So-net無料ブログ作成

渇水転じて大雨 drought turn to heavy rain [自然]

8月22日

48A763E4-E884-4E5E-8E2C-202A2C9CC7C7.jpg


早朝、涼しいので薪ストーブを焚きました。必要というほど寒いわけではなく、焚いても暑くなり過ぎないかなぁと思い火をつけてみました。まあ、明るくなったら暑くなってしまいましたから窓を開けました。少ししか薪を入れてないけど直ぐ火が消えるわけじゃないんです。焚きたいから焚いてみただけの物好きの行動です。でもそんな気分にさせる涼しさだったんです。
しかし、40℃の暑さになった日が8月15日ですから1週間でこの“寒さ”です。

EFFAB2D0-37C2-491A-A412-FC71C507130E.jpg


台風10号も大した雨をもたらさず、渇水でしただの家を逃げ出したのが8月17日でした。やっと本格的に雨が降ってくれたのですが、今度は大雨です。しただは被害は無かったですが県内では洪水や土砂崩れになったエリアもありました。
これは今朝の五十嵐川です。ゴウゴウと流れています。

229FD5E5-EF85-4109-9449-65FABD150026.jpg


昨日東京から帰ったのが例の事故渋滞で暗くなり、野菜を採りに行けませんでした。雨ですが、とりあえず食べる野菜を採りに畑に行きました。

61B15711-3DD1-4F62-8DA6-64009CE2C343.jpg


網戸の外にカブトムシのメスを見つけました。しただでカブトムシを見たのは初めてです。カブトムシは東京よりはるかに少なくて、いないのかなぁと思っていましたがゼロじゃないんですね。でも田舎にはカブトムシがいて都会にカブトムシはいないと言うのは机上の自然ですよ。「野原にはセイヨウミツバチがいて、雑木林にクヌギが生えている」というのもしただでは幻想です。ここは銀座じゃないのですからセイヨウミツバチはいないし、お隣の栃尾で人が植えたとしか思えないクヌギを人家近くで1本見た以外この辺じゃクヌギはないです。変なことを言いますが、これが現実のしただの自然です。
写真はベランダのカブトムシのメスとウマオイです。

nice!(31)  コメント(2) 

しただの夕暮れ sunset of Shitada [自然]

7月30日

F0E539B9-5A01-4260-810D-31732F857B7D.jpg


チェーンソーのチェーンオイルが無くなりそうなので、夕方ホームセンターに買いに行きました。明日ホームセンターが開くのを待っていては、暑くなって作業が出来なくなります。
ホームセンターのある西の方向に陽が落ちます。弥彦山方向です。しただ郷は山に囲まれた盆地で五十嵐川の流れ出る西の方向だけが開いています。広々した新潟平野と比べて、時には閉じ込められたエリアと感じることもあります。

7月31日

8EAF627E-392C-4BD5-B455-BF0FF07D142A.jpg


暑くなる前に山に入ります。
今日の作業でこの谷の木材は運び出し終えます。もう一箇所木を倒してあるところが残っているので薪出しはまだ終わっていません。早く済ませたいのですがなかなか手が回りません。

D5797346-F37F-4C67-B2E1-C2B896339462.jpg


午後から畑です。
ゴーヤーが美味しそうです。今日の夕食はこれをいただきましょう!


nice!(49)  コメント(2) 

ヤマビル 蛭蛭 ミーティング in 阿賀町 Land Leech Meeting in Aga [自然]

6月20日

5C24B018-0FDD-4A6F-8A1E-50FF5D586D0C.jpg


今年も阿賀町からヤマビルミーティングIIのお誘いをいただきました。
昨年のヤマビルミーティング I(https://sitada-photo.blog.so-net.ne.jp/2018-07-08)好評のため今年も6月29・30日阿賀町の鹿瀬温泉で開催することのことです。
大変ユニークでしただ郷でも駒出川以東に生息していることから、是非参加させていただきたかったのですが、その日吉ヶ平で環境調査と「星空とホタルの夕べ」のイベントを行うため都合つきません。涙を飲んで不参加の連絡をさせていただきました。

ヤマビルの生態は未知なことや誤解も多いのでこの集まりはさらに盛んになっていただきたいものです。

ヤマビルミーティングは以下をご参照ください!

