So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マザーレイク・琵琶湖 Mother Lake · Biwako [旅]

9月16日

151992B1-253D-4FD8-B194-B653BF480EE6.jpeg


配艇所でレース出場者を集め注意事項の説明をする人が、「では、“マザーレイク”をおおいに味わってレースを楽しんでください!」みたいなことを言って出場者を送り出していました。
「ふーん」洒落たこと言うオッサンやなぁと思ってましたが、2016年公開の「マザーレイク」があるのだそうです。どんな映画かは知りませんが、「マザーレイク」と言う言葉自体琵琶湖周辺の人々の心に染みるワードじゃないでしょうか。敬愛を込めてそう呼ぶのは自然なことです。
私たちの松浜には大きな湖は無いですが、代わりに「マザーリバー」と言うべき阿賀野川があります。
今日は交流戦とファイナルが行われます。晴れました!比叡山まで見えます。
アンチエイジングGo!

4D20BB21-FAE2-4D1B-A6CC-113E77AD0873.jpeg


カワウが舞い、

A0DBAE2C-829A-40D6-BC9B-F342ED7A8EA7.jpeg


「大津市長とミスつばた」など美女が応援するレースが一日中展開されます。

51DF6189-016C-42E7-B673-B78611ABBDD4.jpeg


阿賀町の強豪熟女クルー・「河童」も頑張りましたが、表彰台には今一歩だったようです。御苦労!

BD5897C2-C54F-4761-90FE-AD51694F765B.jpeg


さて、アンチエイジングの出番です。
ところが、配艇所を出てスタート地点に向かった途中でトラブル発生です。シートが故障です。戻ってシートを交換してもらいます。他のクルーはずーっとスタート地点でスタンバイしてます。急いで戻ります。だいぶ行った地点から引き返したので、2度レースをしたような体力消耗です。

BF9106E4-F338-4F46-A3B4-FEAC2BC74968.jpeg


何とか一斉スタートしたもののやはり他クルーに水を空けられ、日本一の夢は潰えました。

FC8051B2-E768-47D0-8D55-15F62100BDD8.jpeg


今日の、アンチエイジングAクルーです。

でも、応援に徹した我々アンチエイジングBもいい夢を見せてもらいました。アンチエイジングAや阿賀町そして琵琶湖に感謝です。ありがとう!

nice!(54)  コメント(0) 

大津市長の柔らかく気持ちいい手 Mayor Otsu's soft and comfortable hands [旅]

9月15日

C9B12021-C4B2-4F0D-8A2A-8730ED056A80.jpeg


第27回全国市町村交流レガッタの開会式は、予選終了後9月15日夜大津プリンスで催されました。(右 上下)
美人すぎる大津市長(左上)に、手を握られて舞い上がってしまうオジサンたち(左下 私も含めて)も若干いました。

65B14DE2-9009-4EA5-BF0E-03A2CBE76400.jpeg


そうなると手がつけられないオジサンの暴走が始まっちゃいました。次はお昼間石川県津幡町のテントで会った「ミスつばた」が餌食です。(上と2番目)
「おおつ光ルくん」(番目 光源氏の再来?大津市)がいます。「やしまる」(3番目)と「万治くん」(4番目)は下諏訪のゆるキャラです。
オジサンは光源氏のつもりかーぁ?

02C205EC-7BB5-487E-AF02-B6ED597CEF91.jpeg


アンチエイジングと阿賀町議員クルーのテーブルです。盛り上がり過ぎ!



3高寮歌・学生歌の「琵琶湖瀬周航の歌」です。

2CA4C9FC-E1FF-4068-B5F8-3E89841920B8.jpeg


「志賀の都よ いざさらば」は、これでいいんです。滋賀の都じゃないんです。志賀の都は飛鳥時代の近江大津宮を指しています。
また、作曲者の吉田千秋は新津(新潟市)の人で24歳で亡くなっています。彼の作った「ひつじぐさ」という歌のメロディーに今の琵琶湖周航の歌の歌詞が載せられたのです。後に加藤登紀子が歌い大いにポピュラーになりました。原曲を作ったご本人はこの取り合わせを聴くことなく亡くなっているんです。

琵琶湖湖畔でこの歌を歌えるのはサイコー!

