Receipt Campaign [しただ郷自然くらぶ]

1月11日

6387CF77-9300-4B6A-87C4-0A38B0B29F70.jpg


友だちが帰り、一人になって拍子抜けしてましたら、ウッカリ今日の用事を忘れるところでした。
11時に三条中心部にあるイオン三条店に行かねばなりません。大慌てで出かけます。

イオンのイエローレシートキャンペーンに出る予定だったのです。まあ、時間的には楽々予定に間に合い、タスキをかけてレジの裏に立ちます。

イエローレシートキャンペーンとは、イオンのサイトの説明では、
[毎月11日の「イオン・デー」に、実施している「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客様がレジ精算時に受け取った黄色いレシートを地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXに投函していただくことで、レシート合計の1%分の品物をイオンが各団体に寄贈する取り組みです。]
となります。
そのボランティア団体の一つが私たち「しただ郷自然くらぶ」ということです。今日はそのためにレジに並んでお客様に協力をお願いするんです。「しただ郷自然くらぶ」の事務局と2人で立って頑張、まあそこそこの量のレシートをいただけました。結構このキャンペーンでいただける金額で私たちの活動も助けていただけるので助かっています。お客様ありがとうございました。
あーよかった!

nice!(26)  コメント(1) 

高城植物勉強会 Takajou's plants study meeting [しただ郷自然くらぶ]

10月14日

E318814F-D7D4-4834-A910-23B75FF924B4.jpeg


「しただ郷自然くらぶ」の久しぶりの勉強会です。この頃高城のイベントが少なく、高城の植物のことを忘れかけています。再度勉強会をうちわで行います。今日の先生役は植物に詳しい群馬県に引っ越した私たちのメンバーさんにお願いしました。久しぶりに彼女に会えるという目的もあります。
天気よく八十里越え方向の山もきれいに見渡せます。(上)

6B707242-27A1-47FC-8F0F-37E9A141620F.jpeg


アオツヅラフジを見つけました。つるをつるカゴの素材に使ったりします。名前もよく似たオオツヅラフジで葛籠(つづら)を編んだことに由来しています。また、実の中の種がアンモナイトの殻みたいなのも面白いです。青い実は、美味しそうですが有毒です。

6004C99D-6746-41EF-BDDA-B8E3569E10D3.jpeg


ナナカマド(左上)やナツハゼ(右上)の実が目立ちます。オオカメノキも紅葉しています。(下)

EA954CD1-D0BA-43EA-A778-C89A7F7B2910.jpeg


ヤナギタデを見つけました。アユを食べるにはこのタデで作るタデ酢がいいでしょう。葉を齧るとピリッと辛い味です。蓼食う虫も好き好きのタデっす。

2FE7C30E-579C-4337-9227-80C080157703.jpeg


フワフワ独特の飛び方の大きなチョウがいました。アサギマダラです。海を渡るチョウで有名で、省エネ飛行が長距離飛行の秘訣です。違う場所で3頭見かけました。八木ヶ鼻〜高城の尾根でよく見かけます。上昇気流をつかまえて飛んでくるのでしょう。地形をうまく使って移動しているようです。

2AA06B6D-9262-4B1B-90D2-11E7A0D252C0.jpeg


イナゴの幼虫が枝先の目立つところで死んでいます。トゲに刺されているわけでもないのですが、同じように2ヶ所で見かけたのでモズのハヤニエかもしれません。

4D2914FF-4A80-43FD-A754-D3A7E4223F12.jpeg


高城を下りて、いい湯らていです。ここに部屋を予約してランチ、勉強会、温泉、お喋りです。
久しぶりの仲間で楽しく過ごせてよかったですよー!

nice!(29)  コメント(0) 

歓迎!横浜支部 welcome! Yokohama branch [しただ郷自然くらぶ]

9月23日

5FFE9C34-8822-4DCE-83CE-F4C9E42B8001.jpeg


横浜から「しただ郷自然くらぶ」の会員ご夫婦が埼玉の友人家族と吉ヶ平へ来ました。横浜にいるので彼らは自然くらぶの「横浜支部」です。
私は日中八十里越体感バスのガイドでしたから、夜からの参加です。
埼玉ファミリーも今年3月スノーシューイベントに参加して以来です。その時、吉ヶ平で釣り!と約束したので子供たちが楽しみにやって来ました。
長男さんは大物3匹ゲットしたので、病みつきになるかも!

E28E5382-026C-4BCD-88A2-A219B25AA400.jpeg


外でバーベキュー!大人は酒盛りビールも美味かったけど、しただの焼酎・「五輪峠」が美味かったぁー!「五輪峠」はしただの地域おこし協力隊などが作っているしただのサツマイモのいも焼酎です。

今日は13夜くらいの月です。月の右手に火星(上の写真右端)も出てます。

9343AEA4-332C-4653-9C5C-BFA84E839491.jpeg


子供たち、灯りを回したり、生首したりと吉ヶ平の夜を楽しんでいます。
ドラム缶の露天風呂も入りました。

73085954-464C-45CB-ACC2-8E5AEAEAF455.jpeg


翌朝は大池までお散歩です。
九ちゃん(ワンコ)は、昨日滑って川にハマりショックを受けたようです。どうも水が嫌いになったような。

455CA530-84D7-45BD-A110-4FBC26025114.jpeg


途中の森でツルニンジン(ジイソブ)を2株見つけました。

8448CDD6-56CA-4DEC-9C72-49AFA72464F4.jpeg


ツリフネソウも盛りです。キツリフネもありました。

49D92185-F089-4DD8-9803-B0D47972D295.jpeg


緑豊かな大池です。
対岸にカイツブリが泳いでいますが、遠過ぎます。奥の森でサルの声がして九ちゃんが反応します。

と言った具合で大人も子供も吉ヶ平の自然をエンジョイ出来ました。また来てね。

nice!(80)  コメント(4) 

棚田ハイキング hiking to the rice terraces [しただ郷自然くらぶ]

6月18日

8BC3A76A-D25C-4F02-B9FD-61EB8F193F1A.jpg


今日は棚田へのハイキングのガイドをする日です。
朝からスッキリ晴れましたが、冷え込んだ朝です。チョッとだけ薪ストーブを焚きました。前線なんか以来涼しい日が続いています。薪ストーブを焚いたのは今日で3日だけです。

ADC96913-4335-4DC9-A03F-6F3A31234D6C.jpg


NSTという新潟の地方テレビ局主催のキャンプイベントです。
キャンプ会場はリバーパークという、八木ヶ鼻真向かいの、五十嵐川、守門川と駒出川合流地点です。
私たちはここから北五百川棚田までのハイキングをガイドします。時間があれば目の前の八木ヶ鼻へ行きたいところですが、参加者に小さい子も多いこともあり無理せず棚田コースにしました。

53217366-FA69-4AA9-8A3F-D761F0D49CF8.jpg


16家族、50人ほどの大人数です。
やや色づき始めた棚田は美しく、晴れている割に気温も低いのでちょうどいいウオーキングでした。

4518CA74-9405-471A-826C-04458990C2BB.jpg


ガイドを終え、皆んなで奥の笠堀方向にある「よねくら」というラーメン屋さんに行きました。山奥の一軒家なのですが、ここは美味しいので何時もはやっています。

その後、午後は畑に行き久しぶりの農作業です。日差しは強いけど暑くないので助かります。
キュウリの苗を植えました。

nice!(31)  コメント(0) 
前の10件 | - しただ郷自然くらぶ ブログトップ