ヤマビル 蛭蛭 ミーティング in 阿賀町 2018 Part2 Land Leech Meeting in Aga 
https://sitada-photo.blog.so-net.ne.jp/2018-07-08
nice!(10)  コメント(0) 

三日月の夜 the crescent moon night [自然]

6月6日

35F5CB7D-AA17-4E08-8BCF-6F4EBE375C53.jpg


泳いで、買い物して、食事して帰ったらうちの山に三日月が沈むところでした。
かすかに山の端が見えます。モリガメはこの森(モリ)の中に生息しているカメ(カメ)ラマンなんですよ。
いい一日でした。







タグ:三日月
nice!(67)  コメント(2) 

メスのノコギリクワガタ female stag beetle [自然]

6月5日

38367770-DB14-4715-80FA-8AAF6CAE6DEB.jpg


朝、網戸を開けるとノコギリクワガタのメスが転がり落ちました。6月初旬にしちゃぁ早いですねぇー。
メスの大アゴは小さいけど鋭く切れ味がいいので、大アゴの大きいオスより要注意です。
しただ郷でノコギリクワガタのメスは2〜3度見ましたけどオスは見たことないです。オスの方が目立つのに不思議です。しただ郷にメスがいるんだからオスがいないはずないですよね。
ノコギリクワガタは見ないけどミヤマクワガタのオスはよく見つけます。
八王子の雑木林ではノコギリクワガタはオスもメスもよく見かけるけど、ミヤマクワガタなんて見たことないです。ノコなんかじゃ子供は大して喜ばないよねぇー。だからカブトムシ業者はいてもクワガタ業者なんていないと思います。そりゃあ世界のカブト、クワガタみたいなのや、ミヤマ、オオ、ヒラタなどのややレアものを扱ってる昆虫業者はいてもです。まあクワガタは成長が遅いし周期長過ぎってこともありますね。
そう言えば、カブトムシも見かけてないです。八王子の雑木林にはザラにいましたけど?
だいたいしただ郷では八王子の雑木林みたいに盛大に樹液が出ている木を見たことないです。樹液が湧き出して白く固まったりして、そこにカブトムシ、クワガタムシ、カナブン、チョウ、ガ、スズメバチ、ハエ、カナブン・・・なんかが集まってる甘酸っぱい匂いのする樹液酒場状態の木なんか全然無いです。
クヌギはこの辺に無いけど、コナラだって樹液酒場になるんだからなぜそうならないんでしょう。
しただ郷だけかと言うと、松浜みたいな海辺にはコナラ、ミズナラの林もないからカブトもクワガタも見たことなかったです。西蒲原の母の実家の庭ははそこが1つの森だったけど、フクロウが巣をかけたりしてたけどそんな虫はいませんでした。新潟県のどこを探したら東京みたいにカブト、クワガタの集まる樹液酒場はあるんでしょう?たしかにミヤマクワガタはいるけど、成虫はどうしてるんですかね。ブナの水みたいな樹液でも舐めてるんですかね?
ともかくカブトムシ、ノコのオスを見ないのが不思議です。

nice!(35)  コメント(0) 

白花のタニウツギ white flower type of Taniutsugi [自然]

5月10日

FA5111FE-63F3-4B02-B727-A19ED2012DD9.jpg


午後から畑に行きました。
これ普通のタニウツギです。ピンクのきれいな花です。田植え時分にたくさん咲きます。

781E40CB-A868-4B32-A96A-88738DF91507.jpg


白花は稀に見かけますが、うちの畑の周りには割にたくさん白花のタニウツギが生えていました。普段あまり気にもしていなかったんですが、写真撮っていて気づきました。
シロバナウツギとも言うらしいですが、タニウツギの下位の分類で、タニウツギの白花品種です。

567AED1A-18A1-4756-93D8-29A599A1AC30.jpg


今日は主に草刈りをしました。ボチボチ日が暮れます。弥彦山(写真では多宝山です。)と角田山の間に佐渡の山が見えます。ここの畑の高さからでは間にある日本海は見えません。
あーした天気になーれ!

nice!(34)  コメント(1) 

人懐っこいキビタキ friendly Narcissus Flycatcher [自然]