243318B4-85DC-4339-9495-01525C877C83.jpeg


守山市への帰りのバスです。まだ興奮冷めやらぬオッサン一人。オッサン崩壊です。
宿前のケーキ屋さんについたのはわずかに閉店後でした。無理矢理チーズケーキを買いに行き、買えましたけど、事件になりかねないひと騒動もありました。いや、結果はケーキ屋さんも私たちもハッピーな決着でしたよ。

nice!(39)  コメント(0) 

予選通過! We are in qualifying! [旅]

9月15日

8B8D02AA-E79F-4040-94FC-BEF7DA10B391.jpg


セタロウさんの艇庫から戻り、予選の時間を待ちます。琵琶湖湖畔でお昼寝。ボートフリークにはたまらん時間です。総監督は何の夢を見ていることやら?

0AA81193-C43F-4469-AA34-BB46E1F92105.jpeg


アンチエイジング総監督です。なぜかミスつばた白鳥姫たちと。

アンチエイジングは昨年の阿賀野川レガッタ(阿賀町主催)で熟年男子のカテゴリーで優勝し、新潟県代表で来ています。阿賀町のバスで来て阿賀町のテントです。阿賀町のチームの一つです。

994DC9BF-5059-42C1-A41C-274E27C9A26E.jpeg


アンチエイジングの予選時間が近づきました。配艇場に行き乗船します。

E58B11F9-53F7-428A-8AE6-69CB8CB5FF8F.jpeg


スタートへ向かいます。

78FA88AE-1EA9-4FF5-A862-80AA262313B7.jpeg


一斉にスタートです。
直ぐトップに立ち、一度抜かれますが抜き返します。

95FC7E5D-4999-4600-B7FC-E5645BC8478B.jpeg


トップ通過2分13秒台で、2位に1分半以上の差をつけてゴールでした。(上から3番目)トップのみの決勝進出です。ゴールしたらパワーを使い果たしぐったりです。(上から4番目)
ご苦労様!やっやね!
次に目指すは日本一です。

D6A95372-CD03-4B2E-AAE8-A41ADC31B954.jpeg


ひょっとして日本一?熟年男子の部新潟県代表アンチエイジングAの今日のクルーです。
なかなか強い他チームも決勝進出しましたが、ボートは何が起きるかわかりません。

10D07ED2-C7B5-4E31-9EFC-A9192139F949.jpeg


阿賀町の河童は熟年女子で強いチームです。
同じく決勝行きです。

9D486E82-C79F-472B-9B4B-B1EB578CD324.jpeg


阿賀町、壮年女子パワフルボンバーは予選落ちでした。残念!

壮年男子、議員シニアの2チームも通過です。阿賀町レベル高いねぇー。
本日は予選のみで、明日、予選落ちクルー同士の交流戦(敗復無し)と、ファイナルです。

nice!(30)  コメント(0) 

ボート貴族か?ボートド貧民? boat noblemen? or boat poor men? [旅]

9月15日

EFABBC13-D352-4016-947B-5990D2AF5FDD.jpeg


琵琶湖畔の全国大会会場のテントに着きましたが、落ち着いちゃう前に、先ず地元の有名漕艇クラブ艇庫を見学することにしました。瀬田漕艇倶楽部(Seta Rowing Club セタロウ)さんです。
歩いて15分ほどのところに有りました。こ洒落たクラブハウスの下にウッドデッキが有り琵琶湖につながるクリークがその先に有ります。、ウッドデッキの左右に艇庫が2つも有ります。素晴らしいです!
クラブハウス天井にシングルスカルがぶら下がりカッコいいー!ちょいとしたキッチンも有り、ツマミも作れるなぁ!外ではバーベキューも出来るようになってますー!なんてったってボートを艇庫から出すのが楽なのが極楽です。ウッドデッキからクリークに下ろして琵琶湖に簡単に漕ぎ出せます。

