So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

海へ少し走る run a bit to the sea [松浜]

11月4日

8C02D620-4083-4BA1-B28F-DE0DF6EB7314.jpg


時間があまり無いけど、少しだけ海の方に走って来ます。1時間チョッとくらいです。
ツタは家を出る時に撮りました。
枯れ草は近所の市営住宅の跡地です。

CDFE5FDE-4CE7-41E8-91C2-C7FDFC2A893E.jpg


赤いバラが青空にきれいです。

0E150FBB-4E79-4F87-9939-869C1B305FC6.jpg


新井郷川の対岸には三菱ガス化学の工場があります。

9F790125-27F9-4788-8D48-B9C48B5C50BA.jpg


10分ほどで海に着きました。

0C4AF3DE-50BB-4DB1-ADD8-01ADB342470B.jpg


砂浜に釣り人がいます。

2544A911-8B4D-4C1D-B4D4-8DD4BD50788F.jpg


海岸植物の生える丘を越えると「松浜の池」と呼ばれている池があります。

E579EFCC-C44E-4CBA-8AC2-7BEB395C8BE0.jpg


砂山にウンランが咲いていました。(下)
「松浜の池」にアシの穂が光っています。(上)

CE6672B1-1206-4E9F-BCE7-3AF790A3E119.jpg


飛行機が着陸態勢にはいります。(上)阿賀野川対岸の新潟飛行場に下ります。
「松浜の池」にカモの群れがいます。冬が近づきカモも数や種類が増えています。

2126BA4E-67DA-45B5-8C4C-0C327A5E34EC.jpg


下は遠くてよくわかりませんが、ヒドリガモのようです。

3852483E-D4A2-4BF0-B734-9E5072BB184E.jpg


池を回り込んで灯台からハマの集落に入ります。(下)
20分ほどで帰りつかねばなりません。近道で帰ります。
中学の前に紅葉したハゼノキ(上)が植わっている家がありました。我が家にもありますが、ハゼノキは温暖な地域のものですから、この辺りの自生のものもでは無いですね。

大急ぎで2kmほど走って少し汗をかきました。

nice!(36)  コメント(0) 

お寺ヨガ 20180827 Yoga at a temple [松浜]

8月27日



例によって先ずはお経からです。今日はお盆についてのありがた〜いお話も!

698D5BF3-6964-43BA-B821-F668FCF948A0.jpeg


今日のテーマは腰痛です。私は腰痛持ちなんでありがたいです。
あまり無理しないように安全第一に気をつけてくださいます。いろいろ先生の体やヨガについてのお話も勉強になります。
ちょと体はきついけど、自分の体の固さもわかります。ヨガには自分の体のことがわかる効能もある気がします。
終わった後はいつもスッキリした気分になれます。だんだん病みつきになりそうです。



タグ:腰痛 お盆 お経
nice!(42)  コメント(4) 

松浜の海と港 sea and port of Matsuhama [松浜]

8月7日

4FC0F8DD-39E1-4267-BC70-9889B8BA3E1A.jpeg


午後から新井郷川を下って海に向かいます。雨が降らないからササまで枯れちゃっています。(上)
新潟の海にに今あまりカモメはいません。どこかに出払っているようです。(下)

AF6AFE1D-2499-43CD-9A85-2DE5116993E8.jpeg


北のほうに風力発電所が増えてきました。胎内辺りです。(上)粟島も見えます。軽く浮島現象も見れます。(左下)

F7B2301A-4C48-4CE4-8AA6-040D16E62D52.jpeg


浜の家々を通って港の方に歩きます。イヌやらネコやらと出会います。

68131EE5-CE7C-4E4C-8A24-5C73776F7779.jpeg


新潟飛行場の飛行コースに入ってきます。

2DF730F6-59E8-4FB2-8B5A-027485404CFF.jpeg


ヘリコプターも飛んでいます。
これらも故郷の景色の一部なんです。

E5E9AD45-B287-40C6-A59F-924E7FE58B13.jpeg


松浜の池もしくはヒョウタン池です。要は正式名称の無い池で、阿賀野川の流れとともに漂流する池でした。ヒシが水面を覆い(右下)、珍しいオニバス(左下)や珍しいトンボが生息しています。豊かだった松浜の自然の名残です。

BE9D3177-F212-4D21-B59E-6BE68E07C2BF.jpeg


今、松浜の灯台は砂原と住宅街の間に立っていますが、元々は砂原の部分は阿賀野川でした。川が後退してこんなことになってます。(左)今日は松浜橋の向こうに粟ヶ岳がクッキリ見えています。60kmは離れています。(右下)美しい浜の夕日です。(右上)堤防の切れ間から気楽に見れた景色ですが、水害対策でその切れ間をコンクリートで塞いでしまい足の弱いおばあちゃんらは目にすることがかなわなくなりました。堤防の内側にある港のお地蔵さんも港が見れなくなりました。この辺りはその隙間のお陰で人々が集まる社交場だったのですが、今その賑わいは無く荒れ果てています。