5月4日

D7410E94-FA46-4E04-8D28-D9267413370F.jpg


森は気持ちいい晴れです。
重機で木寄せします。(下)
それはいいんだけど、この後重機のキャタピラが外れ大変なことになります。私のテクではもう脱出不能です。業者さんにお願いするしかないです。

3B74B27D-46C2-4CDF-AF84-44BD7873FC5F.jpg


寄せた木を玉切りして搬出します。

8300DCB7-0E8C-4E79-85CC-6B0A1E686819.jpg


そこへキビタキ♂がやって来ました。木の匂いのせいか?それに集まる虫たちが目当てか?倒した木の周りを離れません。おかげでアップのカットが撮れました。
私の森のかわいい隣人です。




nice!(37)  コメント(0) 

4月の雪 April snow [自然]

4月2日

D84CFE56-C26C-4AD4-B237-D66CC7D0A587.jpg


朝起きたら雪です。すっかり雪は消えていたのに、

D9F2459C-C8D4-4EBC-BED9-D0193AA05B28.jpg


車のタイヤも換えたばかりなのに心配です。

EFB93B0A-C6F2-403F-8FA4-C2BD1A6F49E1.jpg


途中で止むかと思っていましたが、一日中降っています。
まあ溶けると思いますが夕方出かけるので気になります。これが今年最後の雪になるでしょうか?



激しく降る時もあります。

nice!(72)  コメント(5) 

ノスリは恋の季節 love season of Japanese Buzzard [自然]

3月29日

5B307D10-0E77-4624-9820-86A50E1E4D92.jpg


よい天気です。畑から粟ヶ岳もくっきり見えます。若干土は湿気ってるけど、石灰撒いて耕しました。ホームセンターで買ったレタスの苗を植えます。

9527026D-04A6-4956-8167-8253B11F76F8.jpg


ツクシが芽を出しています。
胞子嚢をアップしてみると、昔のスペースインベーダーみたいです。(右)

6A274579-BF97-45E0-9EA2-D9E8DF8B1C14.jpg


サクラが咲いています。と、言ってもオクチョウジザクラです。淡く小さな花です。

E4F1B2AC-DC29-440A-A557-5795A575E3DA.jpg


畑から粟ヶ岳(左上)や烏帽子岳(下)など雪山の連なりが見えます。
烏帽子岳方向の雑木林の前をノスリが飛び去ります。ノスリはトビより少し小さめな中型のタカです。

246B6F3D-DAE9-4C8A-93C4-EAE3984D1E53.jpg


その後、頭上に2羽のノスリが仲良く飛んでいます。日本のノスリは5月に卵を産むそうなのでオスメスのペアなんでしょう。片方は、この畑周辺を縄張りにしている個体でしょう。

99A849FF-6715-4ED4-84DA-F85FFC411FE9.jpg


2羽は一度見えなくなり、やがて黒っぽい方の1羽が下の方に飛び去りました。すると、白っぽいのがこの畑の個体でしょうかね!

9D080008-380B-419C-8A59-7F6ED4754433.jpg


畑を終えて帰り、うちの裏山へ重機で入ります。一旦戻って軽トラにチェーンソーなど一式を積んで重機のところへ運びます。1人だと余計な往復をしないといけません。
重機で先日引き出せなかったかかり木を道に引きずり出します。(上)
かかり木だけでこの量になります。(下)今日は遅いのでここらで作業終了です。

nice!(53)  コメント(2) 

春の雪 2 spring snow [自然]

3月23日

A35DE594-62D6-471E-B869-2BB037C372AB.jpg


134230BE-0959-485B-9FD9-9092E66A5A03.jpg


今朝は冷え込み雪が降っていました。クリの枝に雪が凍りついています。寒い日です。

3月24日

A3A75053-7EF0-4AD4-9F38-1195CEF607BB.jpg


D3C47501-7705-47C4-910A-ED5B1D4C390F.jpg


今日は少し裏山に積もりました。

F61A727C-A66F-4FBA-ACD3-ED8F3A895279.jpg


用事があり道の駅に立ち寄りました。駐車場も奥の袴腰山にも雪が積もっていました。
時間が経ちもう少し雪は溶け始めています。

nice!(28)  コメント(2)