A10CF497-DFFF-4671-A2D3-F6F4BC76C26A.jpeg


2階建の方の艇庫を見せていただきます。(上)いくつもの艇が有り、エイトの艇も有ります。(右下)向かいはもう一つの艇庫です。(中下)2階にはエルゴマシーンがずらりと並び練習し放題です。
ボートフリークには極楽なぁーところだろうなと、私のような真人間にも感じられます。
この素晴らしい環境は140人の個人会員の会費で賄えられているそうです。
琵琶湖という日本一の湖を控えてこれ以上ない条件のところです。ここに人たちはボート貴族なら私たちはボートド貧民と言えるほどの格差を感じました。
いいもの見させていただきました。
ありがとうございました。




nice!(36)  コメント(0) 

琵琶湖へゴー! Let’s go to Lake Biwa! [旅]

9月14日

C6FD2CDD-AB40-4D88-AAED-1915CB9EB1CB.jpeg


私たち・アンチエイジングは、全国市町村交流レガッタ大津大会参加のために琵琶湖へ行きます。
とりあえず、鳥原パーキングに集合です。(上)
北陸道を西に阿賀町のマイクロバス2台で向かいます。(下)行先は遠いけど、楽しく喋っていれば
大した苦もなく着きます。

B0F14F4E-7BE8-434A-8D33-A2140EECCAAA.jpeg


米山パーキングで先ずは休憩とランチです。(上)
パーキングにモンキアゲハがいました。オオゴマダラ、ナガサキアゲハに並ぶ日本最大級のチョウです。(中)
日本最大級といえば柏崎刈羽原発も見えます。(下)事故が起きれば世界最大級最悪の原発事故にもなり得ますね。(下)

なかなかの好天ですが、行先関西方面は雨の予報です。どうなることか?
先を急ぎます。

今日明日の宿は大津手前の守山市のホテルです。



nice!(19)  コメント(0) 

深夜ドライブ midnight drive [旅]

8月27・28日

32BC1CFC-2B96-4815-9597-CCF02C254D73.jpeg


8月28日10時半に神田の病院の予約なので、車で行きます。一旦八王子に車を置いてから電車で行くので、8時前には八王子の家に着きたいです。
ヨガを終えて、夕食、ちょっとだけお酒を飲んで寝ます。只見の焼酎・「ねっか」をロックでちょっとです。20%の焼酎をうんと薄めてちょっとだけ、でも美味しいです。(上)風呂入ってっさっさと寝ます。
翌日2時に起きて3時過ぎに出発します。高速代もったいないけど、無理せず新潟西からのります。
越後川口SA.が4:30に着きました。何時ものニシキゴイの水槽です。(下)下の方に溜まってるけど完全に寝てるわけでも無いみたいです。ずーっと明るいのでこの子たちはいつちゃんと寝れるのだろう?魚の眠りなんて、こんなちょと寝くらいでいいのかな?そんなことを考えるのは自分が眠いからのようですね。
トイレとちょっと休憩です。少し寝たので楽にはなりましたが、遅くなったので、後はノンストップで行こうとしましたが、結局、赤城高原SA.で再度トイレ、狭山PA.でもトイレには寄りました。高尾山インターで降りて八王子みなみ野はなんとか8時に着きました。幸運にも家のすぐ裏のパーキングが空いていたので、病院には無事予約時間に滑り込みセーフです。今日は一日寝不足で眠くなりそうです。

nice!(46)  コメント(0) 

どこにも雨が無い no rain anywhere [旅]

8月1日

9C51C7BB-8D70-42FB-9193-247A501D5B9F.jpeg


トラブルがあって、2時以降の出発になりそうだったんだけど、電話で解決してお昼には出れました。
高速代をケチって青梅から圏央道に乗ろうとしましたが、チョッとアホでした。道がわからなくなって、時間食い過ぎです。昔と違って道も変わってるし、忘れてるし!せめて、あきる野辺りから乗るのが妥当でしょう。
写真は16号線沿いの横田基地辺りです。平和に見えても、フェンスの向こうはアメリカの基地です。

28B3492C-B0E8-4851-96E9-293ADECDC2E8.jpeg


関越道から谷川岳の双耳峰が見えます。(上)
関越トンネルを越え土樽P.でひと休みしようとしたら、すぐにアブが2〜3匹車の窓にやってきます。(下)
夏ですね!