8DBF4CE9-55DB-416B-99EC-155D5B7A4E0C.jpeg


港に船が帰ってきました。

49E25088-577D-43F0-8197-4537CFEC8826.jpeg


松浜港はそれなりに大きな漁港です。昔はもっとたくさん船がいました。今でもこの港に入りきらない船が運河やあちこちの川べりに係留されています。川が変わり、海が変わり魚も減っていますが松浜は今も港町です。

C66ED1EF-1FE4-4892-B676-7AC4B8B29847.jpeg


対岸の飛行場まで1kmの川幅があります。飛行場の向こうは佐渡です。

nice!(35)  コメント(0) 

真夏の草刈り Midsummer Mowing [松浜]

7月21日

7865D6A5-76D1-4333-9A2A-FD5AA7AC574D.jpeg


実家の草刈りをします。狭いながらも草ボーボーで1日がかりで大変でした。なんつっても暑くて2回に分けて出ないと続けられない状況でした。
先ずは家の外周に植わっているハマナスです。大きくなり過ぎ道にはみ出すとヤバイです。(下の左右 刈る前後です。)ちょうど今朝は枯れ草、枝類をゴミ出し出来る日です。袋に詰めてゴミに出しました。日の出る前から作業したのですが、終わる頃にはやや熱中症気味です。朝食、昼食を済ませた少し経って、やっと元気になりました。
そして2度目の草刈りは庭です。(上の左右 刈る前後です。)草刈りだけでなく伸び過ぎた庭木の枝も刈ったので大量なゴミになりました。今日ゴミ出し出来る量ではありません。かためて置いといて、後日乾燥してガサが減ったら軽トラでしただへ運びます。一応かたがついたところでやめます。
もう遅くなりました。しただへの帰り道に泳ぐ時間もありません。夕食を済ませシャワーを浴びてしただへ出発です。

F5FF6B5C-E1D6-4488-8ED5-2F9AEC57E547.jpeg


遅くなったけど明朝から用事があるので、今日のうちにしただへ向かいます。
加茂の山の中で南の方に朧月とその脇に火星が出ていました。
明日は早いので準備をして、さっさと寝ます。


nice!(42)  コメント(0) 

「ヨガ教室 in 浄音寺」yoga exercise at Buddhist temple in Matugama [松浜]

7月8日

BE5EE7A1-D73D-4083-B083-7831762091C0.jpeg


松浜の浄音寺というお寺で「ヨガ教室 in 浄音寺」と題して、ヨガのエクセサイズが行われました。
イベントを企画したお寺のボンに誘われて私も参加してみました。女性ばかりだと嫌だなと思ったのですが、ボン自身も参加するとのことなんで行ってみました。案の定男は彼と2人だけでしたが。多くの参加者でした。ヨガイベントは全く初めてのことでは無いみたいで、ヨガマット持参の方も多くいました。講師の山田実怜先生はお若く美人でいいねぇー!(やっぱりエロオヤジっぽいなぁー!そう見られるのが嫌だから女だけなのが問題だったんですけど。)ブログ用に写真を撮るのを先生に事前におことわりましたが、「嫌ねぇー!あのオヤジ」と参加者に感じられなようにと気は使いました。
私は実際に浄音寺に来るのもヨガエクセサイズに参加するのは初めてです。でも、お寺本堂でやるヨガは、仏教のヨガもインド由来なせいかとても相性がいい感じがしました。初心者向けのプログラムのような気がしますが、緊張のせいか最初変なところに力が入ってキツかったです。それでも先生の静かな声が体にしみ込み、カチンカチンな身体がだんだんと解れてきます。50分のエクセサイズが終わる頃はとても爽やかな気分になれました。身体も解れてとても楽です。次回も参加させてもらいたいものです。なかなかいいもんですよ。もっと男もいっぱい来てほしいものです。
合掌!

nice!(81)  コメント(4) 

中学校時代の友だち middle school friends [松浜]

5月18日

7C121BA5-CC25-4F71-AAC2-163B6EEE3A07.jpg


夕方、中学校時代の友だちの同窓会があるので、朝から忙しいです。
ハヤトウリの(右下」や、トウガラシ類・・・の苗を植えます。
イチゴ(女峰 左中、左下)が色づいています。まだもっと熟した方がいいのですが、カラスにやられる前に熟した順に食べてゆきます。

D919A309-4F15-4A81-AE65-A92C8F6B21BD.jpg


しただの田んぼもだいぶ田植えがすすみました。

58BAEDFC-F204-48C1-9E9A-6E2762EC6074.jpg


午後から、加茂経由で白根プールに行きます。
溜まってる支払い関係を加茂や白根で済ましながら向かいます。
加茂の中心地でビルの取り壊しをしていました。(上)水をかけながらですが、埃も飛んできます。
白根プールの周りも田植えが済んでいます。しばらく泳ぎに来ていませんでした。2km泳ぎました。

13797181-65D9-4198-B4BC-A5C04043BBEA.jpg


松浜です。
実家の石垣の下にハマナスが咲いています。(上)ニセアカシアが咲く坂を下ります。その坂の下り口のところに急な坂があります。(左下)この坂の下には、戊辰戦争の時庄内藩士が長州藩などに捕まって切られた事件の碑があります。

1D6D663B-39B0-45EE-8FEC-490B6F8073CB.jpg


ニセアカシアの坂を下ったところにあるスナックで同窓会です。毎年五月に集まる小規模な同窓会です。今日も15人弱の集まりです。(上)八百屋の子の差し入れのスイカが美味かったです。(下)今は熊本の植木町のスイカです。
泳いだ後なので喉が渇きビールがガンガンいけました。藤沢市から参加の子が勧める白ワインもいけました。
中学校の友だちはいいなー。
明日朝にしただでガイド予定があるので、酔いを覚まして早朝に戻らないといけません。忙しいなー!

nice!(36)  コメント(0) 

強風被害 damage of strong wind [松浜]

3月2日

C7F7B9C1-9735-41F9-8C65-9F913E573199.jpg


昨日から北日本中心に大風、大荒れでしたが、実家の方に行ってみたらうちも被害がありました。
1.5mほどのカシの枝が2本風で折れていました。とりあえずノコで切りおとしておきました。軽トラできた時しただに運んで処分します。
松浜は海からの風当たりが強いところです。波を見に海辺に行ったら吹き飛ばされそうな風で、立ってられないほどでした。海面も吹き寄せられて1〜2m盛り上がってる感じでした。カモメも往生していました。

nice!(74)  コメント(0) 

寒いところ cold place [松浜]

1月18日

ファイル 2018-01-18 17 06 12.jpeg


東京から帰って寒いのでしただに行く気がおきず、ズーと松浜の実家にいます。実際のところ雨の日が続いているので割に気温は高いのでしょうが、雪に閉ざされた部屋の寒さを思うとちょっと億劫な気がします。
雨の中を着陸しようと飛行場へ向かう飛行機です。(左下)スーパーの駐車場には多くの雪が残っていますが、雨で大分減りました。(右下)新井郷川沿いの街並みです。(上)新潟市内80cm近い大雪もやっと少なくなりました。大雪から1週間になりますが、西区、中央区の雪が多く残っているようでいろいろ市内の生活に支障がでているみたいです。幹線道路はまだしも枝道の生活道路の雪が片付いていないようです。

DB01BD03-7740-4B47-A609-8E0F7F768D0C.jpeg


そんなわけで今日も松浜泊です。
昨日大形のイオンで買った泡盛(菊之露)をミミガーでいただきました。魚の新垣勲窯の茶碗が嬉しいです。。いつまでウジウジとオキナワが抜けきれないー!困ったもんです。
なお、私は禁酒中です。そのルールは「しただの家で独り飲みをしない」ということです。ほぼ1年間、1滴も飲んでいません。今日はルールに抵触しませんからセーフです。こんなゆる〜い禁酒ですが、飲酒量は確実にそれ以前の半分以下になっています。

nice!(76)  コメント(0) 

東洋一の排水機場 the biggest drainage plant in the East countries [松浜]

12月15日

IMG_7627.JPG


どうしても松浜の実家に行かなきゃいけない用事があり往復しました。でも、これで今月に入って悩まされていた要件が一件片付きました。まあホッとして実家に泊まっちゃいたいのですが、そうもいかない仕事が山積みなので戻らないといけません。なんかもっとノンビリ暮らしたいものです。
新井郷川を遡りバイパスにのります。
上は松浜の上手の名目所(なめとこ)という辺りの新井郷川です。水位の高いところで、水がタプタプしています。これも松浜らしい眺めで、このたっぷりの水を目にするとなぜか田舎に帰った気がしてホッとするものです。
とはいえ、私は気ばかりせいて車を走らせながらこのカットを撮っています。止めて撮る余裕もないとはね!
下は更に上手にある新井郷川排水機場です。これも運転しながら撮っています。困ったもんだす。
信濃川、阿賀野川が流れ込む新潟はかつて日本有数の水郷地帯で湖沼も多数点在するところでした。この辺りも阿賀野川と福島潟といった水に囲まれた低湿地帯でした。
新潟平野各地に多くの排水機場があり、水を掻い出して今の土地を開拓してきたのです。それら排水機場のなかでこの新井郷川排水機場は大きくて、私たちが小学生の頃は東洋一の排水機場だと言われていました。東洋一なんて今はいわないよねー!日本一と世界一の間みたいな感じかなぁ。
だいたい新井郷川排水機場のことなんか東洋一といったって多分地元しか知らなかったんじゃないでしょうかね??

ンな!ことを思い出しながら濁川インターからバイパスにのります。


nice!(19)  コメント(0) 

再び、ツタについて again, about ivy [松浜]

10月26日

IMG_6572.JPG


お隣の家との境にキヅタがありました。
下はツタとキヅタです。紅葉してるのがツタで緑がキヅタです。ウコギ科のキヅタ属は常緑ですが、ブドウ科のツタは紅葉します。

日本のツタをツタと言い、アイビー ivyは多くの場合キヅタ属を指しますが、日本のツタもBoston Ivy, Japanese Ivyと言います。
ツル植物だけに名前もすっかりこんがらがっています。

nice!(20)  コメント(0)