82A36873-5620-45EE-A130-550D0D5A9CF2.jpeg


しただ郷も雨が降らないままです。(上)
家に行っても夏の露天風呂にしている池も干上がっています。カエルたちはどこに行ったのでしょう。ゲンゴロウやマツモムシはどこかに水辺を探して飛び去ったことでしょう。(左下)
畑で元気(?)なのは乾燥に強いトマトだけです。(右下)

8C3F8AB4-FF43-403A-A23A-E5AEA712A548.jpeg


夜はトマトたっぷりなナンチャッテ“アヒージョ”にしました。元気が出ます。

nice!(34)  コメント(0) 

1時間は寝たかな? I wonder, am I slept for about an hour? [旅]

7月29〜30日

新潟市→しただ郷→八王子→神田と行きました。
新潟市の実家で夕食を済ませてを出たのが、29日22時過ぎです。
しただの家は何時水が枯れるかわからないので長居は無用ですが、休んだり車に荷物を積み替えたりしてたら出るのが翌朝4時になってしまいました。

37D37B22-E780-4520-9B23-928B42216406.jpeg


出かける時飛び込んできたスズメガです。エゾシモフリスズメのようです。小さなコウモリくらいの大きな蛾でした。

3A9BA552-DE53-4A4B-8810-05C472A4B369.jpeg


小出インターまで下道で後は関越道です。
さすがに眠くなってきて赤城高原SA,で多分1時間ほど寝ました。で、ここで朝食して7時半くらいに出発します。

0F2E2747-3E0D-4E13-A697-6CD47AD32169.jpeg


八王子に着き駐車場を探して、家に荷物を置いて出かけます。10時半に出ます。
上、左下は家の周りです。右下は兵衛川です。

80F86AE2-90F6-4C33-8255-8F9CC7C01F76.jpeg


八王子みなみ野駅に行く夏草などです。

5FBA3436-1E9E-4311-B752-0B28B4D11CFA.jpeg


横浜線、京王線、都営新宿線で神田神保町へ行きます。

3E68BC8D-C0D1-4D3C-8BC2-2DC59D2B23E7.jpeg


ブラブラ昼食をどこにするか探して、結局三幸園にします。(右上)ここの中華もアツアツで美味しいです。靖国通りに面した古いゲームを売ってる店(?)の店前にあったミニチュアです。なんかよくわからないけど、中世都市風の街並みとゲームキャラがいます。ゲームの世界観に入っちゃいます。

そうこうしてて、先方との約束時間になりました。そして眠いーーーー!

nice!(43)  コメント(0) 

しただへの帰り道 way home to Shitada [旅]

6月12日

CC4C32CE-EAA9-4D36-92E3-0C96F28CBA77.jpg


友だちの見舞いに行き長話をし過ぎました。
八王子の駐車場に戻って、19:00頃出発です。いつもは高尾山から圏央道に乗るんですが、カーナビに従ってあきる野ICから乗ってみました。16号、滝山、加住を通ってあきる野ICです。途中でGSを探し、144円/lでガソリンを入れました。新潟とあまり違いありません。
最初の狭山PAに寄ります。みなみ野で食べたとんこつラーメンの替え玉スープを入れ過ぎて喉が乾いてます。飲み物を買ったり、カーナビ代りのアイフォーンをセットし直したり、電話を入れたりして出発です。飲み物は、狭山なだけに狭山茶にしました。割にきれいなPAでした。

後はノンストップでついた小出ICで出て、側の原信(信用金庫じゃなく新潟のスーパー)で、買い物をしてしただ郷には23:00をまわっていました。


nice!(52)  コメント(0) 

関東平野は雨だった It was raining in the Kanto plain. [旅]

6月10日

08D8D29B-D1D2-4A27-89E7-52B708AB21BE.jpg


ツリークライミングの後家に帰って食事して、一眠り・30分ほどしました。昨晩寝不足だったもんねぇ。
14:30頃家を出て東京へ向かいます。
小出から関越道です。フェーン現象っぽい変な暑さでした。
関越トンネルを越すと雨です。雨は久しぶり。嵐山辺りから断続的に渋滞です。渋滞も久しぶりです。
それでも19:00には家に着きました。すぐ近くの時間貸しの駐車場が空いていてラッキー!24hrで300円也。

nice!(34)  コメント(0)